2016年12月04日(日) 更新

仮病で会社を休む!病院からの診断書をもらえないときの対策

会社を休むときに診断書の提出を求められるのはなぜ?

診断書は病院に行けば基本的にもらえるものなので、会社を欠勤したら提出を求められるのはあり得ない事ではありません。むしろ、病院でもらった診断書を提出させるのは結構一般的な様ですね。ではなぜ、風邪で休むと伝えている場合にも、わざわざ診断書を提出しなければならないのでしょうか?

診断書の提出は仮病で休む事を防ぐため!

仮病で休もうと会社に連絡したら、翌日証明書か診断書を提出しろ言われたら、まずは了承するしかないでしょう。もちろん中にはあなたを仮病だと疑って証明書として診断書を提出しろ言ってくる場合もあります。

信頼が薄いせいで仮病を疑われている場合もある!

仮病を使った際、救急車を呼んだ方がよかったレベルで体調が悪かったのか、そんな体調が悪いのに翌日に出社して大丈夫なのか、など、仮病の疑いを晴らしきるのは難しいです。

どうしても仮病を使って休みたい日がでてしまうのは仕方ないですが、その時仮病を疑われないためにも、普段から真面目に働いて信頼を得ておきましょう。

診断書を提出できない時の対処法とは?

仮病なのに病院で診断書・証明書を手に入れるには、時間もお金もかかります。せっかく仮病までつかって休んだのであれば、自分の思うように休みを使いたいですよね。仮病で病院に行かず、診断書・証明書を提出しないで乗り切るにはどんな方法をとればいいのでしょうか。

病院に行けないほど体調が悪かったと説明

どうしても病院の診断書や証明書の提出がないと仮病を疑われてはしまいます。その場合は吐き気が強すぎて病院に行けなかった、熱でフラフラで動けなかった、少し体調が良くなってから病院に行こうとしたら眠ってしまい病院が閉院したあとに目覚めたなど、仮病なりに病院に行けなかった理由を説明するしかありません。

仮病の際に病院の診断書が求められたら「出かけられないほど体調が悪かった」と説明する

仮病で会社を休むときに病院の診断書を求められた際の対処法について見てきましたが、いかがでしたか。社会人において、体調不良で休むのは、病院で診察を受けるのとセットで考えられることが多いようです。そのため、診断書の提出を求められる可能性があります。つまり、「具合が悪いからずっと家で寝ていた」というような仮病は、あまり受け入れられる行為ではないという見解が大方を占めます。

逆に考えれば、病院にさえ行けばそれだけで休むに足る理由を獲得できたことになるのです。仮病を使った時のリスクとしては診断書や証明書の提出を求められた時なのですが上記の方法でいけば「仕方ないか」あるいは、「詰めどころがない」というところで落ち着くでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム