事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

年金手帳は預けたまま?退職時に返却してもらうべき理由

年金手帳は加入者1人につき1冊交付されるものと認識すること

まずはみなさん、年金手帳についてしっかりご存知ですか?年金手帳とは加入者1人につき1冊交付され、それに伴う基礎年金番号も一生涯にわたり有効であるため、大切に保管する必要があります。

年金手帳には自分自身の「基礎年金番号」などが記載されている手帳となり、転職などで加入する年金が変わっても、新たに交付されることはなく、同じ手帳・基同じ礎年金番号を共通して使うことができます。

企業に入社する際の厚生年金への加入手続きや、年金を受給する際の手続きなど、年金に関するほとんどの場面で必要となる手帳ですのでしっかり管理することが重要です。

紛失の際には社会保険事務所で再発行する

厚生年金の加入者であるのを証明する書類であり、基本的に転職先企業に提出するものです。転職先が決まっていない場合は、自分で国民年金に加入する必要があります。自分で保管しており、万が一紛失してしまった場合は、社会保険事務所で再発行できます。

会社を退職する際の年金手帳のゆくえは?

会社に勤めている限り、誰にでも会社を辞める可能性はあります。最近では転職などで、定年退職を待たずに退職する方も少なく無いでしょう。では退職をする時、会社に預けた年金手帳はどうなるのでしょうか。

会社がそのまま年金手帳を預かり返却していない場合がある

まず、会社と年金手帳の関係について、会社に新規採用されると、社会保険に加入するのがほとんどだと思いますが、この時に社会保険の資格取得届けとして、年金手帳が必要になります。しかし、この後は会社にとって年金手帳を必要とする場合はありません。しかし、慣例としてそのまま会社が預かるケースがあるのです。

新規採用の後に手帳の紛失を防ぐため会社が持ち続けている場合がある

会社に新規採用されて、社会保険に加入する時には、資格届けとして年金手帳が必要になりますが、その後は会社にとって退職まで年金手帳を必要とする場合はありません。しかし、慣例的にそのまま会社が年金手帳を預かり続ける場合があります。これは、会社によってさまざまな理由があると思われますが、退職するまで雇用者に渡すと紛失などの恐れがあるからといったものや、単にずっとそうしてきたからという理由が多いようです。

会社は基礎年金番号を把握するだけでよいので即返却してもらうこと

会社が預かっている年金手帳は、退職とともに雇用者に返却されなければなりませんが、稀に年金手帳の返却を忘れられる場合があります。会社の人事部、総務部、庶務としては基礎年金番号を把握できればそれでよいので、即返却してもらう必要があります。個人情報ですから自身で管理する必要があります。

会社を退職したあと転職の際に年金手帳が必要となる

会社を退職する際には、会社から年金手帳と離職票が渡されるのが通常です。退職した後に、転職するケースや失業保険を受給するケースでは、年金手帳はその後の手続きに必須となりますので、年金手帳は必ず返却してもらうようにしましょう。定年退職など、その後に失業保険の受給や転職がないケースでは、必ずしも年金手帳は必要となりません。

転職先が決まっていない・紛失した場合は社会保険事務所へ

もし、退職後も年金に加入する必要がある場合には、国民年金に加入することになります。また、どうしても年金手帳が手元に無い場合や紛失してしまった場合には、社会保険事務所で再発行してもらえますので、心配いりません。

退職時に会社から年金手帳を返却してもらう理由は国民年金の加入や転職後に必要となるため

年金手帳を退職時に会社から、返却してもらう重要性について紹介してきましたがいかがでしたか?まず、一番のポイントとしては、退職する時には会社から年金手帳が返却されるということです。特に、転職するケースや失業保険を受給するケースでは、すぐに年金手帳が必要になりますので、会社から返却されない場合には遠慮なく申し出ましょう。

しかし、これはいつまでも会社が年金手帳を預かっているケースの話です。最近では会社が年金手帳を預からないケースも増えていますので、この場合は自分でしっかりと年金手帳を管理しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム