事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

一般事務に受かる志望動機の書き方のポイントと例文

自分が“どんな業種の事務”になりたいのか絞り込もう!

一般事務と一言で言っても、分野は広いです。
数年前から特に若い女性には人気が高いらしく、事務系の仕事に就きたいニーズは一層、高まっています。
事務系の仕事は、書類が相手ですから、総務・経理・財務・人事・労務・営業事務などそれぞれ専門分野に区別されています。
もっとも、専門分野を区別したくても、できない経営人員である事業体もあります。

一般事務は、専門分野の事務的な面をサポートする仕事

一般事務は、専門分野の事務的な面をサポートする仕事と考えたらいいです。書類整理、ファイリングなど、簡潔に書類管理をする仕事と思えば差し支えありません。
整理整頓がもっとも美しい事務管理です。いつも机上に書類の山を積み上げていては、書類管理不足ですが、事務的に忙しい仕事は、よくそんな状況をデスク上に見受けることはできます。

デスクワークが中心ですから、綺麗好きで整理整頓、あと片付けが得意な方には向いています。専門分野事務の下につくため、自分がどのような分野の事務をしたいのか掘り下げましょう。

一般事務ってどんな人がなれるの??

男女問わず人気を集める一般事務職ですが、他の業種と違って特別目立つ仕事ではないので、志望動機に何を書いていいかわからないし、そもそも、一般事務ってどんな人がなれるものなのでしょうか?

まずは、一般事務を目指すにあたり、どんな人が一般事務に向いているかを見てみましょう。

一般事務はこんな人が向いている!

事務職は、花形と呼ばれる営業職ではありませんから、とても地味でもあります。
いろんな分野の事務がありますが、例えば、経理は労務関係、人事関係、総務関係の事務職と協調性がお互いに必要になります。
単独の事務だけでは会社は営むことはできない理由です。地味でも真面目な仕事をこなせることをアピールしましょう。

あまり派手な人は敬遠される場合があります。派手さ加減と真面目さは相反するという受け取り方をされたら損をしかねません。
事務職は華やかさはないけど、地味でコツコツ真面目に仕事をする人が向いています。

診断して一般事務に転職できる実力があるか確かめる

一般事務に向いている人の特徴が分かったかと思います。自分に適性があると感じたあなた、一般事務に転職できる実力があるか、診断して確かめてみませんか?

オススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

一般事務の志望動機を書く際のポイントは?

一般事務が専門分野を事務的な面からサポートする地味な仕事であるのはわかりましたが、では実際に、志望動機の書き方として押さえておかなければならないポイントとはどんな点なのでしょうか。

一般事務職の志望動機ポイント【1】正確・迅速・丁寧な事務処理をアピール

一般事務職で、事務処理の仕事では、粗い性質には向いていない仕事なので、結構、細かい神経を使います。
上司が、「あの書類どこだったか」というときに、迅速なる対応で、書類を探し出してくる。
そんなときに必要なことは書類の整理整頓を任されている仕事に就いたからでもあります。
几帳面なる性格を、存分にアピールして志望動機にしましょう。

デスクワークは意外と競争率が高くなったため、他者と優位になる要素が自分にはあるかどうかを、深く検討する必要はあります。
ある意味で、書類を相手にする仕事ですが、職場の仕事における人間関係の潤滑油として進める役目もあるものです。
上司は男性が多いため、一般事務は女性が好まれる傾向は強いようです。
几帳面な性格なので、整理整頓が得意です、という書き方もできます。

一般事務職の志望動機ポイント【2】志望する会社の事務職を調べておく

事務職の求人はあっても、その内容と職場の人員及び年代別まで知っていれば、志望する会社・職場の選択肢を考えることはできます。職場は人間関係が働きます。志望する会社・職場の上司が男性か女性かによっても変わります。

そして、事務スタッフの年代別構成も知っておいたほうが、自分の身の置き所と上手にやっていけるだけのモノ(処世術かマインドの問題)が自分に備わっているかどうかというところを考えます。

デスクワークは案外、会社内部の仕事ですから、営業みたいに外に出ることは考えにくい職種です。職場ムードも内部関係を預かったならば、内部雰囲気が悪ければ、経営の士気が沈滞します。
自分ができそうな職場かどうかを判定し志望動機に書きましょう。一般事務は仕事をサポートする仕事ですが、自分に向き不向きは当然あります。

一般事務の志望動機作成はエージェントを頼ると良い

一般事務の志望動機、ブラッシュアップしてさらにいいものにしたいのであれば、転職エージェントを利用してみてください。転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介するだけでなく、志望動機のアドバイスや添削などを行ってくれます!

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

一般事務になりたい人の際の志望動機の例文

一般事務といってもいろいろな業界のいろいろな業務があるんですね。
ですから、志望する際には「事務」とざっくり考えないで、その業界・業種に合った仕事内容をイメージして書くといいようです。それでは、実際に志望動機の例文を見てみましょう。

一般事務職の志望動機の例文【1】

これまでの経験から、私には共に働く仲間が仕事をしやすいようにサポートするといった 、地味ながらも重要な事務職が向いているなと思い、志望致しました。
約○○年間、一般事務業務に従事してまいりましたので、PCスキルはもちろん、明るい電話対応にも自信があります。素早く正確に仕事を処理し、どのようにしたら効果があげられるかを常に考え行動し、仕事をして行く上で必要な勉強にも努力を惜しみません。事務職のエキスパートとなれるよう頑張ります。何卒宜しくお願い致します。

一般事務職の志望動機の例文【2】

御社のホームページを拝見して、明るく働きやすそうな会社だと思い、憧れの想いを持ったことが御社を志望したきっかけです。
強みとしては、短大ではパソコン関係の各種検定資格に、いちはやくチャレンジし、腕を磨いてまいりました。また、前職でテレアポをしていた経験から電話応対にも慣れているので、お客様からの電話に対しても失礼なく対応できると自負しております。
もし御社とご縁があった際には、私の強みである明るい性格を活かして、早く職場の皆さんの中に溶けこみ、精一杯がんばって働いていきたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。

一般事務職の!志望動機の書き方・ポイントは例文を参考にサポート力をアピール

いかがでしたか? 一般事務の仕事は、真面目でコツコツする仕事です。
他部門との協調性も必要であり、事務仕事ですから几帳面さと整理整頓、正確さと迅速さが要求されます。職場における環境は会社によって異なりますから、男性女性の割合と年代別構成と人員を、事前に知っておいたほうが、自分がどのような職場環境で仕事をするかが判断しやすいです。
そして専門分野の事務仕事のサポート役ですから、自分が行きたい分野について、自らを売り込むために志望動機を作成しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム