2018年01月30日(火) 更新

無断欠勤した後の適切な対処法と使われる言い訳2選

会社を無断欠勤してしまった理由

会社を無断欠勤するという事態は、もちろん避けなくてはなりません。しかし、どうしても連絡ができない状況に陥るケースもありますよね。具体的にはどのような理由で無断欠勤になってしまうのか見てみましょう。

会社を無断欠勤した理由1 精神的な疲労が蓄積して

会社に行こうと思って家を出たけど、足が違う方向に向かってしまう、もしくは出社する意志はあるのに体が動かないなど、気持ちが不安定になり、気づけば無断欠勤になっていたという状況があるでしょう。これには、人間関係や過度な労働による精神的なダメージが影響している可能性があります。

会社を無断欠勤した理由2 突然の事故や災害

本人もしくは近親者が急に事故に遭ったり、急病にかかったりして連絡する事が不可能、または連絡を忘れてしまったとか、災害により交通が断絶して携帯電話も繋がらなかった、といった可能性もゼロではありません。

会社を無断欠勤した理由3 起きたら夕方だった

起きたら既に夕方になっていたというド派手な寝坊により、結果的に無断欠勤になってしまった方もいます。ただ、不眠症で夜眠れないといった理由の方もいるかもしれません。その場合は夜にしっかりと眠れる方法を見つけることが先決でしょう。

会社を無断欠勤してしまった後の対処方法

無断欠勤に限らず、会社を休むということは、あなたの仕事を他の社員が代わりにやってくれているということです。しかも、無断欠勤の場合、来るか来ないかも分からず、連絡もつかずといった状況でフォローする方も非常に苦労しているはずです。しかも仕事を肩代わりしてくれているだけでなく、事件に巻き込まれたのでは…といった心配もさせています。

迷惑をかけた分、きちんと謝罪をし、感謝の気持ちを込めて相手の仕事を手伝うくらいの意気込みが必要です。

対処方法1 できるだけ早く連絡する

無断欠勤の理由が、突然の事故や寝坊による場合の対処方法は、できるだけ早く連絡することです。
翌日の出社まで待つのではなく気づいた時点でできるだけ早く連絡を入れるようにしましょう。会社側は仕事のフォローもそうですが、何よりあなたの安否を気にしています。何かあったのではと心配しているはずですので、終業間際であっても一言連絡する必要がありあす。

対処方法2 精神的な理由の場合は正直に報告する

精神的な疲労が蓄積され出社できないといった場合の対処方法は、後日電話でもいいのでその理由を正直に上司へ報告することです。この場合、あなただけの責任ではない可能性があります。まずは、電話で状況を説明し、落ち着いたら出社して上司に謝罪しつつ相談に乗ってもらうようにしましょう。

無断欠勤したときのよく使われる言い訳

本来であれば、言い訳をせず無断欠勤してしまった理由を述べて謝罪したり、相談するべきところですが、事を荒立てたくなかったり、ちょっとした言い訳で面倒を回避できるといった場合であれば、よく使われる無断欠勤したときの言い訳を使ってしまって乗り切るのも手です。

言い訳1 連絡できない、電話に出られないくらいの体調不良

無断欠勤の言い訳の王道に君臨するのが体調不良でしょう。ただし、無断欠勤という重大なマナー違反を犯した言い訳に使うのですから、かなりの重症に思われるように演技しないといけません。でも重病にしすぎるとなぜ病院に行かなかったのかと怪しまれてしまいます。
ケータイやスマホが普及しているですから、どんなに高熱でも吐き気や下痢が酷くても電話に出たり簡単にメールを打つのは難しくないと思われます。ある無断欠勤の経験者によるとぎっくり腰を言い訳にするのがおすすめだそうです。痛くて電話をとるどころか指を動かすのさえきついからだそうです。

言い訳2 家族が倒れた、事故にあった

無断欠勤した次の日、自分が怪我や病気になったと言い訳をしてしまうと出勤しにくくなりますし、全快していない演技を数日間はしないといけません。それはなかなか骨が折れますし、言い訳したとバレてしまう可能性も高くなります。
それに比べて家族を理由にすると無断欠勤の言い訳だとバレにくいです。「夜中に家族が倒れて着の身着のまま救急車に乗って同伴してしまった」「病院で看護師にスマホの電源をオフにしてくださいと言われ、オフにしたまま忘れてしまった」など、家族の非常事態に気が動転していた事をにおわせる言い訳に対しては、本音で怪しいと思っていても面と向かって、怪しいとは言いにくいものです。

会社を無断欠勤する理由は様々!言い訳をどうするかは状況から判断する

会社を無断欠勤した理由とその後の対処方法、そして言い訳の内容について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。突然の欠勤というだけでも、同僚や上司は仕事が進まず困ってしまうものです。その上、無断欠勤となれば周りへの負担も計り知れないものでしょう。
このような状況は極力ないようにしたいものですが、万が一起きてしまった場合は、その後のフォローをきちんと行うようにしましょう。また、言い訳をする場合はバレないよう入念に準備することをおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム