2016年11月29日(火) 更新

遅刻報告する際に気を付ける社会人として最低限のマナー

遅刻の報告は電話?メール?

遅刻報告する際に気を付ける社会人として最低限のマナーについてみていきます。まずは遅刻の報告は電話とメールのどちらか社会人のマナーを守っているのでしょうか。

社会人のマナーは遅刻確定した時点で電話での報告

遅刻したら、まずは電話で報告が社会人としての常識です。しっかりと電話で誠意を持って謝りましょう。遅刻確定が予想できた時点で直ちに会社へ報告します。

遅刻報告の伝え方~電話編~

社会人として遅刻はしてはいけません。しかし意図せず遅刻してしまう場合があります。その際には電話連絡での報告です。では、どのように電話での遅刻報告を伝えればいいのでしょうか。

遅刻の謝罪と原因を報告

遅刻の報告はまずは謝罪から始まります。そしてなぜ遅刻したかの原因をきちんと話します。ここで嘘や言い訳をしても遅刻が変わるわけではありません。誠実な謝罪と偽りのない原因を報告しましょう。

出社予定時間も必ず報告

遅刻の謝罪と原因を報告したら、次に報告するのは、これからの出社予定時間です。ここで重要なのは報告した出社予定時に送れないことです。30分後につく予定ならあえて45分後と伝えましょう。さらなる遅刻を防止できますし、少しでも早く着いたと印象付けられるかもしれません。

遅刻報告の伝え方~メール編~

電話での遅刻報告はいかがでしたか。続いてメールでの遅刻報告についてです。メールでの遅刻報告は場面が限られています。社会人のマナーとしてその違いを押さえましょう。

メールでの遅刻報告は電話できない場合のみ

遅刻報告の基本は電話です。メールでの遅刻報告が可能なのは電話が出来ない場合のみです。たとえば電車の中や通話が不可能なシチュエーションのみです。

メールには状況の詳細を記載

メールで遅刻報告する際は状況の詳細を記載するのがマナーです。「●●線が車両点検になり、●●駅で15分ほど停車して、再開のめどはたっていないため、遅刻します」などです。

その際でも出社時間は記載

メールで遅刻報告する際は状況の詳細を記載のほかに、出社時間が書けるなら書がきましょう。「●●線が人身事故になり、●●駅で20分ほど停車して遅刻します。再開まで20分程度です。会社には9時30分に就く予定です」などです。

遅刻報告で謝罪・原因・出社時刻を伝えるのが社会人のマナー

遅刻報告する際に気を付ける社会人として最低限のマナーについて、みてきましたがいかがでしたか。遅刻をしてしまったら社会人としてのマナーを守って、遅刻の謝罪と原因、そして出社予定時刻を報告しましょう。報告は電話です。ただし、電話が出来ない場合はメールで伝えるのがマナーです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム