2018年01月30日(火) 更新

マスク着用の最適なタイミングと外すべき場面【ビジネスマナー】

ビジネスマナー上、マスクをつけるべきタイミング

体の調子が悪い時、風邪をひいて咳をしている時は、周囲の人に気を遣ってマスクをつけるのがマナーです。
しかしマスクをしていると表情が分かりにくい為、見る人によっては無礼と感じさせてしまうこともあるようです。
社外では問題ありませんが、社内では可能な限りマスクを外すようにしましょう。咳がひどく、どうしてもつけている方が良いと思われる場面でも一言断ることが必要です。

咳・くしゃみが止まらない時は人にうつさない配慮を

咳、くしゃみが止まらない時は、マスクを装着して人にうつさない配慮をしてください。
もし、目の前の人の咳やくしゃみが止まらなくて、自分に唾が飛び散っていたら、あなたは不愉快ですよね。
その場合には、人にうつさない配慮として必ずマスクを装着しましょう。

ビジネスマナー上、マスク着用をためらう場面

やむを得ず社内でマスクを着用する必要があっても、社外の方と会うときや上司と話すときには一度マスクを外しましょう。
接客業の場合、自分の印象を良く見せることも大事な仕事です。
マスクを着用していることに違和感を感じる人が、他の業種に比べて多いです。

社外の人と会う・上司との打ち合わせは外す!

ビジネスマナー上、マスク着用をためらう場面は多いですよね。
例えば社外の人と会う時には、マスクの装着を外すのがマナーです。症状がひどくても「具合の悪い人と取引をするのか…」と印象が悪くなります。
上司との打ち合わせの場合もマスクを外すのがビジネスマナーです。「体調管理が出来ていない」と悪い印象を与えるでしょう。
社外の人や上司には印象を良くするためにも、ビジネスマナーとしてマスクを外すのが重要です。

ビジネスマナー上、マスクを着用するうえで守りたい注意点

基本的に人と接する場面ではビジネスマナー上、マスクを着用するのはあまり良いことではありません。
代理の人を頼んだり、症状を抑える薬を服用したり、最低限の対策を打ちましょう。 それでもマスクを着用しなければいけない場合は一言、迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを添えることが大切です。

他者を配慮する目線を忘れない!気持ちよく仕事しましょう

マスクをして接客をするのは、ビジネスマナーとしては悪印象です。
風邪の症状があまりに酷いのであれば、代理の人を頼みましょう。
どうしても同席しなければいけない場合はマスクを取りましょう。咳等が出てしまうようならば、一言断ってマスクをして下さい。
最初に「うつしてしまうと申し訳ありませんので」と一言添える心づかいが必要です。他者を配慮する目線を忘れず、気持ちよく仕事をしましょう。

マスクは仕事では基本的に外すのがマナー!ただし、酷い時には一声かけて着用を

マスクは仕事では基本的に外すのがマナーです。ただし、酷い時には一声かけて着用をしましょう。
誰しも体調が悪いのを分かっていても、仕事を休めない場面があります。
その時は適切にマスクを着用し、自分の身を守りましょう。
同時に相手に配慮することを忘れずに、一言迷惑をかけて申し訳ないという旨を伝えましょう。 周囲に配慮できる気遣いを持った人として、好印象を与えることも可能でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム