2016年12月09日(金) 更新

既卒者の就活で最も重要になる面接対策【自己紹介】

就活の面接で最初にある自己紹介はとても重要なポイント

まずは既卒者や第二新卒者にとっての就職活動が、新卒に比べると険しい道である点を重々理解しておきましょう。
求人自体が少ないので、書類審査や一次試験を通過して、面接まで持ち込めたら是が非でも採用を勝ち取りたいはずです。そんな大事な面接試験で最初にするのが”自己紹介”ですよね。きちんと事前準備をして面接に臨みましょう。

面接での大まかな流れを把握しておこう

まずは、面接対策の基本として、自己紹介の基本的な流れは押さえておきましょう。
ここで、面接の自己紹介の流れを簡単に紹介しておきますが、

・まず、面接の機会をくれた会社にお礼をします。
・そして名前と年齢、最終学歴を話します。
・次に「新卒の時の就職活動」「卒業後何をしていたのか」を話します。
・そしてお礼を言って自己紹介を終えます。

このうち、『新卒の時の就職活動』『卒業後何をしていたのか』をきちんと話せるようにしておくことが大切です。

なぜ既卒・第二新卒になってしまったのか?の質問では失敗を素直に認める

なぜ既卒・第二新卒になってしまったのか、なぜ新卒の時に就活に失敗したのかは、面接官にとっても純粋に興味があるところだと思います。 ここで虚勢を張って、採用者に見る目がなかったような雰囲気を醸すのは逆効果になるのです。
まずは面接前に、謙虚な姿勢で、自分がなぜ就活に失敗したのかを振り返ってみましょう。

本当の事を話すことで心象も良くなる

例えば学生時代は、
「業界や企業名などのイメージが良さそうな所ばかりを狙ってエントリーしていた」
「本当に自分がやりたい職種や業種に気づくことができなかった」

などの理由が思い浮かぶと思います。この事を素直に面接官に話しましょう。
採用者側も、学生にありがちなこのような失敗に対して理解があります。素直に新卒時の過ちを言えるという事は「今回は同じ間違いをしない」という保証にもなるのです。

面接では卒業後の経験をポジティブなストーリーにまとめる

「卒業後何をしていたのか」も面接官にはとても興味がある話です。この際、卒業してから面接までの期間にしてきた経験を、ポジティブな印象のストーリーにまとめてみましょう。

「バイトをしていた」その後「インターンを始めてみた」「就職活動をはじめた」こういう事実にストーリー性を持たせるのが重要です。

事実にストーリー性を持たせた具体例の紹介

具体的には、「卒業後とりあえずアルバイトをしていたのですが、アルバイト先で出会う、正社員で働く人を見ているうちに、このままダラダラしていてはいけないと思うようになってきました。
そして、今度は本当に自分が働きたい職場を見つけたいという思いで、積極的にインターンを行いました。そしてこの業界で働きたいと心の底から思い、就職活動を再開しました」という感じです。 新卒時の失敗を糧に、成長した姿を面接官にアピールできると思います。

既卒の就活で最も重要になるのが自己紹介!面接ではストーリー性のあるポジティブな回答を

既卒者・第二新卒者が自己紹介をする時は、新卒時と違い「なぜ新卒時に就活がうまくいかなかったか」「卒業後何をしていたのか」を織り込むのが重要です。
その二つの項目を通して、自分がいかに状況認識が甘かったのかを反省し、その事を貴重な経験として、現在は成長してこの面接に臨んでいるのだということをドラマチックにアピールしましょう。既卒・第二新卒ならではの強みを生かした自己紹介になるのではないでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム