2017年01月16日(月) 更新

留学先として人気となっている国のランキング

日本人に人気な留学先の国ランキングベスト3

異文化に触れたい。英語を自由に使えるようになりたい。より高度に学問を修めたい。など留学人気はとどまることを知りません。実際の就職活動でもやはり留学をした経験というのはプラスになればこそすれマイナスに評価されることはありません。時間やお金が許せば、ぜひ留学に一度は行ってみるべきでしょう。

そこで今回は、留学ジャーナルの記事を参考に、留学先として今、最も人気のある国をまとめてみました!自分が達成したいもの、留学に求めるものをちゃんと定義したうえでふさわしい留学先を探してみましょう!

留学先として人気の国 その①:カナダ

留学先として不動の人気なのがカナダです。カナダはその昔イギリスの支配下にあった歴史から、現在でもイギリス連邦加盟国であり、英語が公用語となっています。(フランス語も公用語であり、一部の地域では英語よりもフランス語がメインの場所もあります。)カナダ人の英語は、隣のアメリカに比べゆっくりと話し、おっとりしていて、発音もしっかりしているので非常に聞きとりやすく、初学者が英語を学ぶのには最適の環境が整っています。

治安が良いバンクーバーが留学先として人気

カナダに留学するのならばバンクーバーをまずお勧めします。観光地としても有名な都市であるバンクーバーは、世界で最も住みやすい国として日本人やその他外国人の移住先としても非常に人気の高い都市です。気候も温暖で海と山に囲まれた風景も美しく、治安も比較的良いことから高く評価されています。また公共交通機関も都市部では発達しており、留学生にとっても非常に便利な環境といえるでしょう。

留学先として人気の国 その②:イギリス

2番目に紹介させていただくのは、こちらも昔から大人気の国、イギリスです。イギリスには優秀な大学も多くあり、学ぶ環境は十分すぎるほど十分です。また学問だけでなく、アートやファッションなどの分野でも有名ですし、長い繁栄の歴史によって培われた文化があるので、刺激的な留学になることは間違いないでしょう。そして、英語学習の面では、アメリカとイギリス英語で比較してみると、イギリス英語の方がローマ字読みに近い発音をするので、聞き取りやすく、その結果、理解しやすいという点から、イギリスを選ぶ方が多いのです。

アメリカ留学に行ったことがある方によると・・・

日本の中学、高校においてはアメリカ英語が主流ですし、ビジネスで使うという面でもやはりアメリカ英語が基本になるとは思うのですが、英語圏の人に言わせると”かっこいい英語”はやはりイギリス英語だそうです。私の留学先(アメリカ)の女子たちはみんなイギリス英語を聞くと「かっこいい」とか「私も話せるようになりたい」と言っていました。やっぱりイギリス発祥である”英語”は「イギリス英語」が本場なんだなと痛感しました。今度留学に行くならイギリスにしたいなと思っています。

留学先として人気の国 その③:アメリカ

留学先としてやはり根強い人気なのはこの国、アメリカ合衆国です。英語圏の代表国であり、多くの留学生がアメリカへ日本から行っています。ビジネス、学問においてはやはり最先端をいく国ですので、英語+αで多くのことを学ぶ環境が整っています。また「人種のるつぼ」といわれるように、多種多様な人種がおり、他国からも優秀な留学生が集まる国なので、人脈を世界中に広げることができます。

留学先として人気なのは魅力溢れる都市がある国「カナダ・イギリス・アメリカ」

慣れた環境ではない国で生活することになるので留学先を慎重に選ぶのは当然のことです。ランキングで紹介したような住みやすく学びやすい環境があること、そしてせっかく留学するのですから遊びも充実した国が人気となってきます。留学先を決めかねている人はぜひこのランキングから選んでみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム