2016年12月07日(水) 更新

転職時に調整すべき入社日と退社日の目安

現代では転職をする人が増えている

昔であれば、新卒として1度会社に就職すると、定年退職まで同じ会社に勤め続けるというのが当たり前でした。しかし、時代は変わって、今では定年前に退職して他の会社に転職するというのも珍しくないのです。
入社日や退職日といった節目を、人生で何度も経験する人が増えてきています。

入社日と退職日は原則自由に調整可能だと覚えておこう

入社日と退職日は、原則として何の縛りもなく、自由に調整できるものです。しかし、決め方によっては思わぬ事態を引き起こすこともあるので、会社と揉めたりしないように調整が必要です。
入社日と退職日について、以下で説明していきましょう。

退職日の調整の前に会社を辞める意思を伝えておく

会社を転職しながらキャリアアップしていく方が増えています。今後もこの傾向は続くと考えられますので、転職の時に必ず経験する退職日と入社日の調整について、知っておいて損はないでしょう。
まず、現在勤めている会社を辞めるには、ある程度事前に退職の意思を伝えておかなければなりません。

退職日の2週間から1カ月程度前に辞める意思を伝える

転職する事を決めたら、社内規定で定められている期間の前には、退職する旨を上司に伝えます。多くの会社では「退職日の何日前」という形で、社内規定に定められているはずです。一般的には、2週間から1カ月程度が多いでしょう。この時に退職日を調整しますが、業務の引き継ぎなどで会社側にも希望があるでしょうから、自分の希望と折り合いをつける様にしましょう。
また、会社としては退職日が1日違うだけで健康保険料の支払い額が変わってくる事もありますから、この点も考慮して会社と調整をしてくださいね。

入社日は内定から1ヶ月程度を目安に調整すべき

退職日が決まったら、それをもとに転職先の会社と入社日を調整します。
目安として、内定から1カ月程度の入社日が望ましいので、内定から2カ月も3カ月も先にならない様に注意してください。スムーズに入社日を迎えられるように準備しましょう。

退職日の1ヶ月前には辞めると意思表示を!目安として入社日は内定後1ヶ月で調整

退職日と入社日における調整について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
転職する事になった時には、必ず退職日と入社日の調整が必要となってきます。退職する会社にとっても就職する会社にとっても、各種の手続きなどの都合がありますので、必ず会社側の意向も踏まえながら、調整をするようにしましょう。
また、転職を急ぐあまり、退職日と入社日が同一にならない様に気をつけてください。退職の時には、有給消化などで退職日まで出社しないケースもあると考えられますが、出社していなくても有給休暇中はまだ在籍している事になるので、二重就業の内規違反にならないように、注意してくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム