留学先での携帯やスマホやパソコンの取り扱いに関して【体験談あり】

更新 / 1084 view

留学中の携帯・スマホとは

a

留学やホームステイが決まったら最初にやっておきたいのが通信手段の確保です。起こってはいけない万が一の事故などや、急な病気になった時のために、携帯・スマホなどの通信機器は絶対に必要です。日本と連絡を取るためだけではなく、ステイ先のファミリーとの連絡手段の為にも携帯・スマホは必須となります。ここで海外の携帯電話やスマホの使用事情とインターネットの環境について学びましょう。

携帯・スマホの機種やプランなどを賢く選んで日本と同じように使用できるようにしよう

レンタル携帯電話・留学先の国にもよりますが日本と同じようにさまざまな機種やプランから選ぶことができます。プリペイド式携帯電話・携帯の代理店で契約することができ携帯本体は代理店で購入します。日本からの持ち込み・日本で使用している携帯やスマホを面倒な手続きもなく同じ番号をそのまま利用できます。ただし通信料は高くなるので、プランの変更や、新しい機種への変更などが必要になるでしょう。

パソコンなどのインターネット環境とは

パソコンや携帯・スマホなどのインターネット環境は、ステイ先の家庭環境や国によってもかなり違います。日本とは違い高速通信ではなかったりインターネットの接続の料金が高かったりなど、場所によって違うので安易に使用できると過信しないほうが無難でしょう。そんな場合はインターネットカフェやお店のWi-Fi等を利用するのもいいでしょう。

日本のように環境が整っていない場合もあるのでWi-Fiなどの購入がベスト

ステイ先の家庭事情や、ネットカフェを利用する事が困難な場合は、事前に日本でモバイルWi-Fiを購入していくといいでしょう。また、事前にフリーメールのアドレスを取得しておくと便利です。外出先でメールの送受信が必要になった時は、フリーメールのアドレスがあれば、パソコンがなくても携帯やスマホだけでメールの確認ができるので、日本を発つ前に知人にアドレス知らせておくなどの準備をしましょう。

携帯・スマホやパソコンを持ち込む場合は

留学先の国によっては日本とは電源プラグの形状が異なります。必ず留学先の国のものを調べ準備しましょう。パソコンや携帯・スマホの使用の頻度が多い人は、プラグのアダプターを複数準備しておくと安心です。そのほかに、短期間の留学であれば、予備バッテリーをいくつか用意しておくという対策をとることも可能となります。

電圧やパソコンの設定などを事前に調べておくことが大切

電源プラグに関して、日本と電圧が違う国もあるので、充電器やパソコンが対応しているかどうか確認しておきましょう。もしも電圧が違う場合変圧器が必要になります。また、仮に留学先のネット環境がかなり整っていたとして、安心して携帯・スマホやノートパソコンなどを持ち込んでもネットへの接続設定などができなければ本末転倒です。出発する前にある程度パソコンの設定などの知識を身につけておくことも大切でしょう。そうすることで多少のパソコントラブルにも自分で対応することもできとても安心・便利です。

現地でプリペイドのwifiルーターなども手に入る(体験談)

U・Wさんの場合

留学先の友達の中には、パソコンを持ってきておらず購入するまで不便な思いをしている人もいましたので、可能であれば日本から持って行くようにしましょう。現地調達もできますし、学校の売店でも安く買えます。基本的に学校だとwifiは繋がりますので、高い費用を払ってポケットwifiを購入してくる必要はないと思います。現地でプリペイドのwifiルーターなども手に入ります。長期滞在する場合は、最初の1ヶ月は日本の携帯をそのまま使用し、現地で新たに購入する人が多かったです。

留学先の携帯・スマホやパソコンの設定を事前に整える他に電圧などの下調べが必要

留学先でも安心して学業に専念できるように、通信手段として携帯・スマホやパソコンを用意することが必須でしょう。その場合は、留学先に合わせて、電源やインターネット環境などを事前に調べておくことが必要です。また、海外で使える携帯やスマホ、他にも海外向けのプランが用意されている場合もあるので、機種やプランの変更、また、フリーメールドレスの取得など下準備も欠かさないようにしましょう。