2019年08月07日(水) 更新

不動産業界の仕事が激務であると言われる理由3つ

不動産業界が激務と言われる理由①:歩合制のため

不動産業界とひと言で言っても、マンションや一戸建ての販売接客や、電話でのアポイントメント営業、賃貸物件の仲介業など様々です。ただ、どの不動産の仕事においても言えるのは、歩合制であることが多いということです。

基本給が非常に低く、結果を出さなければまともな給料が支給されないために、必死で働かなければなりません。こういった歩合制である為に不動産の仕事は激務と言われています。

仕事で結果を出さなければ給料が低い会社もある

不動産業界の仕事は歩合制であることが多いので、結果を出さなければ仕事として成り立ちません。基本給15万円、手取り12万円となるので、生活すらままならなくなることもあります。

そのために、3年以内の離職率が非常に高い傾向があり、1年を通して常に求人を出している会社も多いです。

しかし、激務である代わり、実際に結果を出し続けることで、他の業界と比べて比較的高い給料を支給してもらえます。

不動産業界が激務と言われる理由②:やることの範囲が広い

不動産業界の仕事の範囲は非常に広く、営業だけではなくチラシ制作やチラシ貼りなど、様々な仕事を任されます。営業によるノルマを達成しなければならない上に、チラシ関係のマーケティングも行わなければならないので、覚えることが非常に多い、激務なのです。

全員で分担をしたとしても、業績が悪い会社であれば必要以上にそれぞれの業務を強化させられるために、いつまで経っても不動産の仕事は激務を改善できていないのです。

時間が足りずにサービス残業を強いられるケースも

不動産の仕事は範囲が広いことによって、時間が足りずにサービス残業をせざるを得なくなることもあり、激務と言われています。

「仕事が遅いから残業になる」という認識が多いために、サービス残業を強いられてしまい、精神的に病んでしまうことも多いです。

身体的だけではなく、精神的にも激務であるのが不動産業界です。こういった事情を予め知っておいてから、就職活動や転職活動を行いましょう。

不動産業界が激務と言われる理由③:精神的な疲弊

電話でのアポイントメントや、マンションや一戸建ての営業販売など、精神的に疲弊する仕事が多いです。

ノルマに追われる上に、取引をする上で購入希望者の都合に合わせて商談をしなければならないので、夜遅くに出向くこともあります。

激務と言われる大きな理由の一つは、この様な急な出勤や購入希望者の都合に合わせなければならないことです。

激務にも関わらず給料と成果が割に合っていない

マンションや一戸建てを販売することができても、一年間で数件では充分な給料は支給されません。ノルマが非常に厳しく設定されているために、それなりの成果を挙げても給料と成果が割に合わない事態に陥ります。

そのために、更に営業販売を行う必要があり、結果的に激務となります。会社によってノルマの設定や、給料への換算の方法は異なります。

不動産業界は歩合制で仕事量が多く精神を病みやすいので激務と言われる

不動産業界の仕事が激務であると言われる理由を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?不動産の仕事が激務と言われるのは、ノルマを達成しないと利益を得られずに給与が安くなる傾向にあるからです。

また、仕事の範囲も広く時間に追われなかなか体を休める暇もないのが現状です。さらに、精神面においても疲労しやすい環境にあるため、その点においても激務といわれるのです。不動産業界を志望している人は、このあたりの理由を分かった上で志望するように気を付けましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム