2017年01月16日(月) 更新

フリーターの女性が結婚を望む前に覚悟しておくべきコト

フリーターの女性は結婚相手を探すのが大変?

結婚は相手がいなくては出来ませんので、まずは結婚相手を探す必要があります。さて、フリーターの女性が結婚相手を探すというのは、なかなか大変かもしれません。結婚は恋愛とは異なってきますので、年収や職業、人によっては学歴など、内面意外の部分も強く見られる傾向があります。男性は勿論、不安定な景気が続いている現在は、女性であっても年収や職業が見られる傾向にあるようです。

結婚相手によっては女性の収入を期待する男性もいる

特に、結婚相談所や婚活など不特定多数の中から結婚相手を探す場合や、妻となる女性の収入を期待する男性と結婚を望む場合は、やはりフリーターですと大きな壁となってくるでしょう。ただ、フリーターうんぬんや年収、職業を気にしない方も勿論います。フリーターである点を気にしない結婚相手や、強い愛情で結ばれている方がいるなら話は変わってきます。そのため結婚相手を探すのが難しいというより、相手によるといった感じかもしれませんね。

結婚=安定?フリーターの女性は専業主婦になれる?

結婚すれば、生活が安定すると考えているフリーターの女性も多いかと思います。しかし、結婚と安定は必ずしもイコールではありません。現在は男性女性問わず全般的に平均年収が減ってきており、年収300万円時代とも呼ばれています。夫婦共働きでやっと生活が回るというケースも多く、結婚を機にこれまでと全く違う安定が手に入るというのは難しいかもしれません。

相当稼ぎの良い結婚相手を見つけると生活が安定する

特に女性の場合、結婚を機にフリーターをやめ専業主婦として暮らすことを望んでいる方もいるかと思います。しかし専業主婦になった場合は、今よりも生活が厳しくなる事もあります。また結婚をするとマイホーム、子育て費用など、これまでとはまた異なる出費が発生します。そういった場合はさらに生活費が上乗せされるため、専業主婦というのは、相当稼ぎの良い相手を見つけない限り難しい状況なのです。

フリーターの頃と比べると結婚後は自由が無くなる

結婚をするとしがらみが増えるため、フリーターの時の様な自由はなくなってきます。夫婦の共同生活となるので、自分の為だけに使える時間というのは減ってきますし、相手以外との恋愛も制限されます。お金も家計を考えなくてはいけないので、自分の為だけにはフリーターのときのようには使えないでしょう。

また、子供ができると育児は女性が任される事が多く(最近は男性の場合もありますが)、特に女性は制限される事が多くなってくることが予想されます。フリーターの頃が懐かしく感じるかもしれませんね。

自由に生きたい人にとって結婚は覚悟が必要

これは男性女性、フリーターでも正社員であっても同じ事ですが、自由な生活に慣れきってしまった方は、結婚後の生活との反動が大きいかもしれません。周りに縛られるのは嫌、自分の好きな様に生きたいという方は、結婚を決めるまでに覚悟が必要だといえるでしょう。

フリーターの女性は結婚前に経済面・時間に変化が起こる事を覚悟しておく

フリーターの女性が結婚を望む前に覚悟しておくべきコトを見てきました。全てのケースに該当するわけではありませんが、一般的にはフリーターの女性が結婚する場合、経済面や時間といった点で変化が起こることは覚悟しておく必要があります。結婚は1度してしまうとやり直しは難しいものです。結婚相手との事情をよく把握し、本当に結婚すべきかを十分考えた上で望むのが賢明かと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム