2016年11月29日(火) 更新

試用期間の給与が低い理由と設けられている意図

試用期間は採用した人材の適性を見極めるためにある

ほとんどの企業が、新入社員やアルバイトを入れた際に設けている制度が試用期間です。試用期間とは、試験や面接では見られなかったその人の勤務態度や仕事の進め方、適正や能力などを見極めるために設けられています。企業側も即戦力となる人材を求めて採用をしますが、あまりにも企業の思いにかけ離れていないか人材を見極める期間として試用期間があると言えるでしょう。また、他の人に教わりながら仕事に取り組まなければならないので、本採用よりも給与を低く定めている期間でもあります。

試用期間でもむやみに解雇は出来ない

試用期間の日数は制度では特に決まりはありません。給与に対しても、決まった減額率はないのが現状です。しかし、1年などの長期に渡る試用期間の設定は認められていません。平均は3~6ヶ月となっています。そして、著しく業務に支障をきたすような能力や、勤務態度が悪かった際は解雇される可能性があるでしょう。しかし、企業側はむやみに解雇できません。指導を行い、それでも改善が見られない場合のみ、解雇が可能なのです。

期間中は会社の利益が減るため低く設定されている

試用期間は、本採用より低い給与が設定されています。なぜ、採用されたのに給与の額が安いのでしょうか。それは1人で仕事が行えない、誰かの力を借りる必要がある、スピードや任せる仕事量が周りの人より極端に少ない、などの理由から給与が低いのです。教える人の仕事も減らさなければならないので、企業にとっては利益が減るという考え方からも低く設定されていると言えるでしょう。

最低賃金は下回ってはいけない

試用期間の給与は低く設定されていますが、最低賃金は下回っては行けません。地域によって最低賃金の金額は変わってきますが、時給換算をして、最低賃金以下に設定されていないか確認しましょう。あくまでも本採用の給与以下で最低賃金以上だと、法律で決められているのです。

試用期間中は給与が低いからといって手抜きは禁物

試用期間中の給与が低いと、働く意欲が減るのは当然です。しかし、途中減額では無くて、試用期間だから減額されているのを忘れないようにしましょう。この違いをしっかり受け止めて試用期間を過ごさなくてはいけません。給与が安いからといって、手抜きは禁物です。なるべく早く仕事を覚えて、自分でこなせるようになりましょう。

まずは社内のルールを把握するのが大事

よって、試用期間の間はあらゆることに神経を集中させて仕事に臨まなければなりません。給与が低いと考えている暇はないでしょう。まずは、社内のルールを理解することが重要です。企業には独自のルールが設けられており、社会人に成ったばかりだとわからないことが多くあります。まずはルールを把握してしっかり守るのが大切です。試用期間を乗り越えて、本採用に繋げるために頑張りましょう。

仕事の適性を見極める試用期間中は会社の利益が減るため給与が低く設定されている

試用期間の意味や設けられている意図、給与が低い理由について解説をしました。試用期間は自分を成長させるために周りの人の協力が必要な期間です。よって、給与が低く設定されています。給与が低いと、不満に感じる人も中にはいるでしょう。しかし、試用期間の意味をしっかり理解すれば、低い給与でも納得がいくはずです。立派に独り立ち出来るように、まずは懸命に仕事に向かう期間と考えて、仕事に励むのが試用期間では重要だと言えます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム