2016年11月29日(火) 更新

仮病理由で胃痛を使って会社を休むコツ

胃痛を仮病理由として休むコツ①:症状だけ伝える

仮病理由で胃痛を使って会社を休む際のコツの一つ目は、「病欠の連絡をするときは、具体的病名は出さずに『胃が痛い』という症状だけを伝えること」です。

胃痛の仮病で会社を休みときのコツとして、胃痛は風邪でもストレスでも出ますので、病名を最初から絞らないこと。この後にどのような展開に転がっても(たとえば医者の診断書を提出しろと言われた場合など)、対応しやすいです。

胃痛くらいで休むなと言われても医者のワードを出して対処

また、上司によっては「胃が痛いくらいで会社を休むな」と言われるかもしれません。
その対処法として、「胃が痛いので病院に行きます」とだけ伝え、一回目の電話では、会社を休むと言わないようにしましょう。一回目の電話では「会社に行く」という努力を見せつつ、二回目の電話で、「僕は会社に行くつもりだったのですが、医者から会社は休めと言われたので休みます」と言います。医者のお墨付きがあれば、上司も「会社に来い」とは言えません。

胃痛を仮病理由として休むコツ②:慢性病ではないと伝える

仮病理由で胃痛を使って会社を休む際のコツの二つ目は、
「胃痛は自分にとって慢性病ではないことを伝えること」です。人によっては、常時胃がきりきりとしているという方もいます。慢性胃痛病だと上司に思われてしまうと、「あいつはストレスに弱いから、大切な仕事は任せられない」とか「いざというときにあてにならない」という評価になってしまい、一回の仮病のために仕事や昇進に影響が出ます。

なので、仮病理由に胃痛を使ったときには、翌日に「普段は胃が痛むなんてことはないのですが」と一言断っておきましょう。

普段はない胃痛が起きた原因は風邪がベスト

普段はない胃痛が起こってしまった原因には、「風邪」が最適です。
「風邪気味だったから弱っていたのかもしれない」とぼかして伝えるようにしましょう。後の仕事や昇進に、影響が出ることはなく仕事に注力することができます。

胃痛を仮病理由として休むコツ③:休む前・翌日の食事に注意

仮病理由で胃痛を使って会社を休む際のコツの三つ目は、「仮病で休む前日や休んだ日の翌日の飲みは厳禁、休んだ日の翌日のランチには消化のよさそうなものをあえて選ぶこと」です。

胃痛の仮病がバレないように食事には気を配るべき。ランチには消化によいものを選びましょう。また、飲みは厳禁です。
「飲みに行くから胃痛になっても当然ではないか」と思われ、それまではあったかもしれない上司の同情がかき消えてしまいます。

仮病がバレないよう、しばらくは「胃痛」らしく振舞うことが大切

上司の頭の中で会社を休んだ理由が「胃痛」から「自己管理がなっていないから」と書き換えられてしまいます。
仮病で休んだ後は、一週間は飲みの誘いは断りましょう。「胃痛で休む」と言ったのなら、しばらくは「胃痛」らしく振舞うことが大切です。

仮病で胃痛を使って休むコツは慢性病ではないと症状のみ伝えて休む前日・翌日の食事に注意すること

仮病理由で胃痛を使って会社を休む際のコツについてご紹介しました。
胃痛で休むときには、休む当日の朝に上司に電話しましょう。胃痛だといって前日から休みの電話を入れるのは不自然です。また、仮病で休んだとき、仮病を本当らしく見せるためには、休む当日だけでなく、出勤した後の振る舞いも大切です。

関連コラム