2017年05月10日(水) 更新

急募求人とは?応募前に知るべきメリットとデメリット

急募求人とは?

Lgf01a201409110100

転職時には色々な求人が利用できますが、その中の一つに急募求人があります。企業側が、すぐに人材を集めたいときに使うのがこの急募求人。急募ということだけあって、選考の工程も非常に少なく入社までのスピードが非常に速くなります。

採用までの過程が短い採用形態

急募求人には採用までが早いといったメリットが有りますが、逆に色々なデメリットもあるのです。
普通の求人サイトで探す際は、サイトの更新時間を狙うといったコツもありますが、急募求人だけを探したいときには急募求人を専門に扱ったサイトを見てみるとよいでしょう。
急募求人サイトでは色々な業界の急募求人が集まり、申し込む際にも偽の急募求人がないといった利点がありますので有効活用してみてください。

急募求人のメリットは採用が早いこと

急募求人には色々なメリットがあります。
やはりなんといっても、採用が早いということが魅力でしょう。電話して次の日には面接、そして採用というアルバイト並みの即決求人もありますから、転職する際には活用していきたいものです。
他にも、急募求人ならではのメリットの特徴として書類選考も緩いということがあります。書類選考でどうしても引っかかってしまうような、経歴上の瑕疵がある人にもおすすめできるのが急募求人なのです。

デメリットはブラック企業の存在

急募求人にはデメリットもあります。それが、ブラックな案件に出くわしやすいということです。
実際、ブラック企業ほどこういった急募求人を利用するといった傾向が強く、思わぬブラック求人に出くわしてしまうことすらありますから、その点は意識して気をつけましょう。

エージェントを利用してリスク回避

早く転職が決まるというメリットがある急募求人ですが、ブラック企業では元も子もありません。とは言え確認する方法もないし、迷っている内に決まってしまうことも。
そんな時は転職エージェントの利用がオススメ。企業の実情を知っているので、ブラック企業だからの急募なのか、円満退職者の欠員補充や事業拡大といったポジティブな理由なのかを知ることができます。
中でも楽な転職.comホワイト企業しか紹介しないというコンセプトを掲げる転職エージェントですので、不安をしっかり解消してくれます。

急募求人は採用が少ないため難易度が高い

また急募求人には、募集人数が少ないという欠点もあります。
急募求人はその特性上、人員の穴埋めや急なプロジェクトのための人員確保といった場合に行われることが多いからです。急募求人は人気が高いですから、自ずと難易度は高くなってしまうでしょう。

Gf01a201502142100

年中急募の求人をしている企業は難易度が低い分待遇が悪い

急募求人にも色々ありますが、特に年がら年中、急募求人を出しているような企業は避けましょう。ブラック企業の割合が高いですし、急募求人で入社しても待遇が悪いということもあるのです。
会社側としては急募求人には、雇用条件を詳しく説明しないで済む、お金に困った立場の弱い人が集まりやすいといった点があります。そのため、急募求人を利用する際にはしっかりと情報を集めてから応募することが大事なのです。

急募求人のメリットは即決採用がある点!デメリットはブラック求人が多いこと

急募求人には独特の癖がありますが、採用が早いといった利点もあります。また探す際には、なるべく急募求人サイトで見たほうが良いでしょう。
急募求人にはブラック企業が利用しがちといったデメリットに加えて、難易度が高いという点もありますので、しっかりと情報を集めてから申し込むことが大事です。

人気のコラム