事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

試用期間でもNG?履歴書に退職の事実を書かないリスク

試用期間中に退職した企業については履歴書に書きたくないもの?

人によって退職の理由はさまざま。特に試用期間中など短期間で退職した事実は理由が何であれマイナスのイメージを与えてしまいます。履歴書に書きたくないと思うのが普通ですよね。

試用期間中の退職は履歴書で省略したいのは当然の心理

面接まで行って説明できればいいかもしれませんが、履歴書だけでは、書類選考で落とされてしまう可能性が高いです。
履歴書だけで忍耐力のないダメな人間だと思われたくはありませんから、試用期間中など、短期間で退職してしまった履歴は省略してしまいたいのは当然の心理です。

退職や転職回数の多い履歴書は間違いなく不利

試用期間中など、短期間で退職した経験が多い人は自ずと退職、転職回数が多いことになります。そのような履歴書は書類選考において間違いなく不利です。
どんな理由があったとしても、履歴書からは「長続きしない人」という印象しか生まれません。
だからといって、書かないのは許されるのでしょうか。

履歴書に書かなくても職歴は判明してしまう可能性は高い

試用期間中に退職した企業に関して、例え履歴書に記載しなかったとしも、実は会社は社会保険などから過去の職歴を追うことは可能なのです。
もちろん、1日やそこらで退職したのなら履歴に残りませんが、少なくとも雇用保険に加入していれば手続きの際にわかります。

試用期間中の退職であっても社会保険に加入した会社は履歴書に書くべき

試用期間中に退職した会社でも、社会保険に加入したのなら履歴書にはその職歴を書いたほうが良いでしょう。
隠していて後々バレてしまう方が心象はよくありません。
やむを得ない理由による退職なら、その旨を履歴書にきちんと明記して、全ての職歴を埋めるようにしてください。

面接で履歴書の空白の期間に関する質問は必ずされる

試用期間中に退職した会社に職歴を履歴書に記載せずに、書類選考を通過したとして、その空白の期間に何をしていたかは面接で必ず聞かれます。
うまく誤魔化せるならいいですが、緊張している面接においてそんな余裕はなかなか無いでしょう。
結局面接で説明しなければならないなら、あらかじめ履歴書に明記しておいたほうが良いはずです。

試用期間中の退職であっても履歴書には職歴を記載しよう

試用期間中の退職であっても履歴書には職歴を記載したほうがいいでしょう。履歴書を工夫するのは良いことですが、都合の悪いところを隠していても、いずれ分かってしまった時に困るのは自分です。
試用期間中に退職した会社であっても、やはり履歴書には記載すべきです。
絶対に隠し通せる自信がある場合には記載をする必要は無いかと思いますが、履歴は正直に書いて、アピールポイントのほうを重視したほうがよさそうですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム