2017年07月03日(月) 更新

暑中見舞いの返信をする際のマナーと使える例文2つ

暑中見舞いの返信マナーは「すみやかに」

こちらからは送っていない人や会社から暑中見舞いが届いた際、返信のマナーについて基礎的なポイントをお話しします。最重要の返信マナーは「すみやかに返信する」ということです。

先に先方から暑中見舞いが届いたら「しまった」と感じるのが、敏感なビジネスマンたるもの。ですから、恐縮してすぐに返信するのが、最低限のビジネスマナーと言っていいでしょう。

相手と同じツールを使用!ハガキならハガキで返信

「相手と同じツールで返信する」というのも、守るべきマナーです。つまり、暑中見舞いのはがきが届いたら、メールではなくはがきで返信し、メールによる暑中見舞いならメールで返信することになります。

返信前に「暑中見舞い」か「残暑見舞い」かを確認

もう一つ、大きなマナーは「暑中見舞いにするか、残暑見舞いにするか」ということ。「暑中見舞いの返信は、当然暑中見舞いなのでは?」と思うかもしれません。実は、そうとも限らないのです。
立秋(8月7日ごろ)の前日までは「暑中見舞い」、立秋以後はどんなに暑くても「残暑見舞い」にするのが、一般的な常識として守りたいマナーなのです。

暑中見舞いの返信に使える内容の例文2つ

上記のマナーに則って返信をする際の例文を、2種類紹介します。まずは、二十四節気の「立秋」の前日までに「暑中見舞い」として送る場合の例文です。ぜひ例文を参考にしてみてください。

例文①:立秋(8月7日)までの暑中見舞いの返信内容

暑中見舞いの返信例文①

暑中お見舞い申し上げます
このたびはご丁寧なるお見舞い状をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。
例年以上の酷暑、いかがおすごしかと案じておりましたが、
お変わりなく、お元気でお過ごしとのこと、大慶に存じます。
おかげさまで私も、毎日つつがなく過ごしております。
暑さはなおしばらく続くようでございます。
○○様におかれましては、くれぐれもご自愛ないさいますよう、
御礼かたがた、暑中のお見舞いまで。

※最初の一行「暑中お見舞い申し上げます」は、以下の文よりも一回り大きく書き、「句点」をつけないのが常識です。年賀状の「明けましておめでとうございます」の書き方と同じと考えればいいでしょう。

例文②:立秋(8月7日)以降の残暑見舞いの返信内容

次は、立秋以後に返信をする際の例文です。

暑中見舞いの返信例文②

残暑お見舞い申し上げます
暑中のお見舞いを頂戴し、恐縮いたしました。
お元気でご活躍のご様子、なによりでございます。
暦の上では、早くも秋。
たしかに、朝夕の風にその気配を感じるようになってまいりましたが、
日中の炎天は相変わらずです。
御身くれぐれも大切になさってください。
取り急ぎ、御礼ならびにお見舞いまで。

※残暑見舞いでは「まだまだ暑いですね」という内容に、少しでも秋めいたニュアンスを加味すると情感がでます。

注意:はがきで返信する暑中見舞いは「8月5日」まで!

注意しなければならないのは、立秋の前日に返信の“はがき”を書くケースです。「立秋前だから」と思い、「暑中見舞い」にしてしまうこともあるでしょう。しかし、実際に相手の手元に届くのは、立秋当日か翌日になります。マナー違反を犯さないためには、「相手に届く日」を考えて、どちらにするかの判断をする必要があるのです。
8月7日以降の到着になる場合、「残暑見舞い」となるので注意しておきましょう。

暑中見舞いの返信は例文を参考にマナーを守って対応すべき!

以上、ビジネスシーンにおける暑中見舞いについて、先方から先に受け取った場合の返信のマナーを、2種類の例文とともに紹介しました。
押さえておくべきマナーのポイントは「一刻も早く返信する」、「暑中見舞いか残暑見舞いかを立秋をもとに間違いなく判断する」の2点になります。ここではハガキで返信するケースの例文を紹介しましたが、メールの場合もほぼ同じ内容と考えてかまいません。

関連コラム