2016年11月29日(火) 更新

営業手法で成果を出す!効率を重視したやり方とは

効率的な営業手法①:営業計画を徹底管理

効率的な営業手法の1つ目は、営業計画を徹底的に管理すること。

効率を重視するなら、無計画な営業活動では成果はあがりません。設定した売上目標を達成するためには、この1ヶ月、1週間どのように動くべきか、行動計画をキッチリ立てる事が効率的な営業手法の為に必要となってきます。

優秀な営業マンと行動を比較してみる

効率的な営業手法をとり入れるために行動計画を立てたとき、ぜひ一度優秀な営業マンの行動計画と照らし合わせ、違いを分析してみてください。

行動計画をきっちり立てたとしても、そもそも計画自体が効率的でなければ、この手法は効力を発揮しません。

同じように効率的な手法をとっている優秀な営業マンは、まず頼るべき存在です。

効率的な営業手法②:外勤の時間を増やす

つづいての効率的な営業手法は、極力外勤の時間を増やすこと。

営業は見積書や契約書の作成、DMの発送、顧客の問い合わせ対応など、内勤業務も案外多いですよね。効率的な営業手法では、このような内勤作業はなるべく手放すことをオススメします。

営業マンによっては自分でやらないと気が済まない、事務も忙しいから頼みづらいなど、さまざまな事情があるかもしれません。しかし、効率的な営業手法をとり入れるなら、ここは成果をあげるために、ぜひ実行してください。

移動時間を減らす努力も必要

効率を重視した営業手法をとり入れるなら、移動にかける時間も極力減らすべき。

具体的には直行直帰をする、営業回数を増やすのではなく、一度の商談を中身が濃いものにする、などが有効な営業手法です。移動の順番も効率を重視した上で、しっかり計画しましょう。

効率的な営業手法③:有望な営業先の絞り込み

効率を重視した営業手法では、顧客を均等に訪問していては成果をあげることはできません。有望な営業先をしっかり見極め、重点的に営業活動を行う必要があります。

定期的に営業先を分類する

この営業手法では、営業先を分析して、売上規模や成長具合により、顧客のランク付けが重要になってきます。たとえば、3ヶ月ごとなど、定期的に営業先のランク付けを見直し、有望な営業先に十分な営業活動ができるよう配慮してください。

このような効率を重視した営業手法を続けていくことにより、少しずつ成果を実感できるはずです。

効率を重視した営業手法では計画性や工夫が重要!

成果を出すためには、効率を重視した営業手法が有効になります。ひとことで効率を重視した営業手法といっても、あらためて顧客を分析したり、念入りに行動計画を練ったり、さまざまな準備が必要です。しかし、その手間をかけることで、のちの営業活動が効率的が進むはず。

また、この営業手法では、なるべく内勤業務を手放すことをオススメします。書類関係の仕事を任せられるだけでも営業活動にかける時間を単純に増やすことができますよね。

効率を重視した営業手法を早速とり入れ、周りをあっと言わせる成果を生み出してください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム