2018年10月19日(金) 更新

契約社員が退職理由を聞かれたときの答え方について

契約社員の退職理由と答え方①:契約期間満了による退職

まず契約社員の退職理由で1番多いのが、契約期間が満了したことによる退職でしょう。この場合答え方になにもひねりを入れる必要がなく、そのまま答え方でよいでしょう。
契約社員が契約期間を満了したということは、定められた期間しっかりと仕事をこなした証拠です。自信をもって答えましょう。

履歴書に退職理由を記入する際は契約満了と書かずに「会社都合」と書くとベター

ちなみに履歴書に退職理由を書くときは、契約満了のため等書かずに会社都合によりと一言書いておきましょう。そうすることにより面接担当に退職理由をより具体的に聞かれることになります。
細かい話ですが、人間とは自ら質問したことに対して答えが返ってきたときのことの方が印象に残りやすいという心理があります。面接担当にあえて質問をさせてあなたの印象を強く残しましょう。

契約社員の退職理由と答え方②:自身の都合による退職

上記で説明したのとは逆に、契約社員が自身の都合によって退職した場合はどうしたらいいのか?
自主退職をする場合の理由は様々なので、それぞれに合った答え方があります。
例えば会社の上司とそりが合わなかったという退職理由があった場合、そのままの答え方をしてしまっては面接担当にあなたはちょっとしたことですぐに仕事を投げ出すいい加減な人という印象を与えてしまいます。そのような答え方をするともちろん落とされることは確実なので、正当な評価を得られなかったためと答えましょう。

契約社員が契約期間満了する前に退職することはマイナス評価に繋がることも

もちろん嘘をついているわけではありません、屁理屈に聞こえるかもしれませんが事実上司とそりが合わなかったせいで正統な評価を得られなかったのですから。
しかし注意して欲しいのが、契約社員が契約満了を迎える前に退職するとそれだけでマイナス評価になることもあるので、正直な答え方をする前に念頭に留めておいてください。

契約社員の退職理由と答え方③:退職理由をポジティブな言い方にしよう

ここではいくつか契約社員の退職理由の具体的な答え方をご紹介します。

・給料に不満があり退職した場合→自身のキャリアのステップアップのために退職致しました。貴社ではそれが実現できると思い応募させていただきました。
退職理由を話したあとに応募理由をたたみかけると効果的です。

・残業が多いことが嫌で退職した場合→上から圧迫されて仕事をするのではなく在る程度余裕を持って仕事ができる職場環境の下自身のスキルを生かしたと思い退職致しました。
常に退職理由をポジティブに持っていくのが有効です。

・他に働きたい会社があった場合→以前から帰社での就業を希望しており、この度の募集を逃したくはなかったので応募させていただきました。
その会社で働きたい!という意欲を見せることが大切です。

ポジティブな退職理由が思いつかない場合は

退職理由はポジティブな方が企業受けはいいです。しかし、実際はポジティブな理由で退職する人は多くはありませんので、いいエピソードが思いつかないでしょう。そんな時は、転職エージェントに相談してはいかがでしょうか?

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。業界実績No.1を誇るキャリアアドバイザーが、企業受けのいいポジティブな退職理由を一緒に考えてくれますよ!安心して面接に臨むことができるでしょう。

契約社員の退職理由は前向きな答え方にして印象付けることが重要

いかがですか?これまで契約社員の退職理由の答え方についてご紹介しました。最後にお伝えしたいことは、どんな退職理由であれ前向きな回答をすることです。
そしてその場になって答えに困らないよう、上記のことを参考にしつつ自身の退職理由と答え方をあらかじめ用意しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム