事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

試用期間・研修中はもらえる?気になる残業代の問題

試用期間中と研修期間中の違いとは

まずは、試用期間中の残業代と研修中の残業代について紹介していく前に「試用期間」と「研修中」の違いについてしっかり理解しておきましょう。

では「試用期間」と「研修中」の違いから紹介していきます。

試用期間:実際の業務を行う

「試用期間」とは、労働者を本採用とする前に、一定期間中に、その者の勤務態度や能力、技能などを見て、正式に本採用とするかを判断し決定するための期間となっております。

研修期間:実際の業務は行わない

「研修期間」とは、試用期間とは違い、研修期間中に仕事の基礎を教わるものとなります。座学研修で学ぶこともあれば、営業職であれば上司に同行して、OJTで学んだり、社内での電話対応練習、ロールプレイングなど教えてもらう方に付き添ってもらい学ぶものとなります。

試用期間や待遇は?労働基準法から見る社員との違い

企業側が本採用とする前に設けている「試用期間」ですが、一般的には1ヶ月~6ヶ月の期間と定めている場合が多くなっています。

会社によって多少異なりますが、この試用期間が過ぎてから正社員として正式採用になるかどうかの判断をする事になります。

労働基準法では試用期間中も正社員も扱いは基本変わらない

基本的には試用期間中の間であっても、労働基準法の扱いとしては正社員と変わらないと思った方が良いでしょう。試用期間として働かせてもらう際に、書面上での契約を必ず交わしているはずです。

そこに記載されている内容をしっかりと確認しておきましょう。あるいは面接などの段階で担当者に試用期間の契約内容についてしっかりと確認をとっておく事も大切です。

試用期間中でも残業を求められるケースとは?

試用期間中の残業をする必要はあるのでしょうか?正社員を目指すからには、なかなか残業を断れる状況ではないかもしれません。

会社から残業を求められた場合は、どのように対処したら良いのでしょうか?また、試用期間中の残業代が出るかも気になるところです。

試用期間中の段階から残業ありの企業は多い

試用期間中の残業は無しを定めている会社もないことはないですが、最近は、試用期間の段階から残業が発生している会社の方が多いと言って良いでしょう。

逆に言うと、その試用期間中の残業をしっかりとこなせないようなら、正社員として登用はできないという、ある意味で一つの基準になっている部分もあります。

その企業で正社員として働きたいと願っているのであれば、試用期間中の残業も含めて会社の意向に従うべきでしょう。では続いて、試用期間中の残業代についても見ていきましょう。

試用期間中の残業代はきちんと支払われるのか

試用期間中であっても、残業があるケースが多いと伝えましたが、ではその、試用期間中の残業代は発生するのでしょうか。会社には就業時間というものが定められています。

当然ながら、それを超えた分に対しては残業代が発生する事となります。それは労働者の権利ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

試用期間中の残業代は貰う権利がある

もちろん労働基準法に基づき、1日8時間を超えた分の残業代はしっかりと支払う必要があります。これはどの会社も共通して言える事ですから、もしも支払われない場合にはきちんと請求をする事ができます。

もちろん試用期間中の間であっても同様です。試用期間だから残業代が支払われないという事はありません。所定の労働時間を超えた分に関しては、しっかりと残業代をもらいましょう。

労働基準法では残業に関して以下の内容が定められている

所定労働時間外に労働者を働かせた場合には、雇用形態に関わらず、会社はその分の給与を支払います。

原則として、
・1日8時間を超えた労働分
・会社の定める休日における労働分
・22時~翌朝5時の時間帯の労働分
については、法に定める割増賃金を支払わなければなりません。

最近よく聞かれる「みなし残業」とは

最近になって転職活動の場などで良く聞かれる「みなし残業」という言葉。これは通常の残業とはどのように違うのでしょうか?試用期間でも「みなし残業」が適用されるケースがあります。

固定給にすでに含まれている残業代の事

月の給料の中に「月20時間のみなし残業代含む」などの記載方法をしている場合がほとんどです。これはつまり、会社で残業が発生た場合でも、その時間内であれば面倒な計算をしなくて済むというメリットがあります。

もしその20時間を超えてしまったら、当然その分の残業代は別途計算して支払わなくてはいけません。

試用期間や研修期間でも労働基準法で定められたルールも残業代をもらえる

研修期間や試用期間中の残業代について、労働基準法での規定と現状について見てきました。試用期間だからと、正当な権利である残業代が出ないと社員の不満は募ります。

試用期間にはできるだけ残業をせずに仕事を終える、もしくは会社側が残業をさせないように気を付ける、といった心がけをすべきではないでしょうか。

正社員として働きたい気持ちがあるならば会社の意向に従うのが無難かもしれませんが、労働基準法に違反するような不当なケースにはしっかりと異議申立てをする事も重要です。

試用期間中や研修期間中だったとしても労働者の権利はしっかり守られるようにしたいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム