事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

未経験でも貿易事務に採用される志望動機の書き方と例文

貿易事務の仕事内容とは?

これから、未経験でも貿易事務を目指せる志望動機の書き方や例文を紹介していきますが、そもそも貿易事務という仕事が具体的に何をしている仕事なのかという点についてまとめてみました。

貿易と一言でいってもその業務内容は多岐にわたります。大きく分けると輸出業務と輸入業務の諸業務になりますが、事務職としての責任も重大です。ですので貿易事務という仕事は、英語力も求められますし、売上計算なども行いますから頭の回転の早さも必要になります。

そのような部分から、志望動機ではそうした点も十分なアピールが求められます。自分はどうして貿易事務の仕事がしたいのか?貿易事務の仕事を通じてどう成長したいのかなどを、志望動機にふんだんに盛り込みましょう。下記に挙げる例文見本も参考にしながら、未経験でも貿易事務を目指せる理想の志望動機を書き上げてください。

貿易事務の仕事は幅広い

一般事務職と違い貿易事務職の仕事は非常に幅広くなっています。輸出入の書類の手続きだけでなく、スケジュール確認や通関手続き、関税や消費税の納入などといった作業がたくさんあります。

実際に物が出入りする現場での動きも把握しておかなければなりません。現場で働く人とのコミュニケーションも大切になってきます。要は、貿易の現場の全てを把握しておかなければなりません。それらのデータ入力作業、計上管理なども仕事の一つとなります。

そうした理由から、貿易事務の仕事に向いているのは、マルチタスクをこなせる人と言えそうです。会社にもよりますが、業界未経験で貿易事務を目指すのは少しハードルが高いかもしれません。しかし未経験でも履歴書の書き方で、貿易会社を目指せる可能性は大きくあがります。

貿易事務に転職したいと思ったら

貿易事務の仕事内容を知って、興味が出る人は多いでしょう。しかし、貿易事務は一般事務と違って多少難易度が上がります。ですので、貿易会社に受かる実力があるのか知っておくことが大事になります。

そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

業界未経験でも貿易事務に受かるための志望動機の書き方

貿易事務という仕事は一般的な事務仕事とは違うため仕事への姿勢と、過去の経験などを見極めています。難関と言われるだけあって仕事内容も非常に大変でしょうが、それに見合った給与が貰えるのも貿易事務の魅力です。

当然ながらたくさんの応募者が殺到するでしょうから、その中で突出する為にも、志望動機はしっかり書き上げなくてはいけません。業界未経験の場合でもこれから紹介する志望動機の書き方をおさえれば、例え業界未経験だとしても貿易事務を目指せる可能性は大きくあがります。

過去の経験と熱意を志望動機に盛り込む

貿易事務職を目指して資格を取得していたり、TOEICの高得点を保持しているといった、目に見えて伝えられる形で自分の武器を志望動機に盛り込めますが、そういった武器を持っている人ばかりではないですよね。

もし志望動機に落とし込めるほどの武器がない場合、貿易事務職として仕事が出来るように自分が頑張ってきた資格の勉強といった成長志向を売りにして志望動機に盛り込んでみましょう。

資格取得のためにスクールに通っているのであれば、将来的にそのスキルを仕事に活かしたい、自分は絶対に貿易事務職で働きたい!という思いを志望動機に書くのがポイントです。また、業界未経験でも他の応募者より自身を魅力的にアピールするための志望動機の書き方といえます。

貿易事務の中でも特に乙仲は専門知識の高さをアピールポイントに

貿易事務はメーカー、商社、通関業者である乙仲とそれぞれ会社の立ち位置によって異なる仕事です。それぞれの会社の違いを見極めて志望するようにしましょう。通関業者である乙仲は、専門知識の高さが有利のようです。

基本的には英語力の高さが一般的と見られています。通関士の勉強をしている点もアピールポイントの一つになります。未経験の方でも英語力に長けているのであれば、かなり大きな武器になるとも言えます。

志望動機作成に困ったら

貿易事務の志望動機は、ありふれたエピソードなどでは他の選考者に負けてしまいます。そのため、自分だけの強み、アピールポイントを見つける必要があります。そこが見つからない場合は、転職エージェントに探してもらいましょう。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。業界実績No.1のキャリアアドバイザーが質問を通して、貿易事務に活かせるあなただけのストロングポイントを見つけてくれますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

業界未経験でも貿易事務に就く為の具体的な志望動機の例文

それでは実際に業界未経験でも、貿易事務の仕事に就く為の具体的な内容の志望動機の例文を、見本として紹介します。

こちらの例文は実際に業界未経験で貿易事務の仕事に就いている方のものですので、業界未経験で貿易事務の仕事に就かれるのをめざされている方にかなり参考になるかと思います。もちろん例文の志望動機をそのまま使うのではなく、自分なりの言葉に置き換えてご活用してください。

例文・見本:英語力をアピールした志望動機

両親の仕事の関係でアメリカに6年間滞在中に得た英語力を活かし、このたび業界未経験ではありますが、貿易事務の仕事に就きたいと思いました。前職は流通会社で働いていました。発注から商品輸入まで全ての業務について任されておりました。貿易事務としての経験は未経験ですがですが、これまでの経験と英語力を是非御社で活かしたいと思い、応募致しました。

例文・見本:海外留学経験をアピールした志望動機

学生時代に海外提携校であるアメリカの○○大学に留学しており、語学を習得致しました。また、職業訓練校にて貿易事務コースを半年間通い、貿易事務の実務面とビジネス英語を学び、貿易事務検定C級を取得致しました。

貿易事務は実務未経験ではありますが、前職では経理として請求書作成・メーカーとのやり取りを経験し、事務業務については問題なく行えます。

未経験で貿易事務に就く為の志望動機の書き方は過去の経験や熱意・英語力をアピール!

業界未経験、実務未経験でも貿易事務の仕事に就く為の、志望動機の書き方と例文を紹介してきましたがいかがでしたか?

貿易事務という仕事は非常に仕事内容が多岐に渡り、また一般的な事務職とは違ってハードワーキングな点なども特徴的です。今回紹介した未経験でも貿易事務を目指す志望動機の例文見本を参考に、しっかりと一社一社の違いを理解した企業研究を通じ、印象の良い志望動機を書けるようにすると良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム