2017年01月11日(水) 更新

【永久保存版】女性が正社員など“最高の転職活動を実現する”20のノウハウとおすすめエージェント

女性が満足できる転職成功のための秘訣を紹介。転職活動を検討中の人や、すでに実行中の方にも必見です!転職は一生を左右するもの。ライフプランや今後のキャリアと合わせて真剣に決めたいですよね。転職エージェントやサービスの有効利用も含めた、完全版の内容になっています。

転職する女性の現状を知ろう

Pak72 kirainajyousi20140810134221 tp v
転職することが当たり前になった現代日本。キャリアを求める人や共働き家庭の増加によって働く女性が増えたと同時に、それだけ転職希望者も増えています。しかし、女性の転職は男性よりも難しい問題を抱えており、一筋縄ではいきません。 今回は、転職活動を検討中、または転職活動中の女性が成功に導くための秘訣を紹介。実際に転職した人の声もまとめていますので、是非ともご覧になってくださいね。

転職時には女性特有の問題がある

女性が転職を考える場合、性別特有の問題があります。それは、体力的な問題や家庭との両立の難しさです。とくに、結婚や出産といった人生のライフイベントを経験した場合、転職の難易度も飛躍的に高まってしまいます。 労働時間や育休取得の問題など、男性の転職のようにすぐにどうにかなる問題ではないのです。

家庭を意識した働き方が前提になりやすい

Baby 20607  180
女性の場合は家庭を持つと、家事や育児の比重が男性よりも多くなる傾向にあります。そのため、夫と同じ時間だけ働いたとしても、帰宅後に家庭に費やす時間が多くなるからです。この点も女性の転職を難しくしている理由になっています。

女性が家事をしている率は31ヵ国中2位という結果に

国際比較調査グループであるISSPが2012年に行った調査「家庭と男女の役割」によると、日本で週に20時間以上家事をしている男性は4%に対し、女性は65%という結果でした。この男女差60%以上は世界でも2番目に広いものであり、日本では女性が家事を行うという伝統が根強く残っていることがわかります。 このように家事による時間的負担も、女性の転職条件を難しくしている理由の1つです。

転職する女性は自分の夢を叶えたい人が多い

Teen 1718115 960 720
男性の転職理由はキャリアアップや年収の増加など、現実味を帯びた野心的なものが多いです。では、女性の転職理由とは一体どのようなものなのでしょうか? それは、「自分の夢や希望をかなえたい」という、非常に前向きな理由が多いです。もちろんそれだけでなく、「給与を上げたい」「残業がない職場に行きたい」「内勤の事務がいい」など、自分の希望に沿ったものもあります。

しかし、すべてが希望通りにはいかない

夢や希望の実現のために始めた転職活動。しかし、すべてが希望通りになるわけではありません。現実は非情、様々な問題が降りかかってきます。転職活動において、希望にそぐわない点がいくつも出てくるでしょう。

とくに待遇面の問題は簡単ではない

Smartphone 569076 640
転職の基本はキャリアアップです。前職で身に付けたスキルを活かし、同業他社へ転職。そこでキャリアを伸ばし年収も高めていく。この流れが理想ではありますが、現実でそう簡単にいくことは極めてまれです。 とくに、年収や休日数などの待遇面や福利厚生面の問題は、下手をすれば転職後に悪化する可能性すら含んでいます。それはスキルの問題や、年齢、転職回数など複合的な要素によって決まってくるのです。

転職が必ずしもポジティブな選択肢とは限らない

人は誰しも、転職に夢や希望を追い求めます。しかし、それが必ずしもポジティブな考え方ではない点も理解しておきましょう。 給料が増えれば、仕事が激務になる可能性があります。毎日忙しければ残業が増え、休日出勤があるかもしれません。これでは本末転倒ですよね? それよりも、自分が結果を出していくことにより、今いる環境を変えて行った方が、評価を高められる近道になる場合もあります。「今の環境を変えたい気持ち」=「ポジティブ」ではないことも、知っておいてくださいね。

今の環境でがんばることも選択肢に

1024 cc library010007533
そのため、今の職場でがんばって働き続ける、という選択肢も必要になってきます。転職はかなりの時間とエネルギーを消費するもの。今の「仕事がきつい」「残業が多くてつらい」という気持ちに負けそうなときは、一旦冷静になって自分を見つめ直してみましょう

ただし、がんばりすぎて体を壊さないように注意

ただし、過労によって体を壊したり、うつ病などの精神疾患を発症したりしないように注意しましょう。限界を超えてまで働く必要はありませんよ。長い人生にとっても、体は資本ですからね。

共働き世代の増加も転職する既婚女性が増える背景に

Newlyweds 1520340 960 720
バブル崩壊以降、日本の会社員の年収は下がり続けています。そのため、夫の収入だけでは家庭を支えられず、妻が働きに出るケースが増加中です。内閣府の調査によると、共働き家庭の割合は約59%と、専業主婦家庭の約30%の2倍近いことがわかります。 そのため、よりよい条件を求めて転職活動を行う、既婚女性が増えているのです。

夫の収入だけで家庭を支えるのが難しい

共働き家庭が増加した理由は、前述の通り家庭の収入の低下によるものです。結婚して家庭を持つと、今後は子育てなどのライフイベントが盛りだくさん。その分のお金も必要になってきます。 夫の収入だけでは今後の家庭を維持できるか不安なため、世帯収入を上げるために働く女性が増えたのです。

専業主婦への憧れを持つ女性が減っている

Pasta 1181189 960 720
反対に、専業主婦への憧れを持つ女性が少しずつ減ってきているのだとか。確かに、専業主婦の家庭で育った経験や、家庭が裕福、子供の教育に力を入れたいという気持ちを持つ女性もいます。 しかし、時代による価値観の変化や経済的な事情を前にして、働きに出たいと強く願う女性もまた、増えてきているのです。

仕事にやりがいを求める既婚女性が増加中

そして、最近ではパートだけでなく、正社員として働く既婚女性も増加中です。その背景には、仕事に対するやりがいを強く持った女性の増加があります。 働く側の意識だけでなく企業側の制度見直しも深く関連しており、ワークライフバランス※の推進など、女性が働きやすい環境が整備されつつあるのです。

ワークライフバランスとは?

仕事と家庭の両立のため、子育てや介護の時間を持てるように、働き方を工夫する制度のこと。大企業を中心に導入が進んでいる。


▼関連記事 ワークライフバランスを重視した会社選び

共働きの両親のもとで育ったため抵抗が少ない

共働きを望む女性が増えている背景には、経済的な理由だけでなく精神的なものも関係しています。今の40代、30代の世代では両親が共働きの家庭で育った人が多く家族総出で働く抵抗感が少ないことも起因しているからです。 共働きには保育園の待機児童問題など、解決すべき問題はいくつもありますが、今後も増えていくとみて間違いないでしょう。

転職した女性が正社員を目指すのは難しい現実も…

Bis151026523985 tp v
共働き家庭の増加やキャリアを継続する意思など、働く女性が増えてきた一方で、雇用上の問題点も指摘されています。それは、正社員での転職が非常に難しい現実があるからです。

派遣社員や契約社員の求人が増えている

転職を考えてハローワークやWEBサイトを見ても、正社員の求人が意外と少ないことが分かります。代わりに、派遣社員や契約社員などの非正規雇用の案件が非常に増えているのです。 もはや、正社員としての転職を目指すことが、非常に難しくなっていることを示しています。

理由は海外との競争で人件費を抑制するため

Aircraft 513641 960 720
グローバル化によって国内の企業は、新興国などの人件費の安い国々との競争に晒されるようになりました。そのため、国内でも人件費を抑えるために、正規雇用ではなく非正規雇用が拡大していったのです。 そのため、女性の転職においても、派遣社員や契約社員など、非正規の求人が増え続けているという現実があります。

正社員の求人が少なくなっているのが現状

非正規雇用の増加にともなって、正社員としての転職が難しくなってきています。働きながら転職活動をしているならまだしも、離職後に行う場合は経済的な不安も出てくるでしょう。預金が少なくなる焦り、家計を助けたいという強い気持ちによって、望まない待遇で転職してしまう人も多くいる現状があります。

資格なしでは苦戦は避けられない

Fountain pen 1053697 960 720
正社員としての転職を目指す場合は、それなりのキャリアとスキルを示す資格が必要です。無資格のままでは、書類審査を通過することも難しいかもしれません。未経験の分野などに挑戦したいと思っても、高い壁に阻まれてしまうのです。

20代のうちから女性としてのキャリアビジョンを考えておこう

Cc library010009925
理想とする転職が難しいケースがある中で、今後に備えて今からできることは何か?それは、女性としてのキャリアビジョンを明確にしておくことです。そして、できる限り20代のうちに考えておきましょう。

①専業主婦型

キャリアビジョンの1つ目は、専業主婦型です。夫の収入によって家計を管理し、平日は家事や子育てを担当します。現代社会では少なくなりつつある生き方ですが、十分な選択肢に入るでしょう。 配偶者の男性が妻に専業主婦を望むケースもあるため、よく話し合ってから決めてくださいね。

専業主婦型の考え方

・時間をどう利用するか
・将来的に夫の収入だけで暮らしていけるか


②管理職含めてバリバリ働く型

Aircraft 428894 960 720
キャリアビジョンの2つ目は、出世を重ねつつバリバリと働く型です。まさにキャリアウーマンを体現したものであり、管理職への登用など実力をつけて成果を上げていくパターンにあたります。 厚生労働省によって成立された「女性活躍推進法」により、労働者301人以上の企業は女性の活躍推進を促すなど、女性の管理職が活躍できる土壌が整いつつあります。 しかし、それでも欧米諸国と比べると、まだまだ低い水準です。

バリバリ型の注意点

・転職には相当な実績が必要
・実力を可視化できるものが必要
・転職には慎重になってもいい


③仕事とライフスタイルのバランス重視型

女性のキャリアビジョンとして最も無理がなく、バランスが取れているのがこの型です。ただし、仕事と家庭の両立のため、転職先の福利厚生や労働環境を重視する必要があります。 企業選びだけでなく、雇用形態や労働時間など多くの要素を意識した転職活動が必要になりますね。

バランス型の復帰後の注意点

・業界的な専門知識を身に付けておく
・仕事に必要なスキルを維持できるか(経理、人事、マーケティングなど)
・必要な資格を取得しておく


転職に成功した女性のブログも参考になる

Instagram 1519537 960 720
キャリアプランを考えるといっても、人生の一寸先は闇。将来的なプランを明確にするなんて、簡単ではありませんよね。そんなときは、人生の先輩から学びましょう。学生時代や職場の先輩が身近にいない場合は、ネット上での情報収集がオススメです。 転職に成功した人のブログなどを読んで、参考にしてみてください。漠然した不安や悩みを解消できるかもしれませんよ。

30代からは家族などライフイベントが中心になりやすい

Family 1016311 640
なぜ、20代のうちからキャリアビジョンを明確にしなければならないのか?それは、30代に入ってからだと転職が一気に難しくなってしまうからです。30代になると結婚や出産など、人生のライフイベントを生活の中心に据える場合が多くなってきます。

①結婚を意識した考え方を持つべき

Gf01a201502221100
晩婚化が進んでいる日本社会。厚労省によると女性の平均初婚年齢は29歳になっており、30代が近づくにつれて、結婚を意識した考え方を持っておく必要性が強まります。結婚を機に仕事や家庭環境など、多くのものが変わるでしょう。その変化に備えておく必要があるのです。

夫や子供を意識した転職を心がけよう

結婚すると、自分だけの生活を送るわけにはいきません。夫や子供のことを考えて日々を過ごさなくてはならないからです。とくに子供に対しては、自分の人生の多くの時間を費やすことになります。 育児と家庭の両立。 言葉にすると簡単ですが、実際は事情に困難を伴うもの。家庭を意識した転職を心がける必要性がありますね。

②30代独身女性はキャリアアップを目指す方向性もある

Female 1280963 960 720
30代独身女性の場合は、今の仕事や転職先でキャリアアップを目指す必要があります。1人で生活していくだけの経済力が求められるため、正社員の仕事でなければ収入的にも厳しいかもしれません。 そのためにも、仕事を頑張ってこなし、常にキャリアアップを目指す意識しておいてくださいね。 しかし、40代から50代になると、それなりの経歴や管理職経験がなければ、正社員での転職は非常に難しくなるはずです。

長く働くためにはどうすればいいかを考える

30代の女性の場合は、今後同じ職場や同業他社の中で、どのように働いていくかを考えておく必要があります。長く働くためには、雇用期間も制限がない正社員を目指すべきでしょう。また、年収を上げることで生活水準を高めていくことも可能です。 加齢とともに病気や怪我にも弱くなるため、保険への加入や貯金も必要になりますね。

③両親の介護などの問題

Dependent 100343 640
30代を過ぎたあたりから顕著になってくる、親の介護の問題。結婚している場合は夫の家系の介護も必要になってくるかもしれません。独身の場合は兄弟と一緒に両親の面倒を見ていくことになるでしょう。 介護や介助には体力とお金がかかります。その点も踏まえたうえで、30代である今の段階から意識しておきたいですね。

勤務時間の調整ができる仕事への転職も視野に

介護や育児などのライフプランを考えた場合、勤務時間の調整ができる仕事を目指すことも重要です。子供のために短い勤務時間で働ける雇用契約や、在宅での勤務を許可している企業などが狙い目になります。 とくに、在宅勤務は今後拡大していくため、家族の近くにいならが収入を得るという働き方も一般的になっていくでしょう。

20代女性の転職はポテンシャル重視

Fitness 332278 960 720
女性の転職は年齢ごとによって、方法や考え方が異なることがわかりました。それでは、20代の女性が転職を考える場合、何を意識したらよいのでしょうか?順番に見ていきましょう。

自分の強みを理解しよう

まずは、自分の強みが何かを理解することです。就活以来の自己分析を入念に行ってみましょう。目指したい仕事に自分の長所やスキルが応用できるかを研究し、企業が求める人材に近づいてみてください。

自分の強みになる部分

  • ・リーダー経験(マネジメント能力)
  • ・資格の有無
  • ・仕事への情熱
  • ・売上などのデータ
  • ・コミュニケーション能力

▼関連記事 自己分析のやり方

他社で通用するスキルがあるかを確認

Conference room 768441 640
自己分析を済ませたら、自分の能力やスキルがはたして他社でも通用するものかを確認しましょう。自分が使えるPCのソフトや言語能力などを把握しておいてくださいね。 たとえ実務経験がなくても、接客経験などは幅広く応用が利きますよ。また、学生時代に専攻していた内容も、何かしらの強みにできるでしょう。

将来的なキャリアプランも明確にしておこう

20代の頃に考えておくべきキャリアプランも重要です。5年先、10年先に思い描いた自分になるためには、逆算して何をすべきかを考えましょう。やりたり仕事があるのならば、そこへ行くためにどのような業界を目指すべきなのか?必要な資格やスキルはどうやって身に付けるのか? なりたい自分になるために、今のうちに必要なものに気づいておくべきですね。 ▼関連記事 キャリアプランの書き方と回答例

資格があると有利に

Cube 635353 960 720
正社員に限らず、転職においては資格を持っていると非常に有利になります。その理由は、資格が本人の能力やスキルを示す、客観的な判断材料になるからです。 事務系を目指す場合は簿記3級やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の取得がオススメです。比較的簡単に短期間で取得できますよ。

オススメの資格一覧

  • ・簿記3級
  • ・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • ・ファイナンシャルプランナー
  • ・介護事務
  • ・普通自動車免許
  • ・TOEIC

▼関連記事 稼げる資格・楽に取れる資格一覧

20代女性はマッチ度が低く感じたら転職したほうがいい

Cc library010010025
20代の女性が転職を考えるきっかけとして、現職でのマッチ度があります。毎日働いているのにやる気が出ない、職場環境がよくないと感じた場合は、素直に転職をした方がいいでしょう。

年齢という時間は限られている

なぜ20代のうちに転職すべきなのか?その理由はズバリ、年齢によるものです。まだ若い20代のうちは、あらゆる可能性に満ちています。未経験の職種でも若さと熱意をアピールすれば、案外簡単に飛び込めてしまうこともあるからです。 逆にいうと、20代という若い期間は限られているといえます。

30代になると書類通過率が一気に下がってしまう

Busy 880800 960 720
チート期間ともいえる20代を過ぎると、転職は一気に過酷さを増します。30代になると書類選考での通過率が大幅に下がってしまうからです。 理由としては、企業側も体力があり、他社色に染まっていない若い人材を迎え入れたいこと、30代には中間層としての即戦力を望むことです。よほどのスキルや職務経験がない場合、30代から正社員への転職するのは狭き門となります。

20代のうちから将来のビジョンを明確にしておこう

先ほども説明したように、20代のうちから将来的なビジョンを明確にしておくべき理由はコレです。年齢を重ねると未経験職種への転職は難しくなり、同業他社でも難易度を増します。 そのため、できることならば20代のうちに転職を済ませ、将来に備えておく必要があるのです。

目指す将来に合わせた働き方を意識する

Hands 1273148 960 720
自分が目指したい仕事、理想とする働き方。そこへたどり着くには、今の働き方から意識しておかねばなりません。将来的に必要な資格や経験がるならば、無理をしない程度にがんばってみましょう。 そして、少しでも転職を有利に進められるようにしておくべきなのです。

30代女性の転職は一気に厳しさを増す

Eye 1236389 960 720
30代女性の場合、20代の頃よりも転職の難しさが増してしまうのは前述の通り。それは、年齢的な理由がメインであり、この点は男性とも同じです。転職成功のためには実力を示すか、面接で自分をよくプレゼンできるかにかかっています

30代女性の採用には企業側も慎重に

大きな問題点として、企業側も30代の女性を採用することに対し、慎重になってしまう点もあげられます。20代までの転職では若さやポテンシャルを意識した採用が行われるものの、30代の場合は検討すべきポイントが大幅に増えてしまうからです。

出産・育児による離脱をリスクと捉えられてしまう

Child 428384 960 720
30代の女性は出産や育児によって、一時的に離脱するか退職してしまう場合もあります。企業側からはそれをリスクと捉えてしまうのです。せっかく採用したからには、戦力として長く働いてほしいもの。採用コストを考えた場合にも、退職される可能性が高い30代の女性は避けられやすくなってしまうのです。

年齢を重ねると成長の幅が狭まってしまいがち

出産だけでなく、純粋な成長性の面でも30代は慎重な目で見られてしまいます。20代のころのような若さと柔らかい頭もなければ、体力も衰えて来る30代企業としても今後の成長幅に疑問を持ってしまうのは仕方のないことでしょう。この点は男女共通ですね。

秘書や総務は若さを重視されることも

Al101 natuin0220140830001 tp v
職種や業種によっても、年齢の壁が立ちふさがります。とくに秘書や総務の仕事の場合、体力的な面も含めて若い社員が求められる傾向が強いです。それは仕事の内容や立ち位置的に仕方のないものであり、年齢制限があるものとして受け入れましょう。

SEやプログラマーも覚える内容が多く若い方が有利

システムエンジニア(SE)やプログラマーなどの内勤職の場合でも、若手の方が有利になります。プログラミングに関しては日夜進化を続けており、常に新しい技術を学び続ける必要があるからです。 年齢を重ねると新しく覚えることがだんだんと難しくなり、次第に技術の進歩についていけなくなってしまうかもしれません。

接客業も若者向けの店舗では難しい

P1030708 edit tp v
比較的、年齢制限のない接客業。そこでも、業界によっては30代以上が厳しい場合があります。それは、若者向けのショップ店員などです。顧客のモデルとしての店員でもあるため、同年代であることが求められます。また、変わりゆく流行に合わせていくのも、30代になると厳しく感じてしまいがちです。

40代・50代女性の転職は相当な難関になる

Abstract 740257 960 720
40代、50代からの転職をする女性というと、リストラで職場を失ってからの転職や、夫の仕事の都合による転職などの理由が考えられます。これは、世間的にはネガティブなイメージを持たれてしまうかもしれません。

未経験での転職は厳しい

現実的に見て、転職市場における50代からの転職を目指す女性は苦しい立場にあります。 男性の場合も苦労することが多い50代での転職となると、中々思うような転職を実現するのは困難な現実があるのです。

前職の経験を活かすだけでは書類選考すら通らない

Assistance 72834 960 720
50代の転職ともなれば、男女関係なく「前職の経験を活かしてがんばりたい」という考えだけでは採用されるのは、非常に難しいです。30代までなら何とか通用したこの志望動機でも、40代、50代の場合は求められるものが違ってきます。 書類選考すら通らず、何社からもお祈りメールをもらうこともザラです。

管理職でなければ正社員登用は難しい

そのため、50代での転職を考えた場合、引き抜きなどのキャリアを重視されたものでなければ厳しいでしょう。とくに、正社員を目指そうと思ったならば、非常に厳しいです。 40代以上に求められるもの、それは即戦力としてだけでなくマネジメント能力や管理職としての経験。よほどの経歴や実力の持ち主でなければ、理想的な転職は難しいと思ってください。

転職するときは正社員以外の待遇も見据える必要がある

Girl 1271163 960 720
50代で転職する女性の転職条件に、正社員を第一に挙げる人は少なくありません。特に50代で転職する女性は、安定して働きたいという意識が高いため、正社員の求人にしか目を通さないという人もいます。 しかし、50代の女性を対象にした正社員中途採用求人は数が多くありません。正社員の転職は、かなり狭き門となっています。職場環境を変えるのを第一に考えるなら、正社員以外の求人にも目を通すようにしましょう。

地域密着型や中小企業を目指そう

転職市場では厳しさが目立つ50代女性ですが、道が全く開けていないというわけではありません。 例えば、中小企業から出されることが多い地域密着型の求人は、大々的に募集がかけられないため競争率が比較的低く、50代からの転職をする女性にオススメの求人です。中小企業の求人は、年齢性別問わず募集が行われるため、先入観無く能力や経験を適切に評価してもらえるでしょう。

正社員の転職だけにこだわる必要はない

Baker 858401 640
このように、年齢が増すにつれて転職は難しくなってきます。そのため、無理に正社員だけを目指そうとするのではなくその他の雇用形態も視野に入れた選択をしてみてください。

働き方も多様化してきている

現代の日本では、働き方も多様化が進んでいます。それは、戦後から始まった年功序列制度が崩れ、終身雇用制が維持できなくなったためです。 同じ会社で新卒から定年まで働く。こんな働き方の方が珍しくなりつつあります。転職が当たり前になった現代では、働き方も人それぞれなのです。 ▼関連記事 年控序列が崩壊する理由

在宅業務や副業など選択肢も幅広い

Notebook 405755 1280
ネットの普及によって、会社に出勤するだけが働き方ではなくなりました。クラウドワークスなどのクラウドソーシングによって、誰もが家にいながらPCの前で仕事を受注できるようになったのです。 そのため、企業に属しながら、もしくは副業としての在宅業務が一般的になりつつあります。 ▼関連記事 おすすめの副業一覧

むしろ資格や強みを活かして転職しよう

正社員という、ある種の資格ともいえる形態にこだわらないのであれば積極的に転職活動を始めてもいいかもしれません。転職市場が活性化している今なら、仕事を見つけること自体は非常に簡単だからです。 その際にはやはり、資格や自分の強みを活かした活動を行う方が効果的でしょう。

30代以上女性の場合は選択肢を広げよう

Arrows 311332 960 720
30代以上の女性の場合は、正社員以外にも選択肢を広げていきましょう。契約社員や業務委託の場合でも、正社員よりも待遇がよいことは普通にあります。未経験の職種でも働きながら資格を取得するなど、可能性という名の選択肢を広げる方法はたくさんありますよ!

女性の転職ポイントQ&A5選

Arrows 1229845 960 720
では、実際に転職活動を始める前に、気になる疑問を紹介します。これは、同じく転職を考えているけど、不安を持っていた女性の体験談です。生の声をQ&A方式で集めてみましたので、参考にしてみてくださいね。

Q①キャリアは転職しなければ得られないもの?

A.

感情的な転職をしようとしてもよいことはありません。隣の芝は青く見えるといいますが、転職したら今よりもハッピーになる、ということは100%ありません。
とくに、年齢を重ねるごとに結婚・出産についての懸念は企業側としては増えてくるはず。その企業でやりたいことが実現できないか、という点については何度もよく考えることが重要です。


Q②ベンチャー企業への転職に不安はないの?

A beautiful view 939515 960 720

Q.ベンチャー企業へ就職することに不安はないの?(ITベンチャー企業:20代後半女性)

A.

ベンチャー企業に就職すると福利厚生等が大手企業に比べて整っていないケースも多いのは事実だと思います。しかし、自分の働き方やキーマンになれるチャンスの多いベンチャーの方がワンチャンス生まれる可能性は十分にありますよ。
意外と社内の人間関係も整っている場合が多く、自分にあった優遇がもらえる可能性がある、という視点が重要です。


Q③初めての転職活動で注意すべき点は?

Q.初めての転職活動において注意すべきことは?(事務職:20代後半)

A.

重要なのは、自分のスキルを明確に言語化すること、もしくは言語化できるレベルまでスキルをあげておくこと。
事務職や総務系の職種などっていってしまえば「誰にでもできる」ことが多かったりもします。勤続年数に応じて「この会社だから」「この人に聞けばなんでもよく知っているから」という理由で会社内だけでは評価されて、役職を上げているパターンも多いです。
だからこそ、転職市場に出てみたときに自分が「できる」という自信と、「年収、評価」に対するギャップが生まれやすくなります。 「はて、私って何ができる人だったんだっけ」という状況に陥りやすいのです。
そこで自分のスキルを抽象化して言語化し、どこでも汎用性のスキルを身に着けておくことが重要でしょう。


Q④未経験の仕事に就くにはどうすれば?

Gf01a201503290500

Q未経験の仕事につくためには?(メーカー営業:30代前半)

A.

30代からの未経験職、業界に就業することは難易度が一気に上がります。職種だけであれば転向の難しさは下がるかと思いますが、業界も変えるとなるとなおさらです。履歴書の通過率も圧倒的に下がりました。
そのため、資格や誰が見てもわかりやすい経験内容が重要だと思います。
これができるようになれば選択肢が広がると認識し、技術や資格を取得していく気持ちを常に持つことが重要です。


Q⑤育児中の転職で考えるべきポイントは?

Q育児・出産中のママが転職活動において考えるべきことは?(マーケティング:30代前半)

A.

職場復帰を目指しての再就職。もともとやってきたマーケティングの仕事を活かして転職。専門的な能力を持てていたことから転職活動はスムーズに進みました。
自分はどんな能力をもっているかをアピールできるくらい、明確にしておくことは重要です。


女性が転職する際にチェックすべきポイント

Board 1647323 960 720

体験談の次が、女性の転職時にチェックすべきポイントを紹介します。企業選びの際は、以下の5つのポイントを重点的に見るようにしましょう。

企業選びの5つのチェックポイント

  • ①全体に対する女性の平均年齢
  • ②女性に配慮した福利厚生制度があるか
  • ③子育て期間中の給与水準
  • ④女性の管理職比率
  • ⑤平均的な残業時間

これらの要素が満たされていないからと、その企業をNG認定するのは早計ではありますが、自分なりに考えて転職活動を行うことは重要ですよ。

①全体に対する女性の平均年齢

新卒時の企業研究でも重視すべき点であった、平均年齢。企業の設立年数が10年以上経っているにも関わらず、女性の平均年齢は全員20代であったとしましょう。その場合は、女性が長く働くことは難しい環境である可能性が高いです。 東京商工リサーチによると、優良企業とされている大手の場合、女性の平均年齢も40歳代前半の場合が多いです。これは、結婚や出産後も仕事に復帰できた女性社員が多いことを示す、貴重な判断材料になります。

②女性に配慮した福利厚生制度があるか

Adult 17329 960 720
転職の面接で必要以上に詮索するのはマイナスとされていますが、大事な要素である福利厚生。 生理休暇など、女性を配慮した制度が整っているかは確認しておきたいですね。 他にも、ライフプランに欠かせない育休・産休の取得、時短勤務制度などが整備されているかは非常に重要です。

③子育て期間中の給与水準

産休や育休に関して調べるべきポイントがあります。それは、休暇中の給与体系についてです。 子育てをしている期間中は、結果的に給与が下がっているなどのケースもあるため、家計に影響が出ない範囲かを調べておく必要がありますね。

④女性の管理職比率

Interior design 1182517 960 720
見落とされがちな要素ですが、出世やキャリアアップを目指す人にとっては重要な女性の管理職比率。公表している企業の場合は、男性との比率を確認しておきましょう。これは、将来的に出世ができる環境かどうかを見極める、重要な手掛かりになりますよ。

⑤平均的な残業時間

働くうえで給与の次に気になるのが、勤務時間です。とくに、残業が多いと仕事の疲れもとれず、プライベートも楽しむことができません一般的な残業時間の平均がどの程度なのか、事前に把握できる場合は調べておきましょう。信頼性にはやや欠けるものの、口コミサイトなどを閲覧してもいいでしょう。 また、転職エージェントを利用すれば、希望先の企業の社内風土などを知ることができます。労働時間についても、何かしらの手がかりが得られることでしょう。

なるべく条件を満たした企業を選ぼう

Conditions 624911 960 720
上記の要素は、ライフプランを考えたうえで外せないものばかりです。すべてを兼ね備えた企業との出会いは、そう簡単には訪れないでしょう。そのため、自分の中で優先度を決めておき、それらを多く満たす企業を狙うというのも一手です。

転職サイトと転職エージェントの違いを知ろう

Businessmen 42691 960 720
「いざ、転職活動を始めちゃいます!」という直前にて、気をつけるべき部分があります。それは、転職サイトと転職エージェントの違いを知ることです。 電車のつり革広告や、人気女優のCMでよく目にする転職サービス。実は大きく分けて、2種類が存在していたのです。

転職サイトは自分で求人を探す必要がある

まず、転職サイトの特徴から見ていきましょう。転職サイトはWEB上のサービスに会員登録することで、自分で検索した求人に応募できるというものです。 数ある求人の中から自分の希望にあったものや、未経験者歓迎のものなど、自由に選んで応募できます。このとき、自分で求人を探さなくてはならないという手間が発生します。

実は男性だけの求人なんてケースも…

Waiting 410328 960 720
しかし、転職サイトで陥りやすい罠として、希望の求人があったけど年齢制限や必要な資格があったなど、がっかりする場合があります。応募はしてみたけれど、実は男性だけの求人だったなんてケースも……。その逆もまた然りであり、注意して求人内容を把握すべきでしょう。 申し込んだ企業の管理を行うなど、手間がかかってしまうのも難点です。

転職エージェントは求人を紹介してくれる

Service 1660848 960 720
今度は、もう1つのサービスである転職エージェントについて見ていきましょう。こちらはWEB上から会員登録をするまでは同じですが、決定的な違いがあります。それは、求人を紹介してもらえる点です。 一度面談してキャリアカウンセリングさえ済ませば、後はマッチング率の高い求人を自動的に紹介してもらい、それに応募するかどうかを返答するだけという気軽さが魅力ですね。

エージェントだけが持つ非公開求人がカギ

転職エージェントの強みは自動的に紹介してもらえるだけではありません。非公開求人という、1人で転職活動をしていたのでは、絶対に見つけられない情報を知れる点にあります。 非公開求人は条件がよいものも多く、オススメですよ。

非公開求人とは?

