2017年07月04日(火) 更新

上司が頼りないと感じた場合の部下としての対処法

頼りない上司の特徴とは?

頼りない上司には、どのような特徴があるのでしょうか?あなたの職場にも、頼りない上司がいませんか?また、まわりの人に「上司が頼りない」と愚痴をこぼしたことはありませんか?頼りない上司の特徴をまとめましたので紹介します。

自分のことしか考えていないのが大きな特徴

頼りない上司の特徴

  • 部下の意見を聞いてくれない
  • 分からないことを部下に聞く
  • 自分よりも役職が高い上司の言いなり
  • お客様に提案ができず言われた通りのことしかできない
  • スケジュールを自分で把握できない

部下としての対処法①:直接指摘する

上司が頼りないと感じた場合の部下としての対処法をみていきましょう。まずひとつ目の、上司が頼りないと感じた場合の部下としての対処法は上司の頼りないと感じる部分を本人に直接指摘することです。

上司と部下、会社での関係もあるため本人に頼りにならない部分を直接指摘するのは難しいかもしれません。しかし、このようなことは本人に直接指摘するのが1番効果的です。

頼りにならない部分を明確にすることが重要

上司が頼りないと感じていても、どこかどう頼りないのかをしっかり明確にしておかないと、上司に直接「頼りにならない」と言っても、何の効果もありません。むしろ上司を怒らせてしまいます。

上司が頼りない場合に、直接指摘する場合には、上司のこのような部分がダメだから、このようにしてくださいと、ダメな部分とどのように改善してほしいかを明確にして直接上司へ伝えましょう。

部下としての対処法②:自分が変わる

上司が頼りない場合、部下はどのような対処法をとればいいのかを紹介します。上司が頼りない場合の非常に有効な対処法は、部下である自分が変わることです。今さら頼りない上司を「頼りがいのある上司」に変えようと思っても無理なことです。自分が変わって頼りない上司とうまく付き合っていきましょう。

自分がしっかりしないといけないという考え方にする

上司が頼りない場合、部下はどのような対処法をとればいいのかを紹介します。上司が頼りない場合の非常に有効な対処法は、部下である自分が変わることです。今さら頼りない上司を「頼りがいのある上司」にがこのままではいけないと危機感を覚え、変わってくれる可能性もあります。

上司が頼りない場合はダメな部分を明確にし直接指摘するのが効果的

本ページでは、頼りない上司の特徴と、上司が頼りないと感じた場合の部下としての対処法を紹介しました。対処法として1番効果的なのは、上司の頼りない部分を明確にし、その部分を上司に直接指摘することです。直接指摘するのが難しという人は、部下である自分が変わるという対処法をおすすめします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム