留学先でブログを書く事の重要性【体験談あり】

更新 / 1097 view

留学先でブログを書く重要性①:家族や友人に報告できる

a

留学先で毎日ブログを書くことによって、家族や友人に近況報告の代わりになります。毎日メールを送ることは面倒と感じるのであれば、留学をして学んだことや楽しかったことをブログに書くことで、より留学して頑張っている姿を見てもらえます。インターネットを経由しているので、時差による差も無いので、メールを送る時間を考える手間も省けます。

ブログを見ている他人と出会うきっかけにも繋がる

近況報告をする事によって、同じ留学生がブログを見て、コメントをしてくれる場合があります。それが思わぬ出会いに発展したり、同じ留学生として意見交換をする機会にもなります。留学の際にブログを書く重要性は、こういった人との関わりを続けられることと、自分にとって良い出会いができる可能性が高まることです。ブログは簡単に開設できるので、留学前から作っておいても時間の節約になります。

留学先でブログを書く重要性②:文章力と表現力が鍛えられる

留学先では日本語を書く機会が少ないので、ブログを書くことで文章力を鍛えられます。また、自己表現をする事で、表現力も身につけることができます。留学先でブログを書くことの重要性は、その行為が結果的により自分のためになるという事です。特に、表現力の重要性は非常に高く、留学先での交流やディスカッションなどに役立てられます。

体験したことをブログに書き頭に残す

留学先で実際に体験した事をブログに書くことで、表現力が身につくと共に、文章として表すことで、その体験をしっかりと頭に残しておけます。留学することであらゆる刺激を受けられ、それらを記録できるので、ブログを書くことの重要性は非常に高いです。留学して学んだことを無駄にしないためにも、できるだけ毎日ブログを書きましょう。

留学先でブログを書く重要性③:留学を目指す人の役に立てる

留学先での出来事をブログに書くことの重要性は、留学を目指している人が知りたいことを書けることです。同じ志を持つ見知らぬ人の役に立てます。実際に、コメントしてくれて質問をされる場合もあり、その時に留学先で得たことを話すことで、更に役に立てます。帰国後に仲間ができる可能性もあるので、ブログを書くことの重要性は計り知れません。

ブログに書き残すことで帰国後に留学志望者へ体験談を伝えやすい

留学から帰国すれば、留学志望者に体験談を伝える機会が訪れる場合があります。その際に、留学で得た経験を忘れてしまっていれば、上手く話すことができません。ブログに書き残しておくことで、それを見て当時の気持ちを思い出すことができます。人の役に立つ場合において、ブログの重要性は高いです。また、実際にブログを見てもらうことで、これからも見続けてもらえる可能性があります。

他社への発信と自己の分析が肝!(体験談)

F・Dさんの場合

私が留学時にブログを書いていた理由としては、自分が留学する際にその地域の情報が全くなくて困ったので、他の人に発信することによって誰かの判断材料になるようにしたかったのと、その当時自分が思っていたことを言葉に残すことによって、帰国後も後々振り返ることが可能だと思ったからです。留学前から書いていたので、その当時不安だった気持ちやワクワクした気持ちを思い出すことができるツールとなっています。留学中にブログを書くことは気持ちの整理する時間にもなりますし、おすすめです。

留学先でブログを書く重要性は知人への報告・文章力と表現力の向上・留学志願者への支援にある

留学先でブログを書く事の重要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?留学先でブログを書くことで親族や友人に自分の状況をしっかり報告できます。また、文章力の向上や表現力も豊かになるのでオススメです。今後留学を考えている人にとっても非常に役に立つものとなるので、留学生は是非ブログに体験談を書き綴るようにしましょう。