事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年12月01日(金) 更新

退職金における勤続4年の方の平均支給額について

勤続年数4年は一般的に見て短い期間ではあるものの退職金は支給される

転職を考えての離職、病気や事故と離職理由は人様々ですが4年勤務されていて退職するとなると一般的に見て短い期間となります。会社ごとの就業規則にもよりますが中には最低3年以上勤務、5年以上勤務で退職金を支給する資格を得るといった会社もあります。3年でもなく5年でもなく4年となりますと数字的にも中途半端ですので各会社とも支給の判断には迷う所ですが勤務された事に変わりはありませんので4年でも退職金は支給されます。

平均退職金支給額は勤続年数が大きな割合を占める

平均支給額は勤続年数が大きな割合を占めていますので勤務3年よりは多く勤務5年よりは少ないという当然の平均支給額が予想されます。4年勤務された方の退職金をいくら受け取れる事が出来るには計算方法がありますので次の段落で説明します。

退職金の計算方法は「退職金=1ヶ月分の基本給×勤続年数×給付率」

まず覚えておきたい退職金の計算方法は退職金=1月分の基本給×勤続年数×給付率で簡単に算出する事ができます。勤続4年でしたら勤続年数を4にすればいいだけですが、一月分の基本給、給付率は各会社や個人によって違いが出てきます。具体的に言いますと看護士で4年勤務した場合と公務員で4年勤務した場合では勤務年数は同じですが支給される退職金は同じ金額ではありません。

離職理由も退職金支給額に関連する

離職理由も大きな%を秘めており会社の規模や役職、毎月支給されていた月収等の違いが出てきますので退職金支給額にも差が出てくるわけです。平均をとるためには実際に4年勤務されて退職金を支給された方のデータが多ければ多いほど実質値に近い平均値が算出出来ますがデータが乏しいため実際の平均値を割り出す事は難しいものがあります。

4年勤務の退職金支給平均額は計算に当てはめると40万円弱になる

ここで4年勤務された場合での退職金支給額を数式にあてはめて計算してみますと40万円弱くらいになります。先ほども説明しましたとおりこの金額には会社や個人の条件が関わってきますので、あくまで数式にあてはめてはじき出された4年勤務の平均支給額ですので多いとか少ないは別として考える必要があります。

退職理由が会社都合か自己都合により支給額も異なる

またこの金額は会社の都合によって退職された場合の支給額となり、これが自己都合での退職となりますと30万弱となります。4年勤務で10万の差が生じるわけですから総支給額も大事ですが退職の理由も退職金には大きく反映されている事が分かります。いずれにせよ給料数ヶ月分ほどの少ない額ではありますが4年勤務でも退職金は支給されるという事が分かりました。

4年勤務だと会社都合→40万円弱・自己都合→30万円弱の平均支給額となる

まとめとしまして4年勤務で支給される退職金は、会社の都合退職で40万円弱、自己都合の退職で30万円弱という平均支給額が分かりました。ただ繰り返し になりますが4年勤務で退職金を支給された方のデータが少ないですので、あくまでも平均概算値として参考にされる事が望ましいです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム