2016年11月29日(火) 更新

ヘッドハンティングで転職した人材の収入と報酬の関係性

ヘッドハンティングは優秀な人材を社外からスカウトする仕事

優秀な人材をサーチし、社外からスカウトする人材採用の方法をヘッドハンティングといいます。一般的に企業は人材紹介会社にヘッドハンティングを依頼し、報酬を用意して、ヘッドハンター独自の人脈やコネクションを用いて企業が求めている人材を探し出します。ヘッドハンターからの連絡は、唐突に会社や自宅へくる場合が多いそうです。

ヘッドハンティング=高く評価された証

ヘッドハンティングを受けるというのは、すなわち対象者のスキルやキャリアが高く評価されているということになります。
そのため、転職の意識がなくてもヘッドハンターには1度会うのが一般的です。自分の評価を第三者目線で聞けて、高く評価されるのはさらなる自信へつながるでしょう。報酬アップも望めますよ。

ヘッドハンティングの報酬は採用された人材の想定年収30~40%

オール・アバウト・ヘッドハンティングによるとヘッドハンティングは基本的に企業とスカウトした人材をマッチングし、採用に至った場合企業から成功報酬を受け取っています。
その額はおおよそ採用された人材の想定年収の30~40%といわれており、年収が500万円の人材なら150~200万円、年収が1000万円に人材なら300~400万円の報酬額となっているのです。

一般の人材紹介会社の報酬は採用された人材の30%

それに対し、インプレッションの「人材紹介会社のビジネスモデル」という記事によると、一般の人材紹介会社の報酬は採用された人材の30%ほどとなっています。ヘッドハンティングを依頼するほうが、多少費用がかかるといったところです。
求人誌に募集をかける場合、1ページで100~300万円はかかり、優秀な人材が集まるとも限らないという危険性もあるので、現在はこのヘッドハンティングや人材紹介会社を利用する企業が増えているのが現状とされています。

ヘッドハンティングを受けると現在より高収入を狙える

まずあげられるのは、基本的に現在勤めている企業よりいい条件で働くことができるのは間違いありません。
職場環境は良くなり、給料はアップすることがほとんどです。さらに企業が求めている人材ということもあり、昇級も約束されたようなものです。

紹介された企業については下調べが大事

しかし、ヘッドハンティングにあったからといってすぐに転職の即決をしてはいけません。まずはヘッドハンターが紹介する企業についてしっかりと下調べを行いましょう。
ヘッドハンティングにあい、浮かれてしまってすぐに転職を決めた、という人もいるようです。しかし、こういった場合しっかりと下調べもしていないので様々な見当違い、条件の違い、職場環境の良し悪しの見込み違いなど、転職に失敗したなんて人も少なくありません。冷静さが必要なのです。

ヘッドハンティングの報酬は採用人材の年収30~40%!転職者も高収入を期待できる

ヘッドハンティングの報酬と、転職した人材の収入について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
ヘッドハンティングの報酬は多額であり、そのため無理な転職を押し付けてくるヘッドハンターも稀にいます。そういったヘッドハンターには注意したいところですが、しっかりと見極めればよりよい職場にめぐり合えるかもしれません。

関連コラム