2017年12月01日(金) 更新

有給休暇の申請マナーとすぐに使えるメール例文

有給休暇の取得は後ろめたいこと?

有給休暇を取得するのは、一人だけ抜け駆けするようで取りづらい。。
皆が働いてる時に「有給休暇を申請して休みたいんです」と言うのはどうもわがままに思えてしまう。更には、その会社での有給休暇の取り方を知らないという人もいるかもしれません。
有給休暇を申請する際に、上記のように思う人は多いかもしれません。
しかしそういう心理的障壁は、結局全員が我慢するという結末しか生み出せません。

有給休暇は取得してもちろん許可なく取得して問題ない

有休取得は就業規則にも決まっている労働者に与えられたものですので、それを利用すること自体はなんら問題ありません。もちろん仕事に迷惑をかけるのはネガティブですが極論言うと許可なく取得することすら問題ないと言われています。

有給休暇で貰える給料は労働の対価!

「有給休暇は、働いても無いのに給料をもらうものだ」と聞くこともありますが、実際には嘘でしょう。給料の額は有給休暇を加味した上で決定されていることを忘れてはいけません。
有給休暇で貰える給料は、結局あなたが働いた日から出ていることには変わりません。

有給休暇の消化は国も積極的に推進している!

「ポジティブ・オフ」運動をご存知でしょうか?有給休暇を取得することに若干の後ろめたさを感じさせるのでしょうか、世界にあって日本の有給消化率は極めて低いものです。
そこで、観光庁や内閣府など政府機関が共同して「ポジティブ・オフ」運動を推進しており、ワークライフバランスにも配慮した労働者の職場環境の改善を掲げています。

有給休暇を気軽に取得する方法には何がある?

日本の慣習上、有給休暇の取得はあまりいいイメージをもたれないという現実があります。しかし、有給休暇の取得は労働者が等しく持つ権利ですので、本来であれば気軽に使用できるものでなくてはなりません。もし、今の企業が有給休暇を取得しにくい雰囲気であるならば、転職を考えるのも一つの手です。有給休暇のために転職するの?と思う人がいるかもしれませんが、休んでもお金がもらえる権利が1年間で約10日ほどあるのに、それが使えないのはもったいありません

「リクルートエージェント」は有給休暇の取得を奨励している企業の求人などを多く持っていますので、あなたが求める条件にあった企業と結び付けてくれます!無料ですので、ぜひ利用してみてください!

有給休暇を申請する際に必要なマナー

有給休暇の取り方について知りたいというとき、一番知らなくてはいけないのは取り方もそうですが、個人的な文脈、つまり業務引継ぎです。
ただ有給休暇の取り方として、休暇申請をして休もうという取り方では、仕事が回らなくなってしまいます。そのような、ただ休暇申請するような取り方は周囲へ迷惑をかけてしまうことにもなりかねます。そのため、有給休暇の取り方として、申請をする際には必ず、引き継ぎを行うようにしてから申請を出しましょう。

自分しか担当者がいない仕事を誰かに引き継ぐ

有給休暇の取り方として、メールなど手続き上の申請だけではなく、自分がいなくても仕事が回るように調整しておくことも取り方としては必要な作業です。その時点で組まれている予定や、例外事項など気を付けなければいけないことは多いです。
あとは有給休暇の取り方で、休暇申請をする際に「有給休暇は当然の義務!」なんて態度は取らず、相手の心情をおもんばかって「申し訳ないけど、おねがいします」と謙虚な態度を取りましょう。

短期間なら2~3日前、長期間なら1か月前には申請を!

短期間の有給休暇の取り方としては2~3日前に申請しておけば休暇の取り方としては大丈夫でしょう。長期間の有給休暇である場合の取り方としては、1ヶ月前には申請しておきたいところです。
有給休暇の取得は当然の権利ですが、業務上の支障も考えて、休暇の取り方としては余裕のある日程調整を行うことも必要です。きちんとした取り方としては、自分が不在でも資料や書類の場所を伝えておいたり、業務の進捗も上司に報告しておきます。

有給休暇をメールで申請する際の例文

それでは最後に、有給休暇の取り方としてメールで申請する場合の例文を紹介します。有給休暇の取り方として、申請するときのメールはそこまで堅苦しい内容にする必要はありません。ただ休暇申請の取り方として、メールに日付や引継ぎの件などは漏らさずきちんと書いておく必要があります。

有給休暇の申請メール例文①

x月x日(x)
各位

お疲れ様です。●●です。
私用のため《年次有給休暇にて》お休みをいただきたいと思います。

■■さんにはお伝えしておりますが、
10月3日~7日までの4日間に
有給休暇を頂戴したく存じます。

ご迷惑をおかけしますがご了承の程、
よろしくお願いします。

●●

有給休暇の申請メール例文②

To 総務課の皆様

From 総務課映像センター ○○

私儀、下記の日程で有給休暇を取らせていただきます。

有休期間: ○月○日(○)○29日(○)

不在の間はご不便をおかけしますが、メンテナンス等の
ご用命は、××または△△までお願いいたします。

(署名)

有給休暇の取り方として申請時には業務引き継ぎ!メールには必要事項を盛り込むのがマナー

有給休暇の取り方として、休暇申請をする際は、業務引き継ぎをきちんとして、自分がいなくても仕事が回るようにしておけるようにする取り方が望ましいです。また申請時のメールはそこまで堅苦しくなくていいので、必要事項を盛り込みましょう。
有給休暇の取り方やマナーなどで、もし分からないことがあった場合は、上司や先輩に有給休暇の取り方を聞けば休暇の取り方を教えてくれるはずです。
有給休暇を申請するときには、必ずマナーを守った休暇申請の取り方をし、当日の仕事がきちんと回るように準備をすることも必要です。
また、有給休暇の取得を奨励している企業に転職するのも一つの手ですので、まずは気軽に登録して詳細を見てみてください!

関連コラム