自由に閲覧される転職サイトではなく、紹介形式の転職エージェントのみに出される求人。
企業側が競合他社に求人を出していることを悟られたくない場合などに利用する。


悩んでいるなら一度転職エージェントに相談してみよう

Business 929800 960 720
まだ行きたい会社が決まっていないけど、転職活動を始めたい」という人は、一度転職エージェントに相談してみましょう。初回は30分ほどの面談があるものの、不安な点はすべて相談してしましましょう。後は適性のある仕事を紹介してもらえます。 このキャリアカウンセリングでは客観的な意見をもらえるため、自分でも知らなかった長所や魅力に気づくこともありますよ。

転職エージェント利用のフロー

①WEB上から登録
②面談・キャリアカウンセリング
③履歴書や職務経歴書の添削
④求人の紹介・応募
⑤面接対策・模擬面接
⑥面接本番
⑦内定
⑧内定後も定期的にフォロー


オススメの転職エージェント・転職サービスの紹介

Woman 1209866 960 720

ここからは、お待ちかねのオススメ転職エージェント、転職サービスの紹介です。女性の転職という独自の悩みや問題に対し、解決に導ける優れたサービスばかりです。

女性が抱える問題を解決できるエージェント・サービスを利用しよう

働き方については、男性よりもデリケートな部分の多い女性だからこそ、目指す分野に特化したエージェントを利用しましょう。効率的に転職を進められるだけでなく、自分に必要なものも見えてくるはずですよ。 それでは、キャリアパーク!がオススメする、女性向け転職エージェント5選を紹介します。順不同です。

オフィスワークへの転職に強い「マックスキャリア」

女性の人気職であるオフィスワーク。その転職に強いエージェントが「マックスキャリア」です。実は未経験からだと目指すのが難しいオフィスワーク。その悩みを解決できるマックスキャリアの存在は、女性の転職におけるとっても強い味方です。
マックスキャリア

ライフスタイルに合わせた働き方を選べる

正社員として働くことを目指したい女性も多くいるでしょう。自分だけの働き方・生き方を実現する。それを叶えられるのもマックスキャリアです。一度出産や育児で仕事を離れた女性にとっても、復帰するための条件を整えやすいでしょう。 もちろん、未経験からでも正社員の事務職を目指せますよ!

名古屋や関西で転職を希望する女性にもオススメ

Max.7th
マックスキャリアの強みは、各地に営業所を設けている点にあります。関東圏だけでなく、名古屋や大阪などで転職を考えている人にもオススメです。地方の正社員求人の少ないパイを勝ち取るためにも、ぜひとも利用してみてくださいね。

「マックスキャリア」の評判

マックスキャリアを利用した女性の評判も確認しておきましょう。

「マックスキャリア」利用者の声

「大手と比べて規模は小さいながらも、キャリアアドバイザーの丁寧な対応には好感が持てました。親身になって相談を聞いてくれたことがうれしかったです。(25歳:女性)」



「IT×女性」に特化したサービス「ベティ」

ベティ
関東首都圏の「IT×女性」に特化したサービスを展開する「ベティ」 特徴としては、20~30代の女性から高い支持を獲得している点があげられます。 IT・Web関係のクリエイティブな職種だけではなく、女性に人気のある事務職から営業職まで、幅広い求人を取り扱っている点も強みです。女性のコミュニケーション能力の高さを活かせる仕事は、ITやWeb業界の中にも広がっていますよ!

関東での求人数が豊富

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 04 26 11.32.21
世間的に見ても、クリエイティブ系の仕事の求人数は非常に少ないです。そのため、限られた職人だけができる仕事というイメージを持たれがち。 でも、このベティなら、関東圏に700件を超えるクリエイティブ職の求人を取り揃えています。 「未経験OK」「産育休取得実績」という、ライフプランを意識した人気キーワードで簡単に求人検索できる点も、お手軽ですね。

転職お見舞金最大10万円がうれしい♪

ベティのいいところは、サービス面だけではりません。なんと、転職が決まるとお見舞金が貰えてしまうのです。その額は個人によって設定されているものの、最大で10万円転職先によっては新しい服を買ったりするなど、急な出費がかさむもの。この配慮はとっても嬉しいですよね。

「ベティ」の評判

ベティを利用した女性の評判も確認しておきましょう。

「ベティ」利用者の声

「これだけは譲れない」ものを、一つ決めて転職活動するといいと思いますね。転職につまずいたり迷ったりした時、きっとそれが自分の決断を後押ししてくれるはずです。(女性)」



アパレル業界で正社員を目指したい!「ファッショーネ」

ファッショーネ
ショップ店員や製品のバイヤー、企画を行うアパレル系職種。ファッションに興味のある女性にとっては、好きを仕事にできる業界です。アパレル業界への転職を目指す場合、「ファッショーネ」の利用がオススメですよ。 求人企業数は200社以上、非公開求人数は1,000件以上もあるため、自分にあった仕事を見つけることができるでしょう。

好きなブランドごとに検索できる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 05 13 20.18.43
ファッショーネで仕事を探す際には、勤務地だけでなく好きなブランドでも検索できる点が、とっても便利です。その範囲は百貨店ブランドからファストファッションまで様々。 普段は触れることのないブランドのコンセプトや、社風なども知ることができます。

アパレル系の待遇面の問題にも対応

華やかなイメージが先行しているアパレル業界。しかし、実際は給与が低く、休みも不定期という店舗も多いです。そんな待遇面での不安を解消してくれるのも、ファッショーネならではの要素ですね。希望職種や給与面の交渉を行ってもらえるため、非常に頼れる存在です。 ファッショーネでの面談後には気になるショップの店舗見学ができるなど、事前に不安を解消した上で面接に臨めますね。

札幌で転職を希望する女性向け求人も多い

アパレル業界に強いファッショーネは、全国各地に営業所を展開。関東圏だけでなく九州の福岡県や、北海道の札幌市など、幅広い地域での転職をサポートしています。 オシャレは万国共通。地方にもファッションの喜びを広げたい人にはうってつけのサービスですね。

「ファッショーネ」の評判

ファッショーネを利用した女性の評判も確認しておきましょう。

「ファッショーネ」利用者の声

「最初は不安だらけの転職活動。後押ししてくれたコンサルタントに感謝です。(デザイナー:女性)」
「販売員として今後ずっと勤めていきたいと思える大好きなショップを見つけました。(販売員:女性)」



20代女性のフリーターや第二新卒向け「JAIC女子カレッジ」

JAIC女子カレッジ
全国の企業との取引があるJAICは、女性限定の無料説明会を行っています。 これは「JAIC女子カレッジ」というもので、無料説明会から内定までを約30日間で決められるという、スピード勝負ができますよ。 フリーターや第二新卒者にもやさしく丁寧な指導を行ってくれるため、参加希望者も続々と増えている最中です。

東京や関西でのイベントには積極的に参加しよう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 04 26 11.31.29
窓口である無料説明会は、東京や関西地区の大阪などで随時開催されています。仕事の合間に参加するなど、スケジューリングしやすい点もいいですね。これから社会人を目指そうという女性にとっても、強い味方となってくれるはず。 書類選考なしで女性が安心して働ける企業を15社まとめて知れる集団面接会は、転職の時間短縮やマッチング率を高める意味でも便利なものです。

就職成功率80%は伊達じゃない

JAIC女子カレッジの強みは、その転職成功率の高さにあります。正社員としての就職者数は12,000名以上という実績もあり、80%以上が就職・転職に成功している点は見逃せません。 20代前半から後半にかけての人は、利用してみるといいですよ!

「JAIC女子カレッジ」の評判

JAIC女子カレッジを利用した女性の評判も確認しておきましょう。

「JAIC女子カレッジ」利用者の声

「説明会の内容はとても分かりやすく、行動しなきゃとう気持ちになりました。(23歳:女性)」
「JAICのサービス内容では終わらない、中身の濃い説明会でした。(24歳:女性)」



仕事と家庭を両立したい人へ「LiBz CAREER」

LiBz CAREE
株式会社LiBが運営する「キャリア女性限定」の会員制サービスである「LiBz CAREER」 仕事と家庭を両立したい人にとっては、マストなサービスです。会員制のためある程度の手間はかかるものの、質の高いサポートを受けられる点は圧倒的な満足度です。 急成長を続けているサービスであり、今後も有名企業からの求人が増えていくことが予想されますね。

子供がいても自由が利く仕事を紹介してくれる

「子育てというライフイベントをこなしつつ、バリバリと働きたい……」そんなキャリア重視の女性にとっても嬉しい求人を紹介してもらえますよ。勤務時間の短縮や、子供を職場に連れていくなどの、細かいニーズに応えてくれる企業との出会いも期待できますね。 ワークライフバランスを重視したいと考えている女性にとって、利用すべきサービスであるといえます。

名だたる企業が求人を出している

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 04 25 17.32.43
LiBz CAREERの信頼度を示す基準として、求人を出している企業名を確認しておきましょう。総数は200社と少な目ながらも、「LINE」や「楽天市場」「DeNA」など、新進気鋭の大手企業が名を連ねています。

「LiBz CAREER」の評判

LiBz CAREER女子カレッジを利用した女性の評判も確認しておきましょう。

「JAIC女子カレッジ」利用者の声

「結婚・出産というタイミングを迎える前に、短期間でしっかり実力をつけていきたい、キャリアの前倒しを実現したいという志向をお持ちの方がフィットするのではないかと思っています。(20代:女性)」



女性の転職ではライフ・キャリアプランを明確に!特化したエージェント利用がおすすめ

女性が転職を考える場合、男性よりも複雑な要因が絡み合ってきます。年齢や家庭との両立など、課題も山積みです。そのため、20代のうちからキャリアプランを明確にしておくといいでしょう。 30代から50代になると、転職は厳しくなるかもしれません。それでも、資格や自分の長所をアピールすることで道は開けます。そして、不安なときは1人で悩まずに、転職サービスやエージェントに相談してみるといいでしょう。 今はまだ、転職の意志が100%でなかったとしても、現状を客観視することで進むべき方向性が明確になるはずですよ。

人気のコラム