2018年10月04日(木) 更新

既卒で「実務経験・職歴なし」でも中途採用してもらう方法

既卒者は新卒・転職市場のどちらでも不利

職歴なしの既卒者が、中途採用を成功させる為のポイントの1つ目は、既卒者向けの求人を見つける事です。就活市場は大きく分けて、「新卒市場」と「転職市場」に分かれます。新卒市場は、新卒者の採用を主としています。

一方、転職市場は実績やスキルを持った転職者向けの中途採用求人がほとんどです。なので、職歴なしの既卒者は、どちらの就活市場で戦うにしても極めて不利な立場にあるのです。

既卒向けの中途採用に的を絞って応募すると効率的

職歴なしの既卒者はまず、自分向けの中途採用の求人を探しましょう。そのためには既卒者向けの就活サイトや、合同企業説明会に参加する事が中途採用において、最も効率的な方法です。

既卒者の増加に伴い、最近では既卒者向けの中途採用の求人の数も増えてきています。これらの求人に応募して、無駄のない就活をする事が、職歴なしの既卒者が就活を成功させるポイントの一つ目となります。

既卒に特化した就職エージェントがある

職歴なしの既卒者は既卒者向けの求人を探すべきとお伝えしましたが、これが意外に難しいです。既卒向けと書かれた就活サイトであっても社会人経験のある人が応募することもあるので、簡単に安心はできません。そこでオススメなのが既卒向けの就職エージェント。実際にプロが求人を紹介してくれるので、既卒「を」募集しているのか、既卒「も」募集しているのか分かります。
書類添削や面接対策まですべてサポートしてくれるので、使うのと使わないのとでは内定率が明らかに変わります。

既卒で実務経験・職歴なしでも免許や資格でアピール

実務経験・職歴なしの既卒者が、中途採用で就職するためのポイントの2つ目は、職歴なしを補うべく、職歴以外の武器を身につける事です。就活で職歴の代わりになる武器は、「免許・資格」です。

中途採用で志望する企業や業界がはっきりと決まっているなら、その企業に就職したときに役立つであろう免許・資格を取得しておきましょう。たとえば、貿易会社ならTOEICやTOEFL、英検などを受験します。免許や資格は、履歴書に書くことができるので大きなアピールポイントとなります。

中途採用では自動車免許や簿記検定を所得しておくと◎

中途採用で志望する企業や業界が決まっていないなら、多くの仕事で必要な普通自動車免許や簿記検定を取得しておきましょう。中には、実務経験がなければ免許・資格を持っていても意味がないという声もあります。

しかし、まだ年齢的に若い既卒者は、実務経験なしの免許・資格でも十分に評価のポイントとなります。

既卒で中途採用に受かるためには採用試験に慣れておく

実務経験・職歴なしの既卒者が中途採用に受かるためのポイントの3つ目は、採用試験に慣れておく事です。新卒就活への参戦を考えている方は、就活開始までの期間を利用して、採用試験の練習をしておきましょう。

中途採用の試験練習では、就活塾に通ったり模擬面接を受けるなどの方法がありますが、どのような方法でも本番に勝る練習方法はありません。

練習のつもりで中途採用の求人に応募してみるのもアリ

新卒就活が開始されるまでは、中途採用の求人に応募してみるのがおすすめです。あくまで練習のつもりなら、採用の可否を気にかける必要はありません。

練習として、面接や筆記試験のトレーニングを積みましょう。就活塾や模擬試験なら授業料や参加費をとられてしまいますが、この練習方法なら履歴書代と面接会場までの交通費だけで、本物の面接官を相手に練習できるのです。

既卒で実務経験・職歴なしでも資格を取得して中途採用に的を絞って応募する

既卒で「実務経験・職歴なし」でも中途採用してもらう方法を紹介しました。既卒者の方は、次の就活に備えて、まずは「自分のアピールポイントや強みが何か」を考えてみます。「アピールポイントがない」と感じたら、アピールポイントを作る努力をしましょう。

また、職歴なしの既卒者でも新卒者に勝っている点は、既に就活の経験があるところです。就活の再スタートをするときには、これまでの就活の経験を生かすのが大切です。

関連コラム