2018年10月19日(金) 更新

ニートになりやすい人の特徴3つと対策【ケース別】

ニートになりやすい人の特徴①:内気の臆病者

ニートの特徴の一つが、内気、引っ込み思案、臆病といった性格です。怠け者や遊び人がニートの特徴であるイメージがありますが、ガリ勉、引きこもり、真面目といった典型的な内気なタイプは、自己顕示欲が低くまた傷つきやすい特徴のために人付き合いを避けてしまいます。逆にニートではない人物の特徴が社交的であり、社会に参加する意識が高いために比較すると対策として参考になります。

①の対策:友人を作ること

内気な性格への対策としては社交的になり、友人を作ることです。恋人を作ることも、ニートから脱出できる効果的な対策となります。対策のため社会に参加すると自ずと自己顕示欲がわき、承認欲求も出てきます。人間社会で生きるということは、社会に倣うこと、そう意識することが対策法となります。

ニートになりやすい人の特徴②:無欲である

ニートに見られる特徴として無力というのがあります。ニートは無欲で食べたい物があっても我慢ができる、欲しい物も特にないか、買わずに済ませられるといった不経済的な特徴があります。一見見栄が無く質素で好感的なニートの特徴ですが、お金が無くても我慢ができるので働く意欲が無くなる危うい特徴です。

②の対策:目標を持たせる

欲しい物は諦めず働いて買うようにつとめ、無欲にならないように対策を講じます。目標などがあり、それを働くことで達成できたら働くことに対する見方がニートの人も変わってくるはずです。なので、対策としては目標を持たせることが大事です。ニートの対策法として意識の高い目標を持つとより効果的です。

例えば、豪華な食事をする、美味しいお酒を飲む、高価な家電や車を買うといった給料があれば叶えられる目標があります。また、恋人を作る、他人に賞賛される、社会で成功する、家族を持つなど社会的地位が無ければ難しい目標にチャレンジすることも大切です。こういった願望は人間ならば誰しもが秘めているので、上手く願望を引き出し、夢に向かえばニートにならない対策となります。

ニートになりやすい人の特徴③:他力本願

ニートの最大の特徴が他力本願というものです。まず、ニートは親がお金を出してくれるという特徴があります。働かずとも食べて行けるニートには、サポートしてくれる人間がいるわけです。ニートの最大の特徴であり、実家暮らしや、同棲相手がお金を出してくれる人間は非常に危ういです。困ったら他人に頼ろう、国に頼ろうとしており、自力ではなく他力本願な点がニートの特徴です。甘えが強く、お金に限定せず、全てのことに対して他人が施してくれるのが当たり前といった思い込みも特徴の一つです。

③の対策:ひとり暮らしをさせる

他力本願なニートへの対策は一人暮らしをさせることが効果的です。ニートにならないための最大の対策法とも言えます。対策のため一人暮らしでは、仕送りも受け取らず、お金は他人に頼ってはいけないと意識すると、自ずとニートを免れられます。自活をしなければ生きていけない環境に置くのです。一人暮らしを行えば、働かなければ生活ができないのですから、ニート対策としてこれ以上の対策法はありません。

ニートで一生を終えるなんて嫌だ!そう感じたら転職がオススメ

ニートになりやすい人の特徴を見てきましたが、もし当てはまると感じたらすぐに行動をしましょう。ずばり、転職です。転職をすれば正社員になれる確率が増えますし、待遇もニートより良くなります

しかし、いきなり転職なんてリスクが高くて不安ですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたのプロフィールを簡単入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!きっといい企業とマッチできますよ。

ニートの特徴「内気」「他人頼り」などは「友人・目標作り」「一人暮らし」で対策

ニートは過保護な親の元で至れり尽くせりと施され、自立が妨げられている特徴が見えます。それにより内気、無気力といった性格が形成されていく特徴があるのです。ニートを増やさない対策として友人や目標を作る、一人暮らしをさせると効果的です。自分で何かをしなければ生きていけない状況に追いやることでニートから脱出させる対策となるのです。自身が自立や社会を意識することで、ニートを避けられます。欲望は自分で叶え、他人には甘えないことが格好良い、逆は格好悪く、他人からも軽蔑されると自覚し、社会の目を意識して緊張感を持ちましょう。

また、ニートから脱出する方法には転職もありますので、まずは診断して自分の実力を測ってみてください!

こちらも要チェック!

関連コラム