2017年09月21日(木) 更新

寝坊で会社を遅刻する際の適切な謝り方と謝罪例文

会社に遅刻すると分かった時点で電話連絡

今回は、寝坊で会社を遅刻した際の社会人としての謝り方をみていきます。
誰しも一度は、寝坊などで会社を遅刻しそうになった、遅刻した経験がありませんか?学生時代のバイトのときに寝坊で遅刻した経験はあるのではないでしょうか。そのときは会社にどう謝罪していましたか?必要がないかもしれませんが、寝坊したときの謝り方は一応覚えましょう。

遅刻するとわかった時点で、大変億劫で気が重いと思いますが、会社に遅刻する旨の電話をかけましょう。そして、「申し訳ありません。寝坊して今、起きました。急いで向かいます。本当にすいません」という旨を正直に伝えましょう。それも社会人としてのひとつの仕事です。

会社に電話連絡することが大切

寝坊で会社に遅刻してしまう場合には、電話をかけて誠意を伝えるのが、ポイントであり大切。
大変億劫で気が重いと思いますが、まずは会社に電話をかけましょう。そして、「申し訳ありません。寝坊しました。急いで向かいます。本当にすいません」という旨を正直に伝えましょう。別に会社へ急いで向かう必要はないのですが、一応、誠意を伝えるために言っておきましょう。

寝坊したときの謝り方は言い訳せずにまずは謝罪

会社に遅刻することがわかったら、まずは電話連絡です。会社に遅刻連絡が遅れれば、遅れるほど、状況が悪くなってしまいます。次に寝坊したときの謝り方です。会社を寝坊したときの謝り方にはちょっとしたコツがあります。
まず、遅刻したのは自分、悪いのは自分、ですので言い訳をせずに素直に謝罪する姿勢が大事です。きちんと謝罪すれば仕事にも影響も少ないでしょう。

嘘をつかずに遅刻理由は寝坊と正直に話す

会社に遅刻してしまった時には色々言い訳を考えてしまいがちですが、変に言い訳しても遅刻は遅刻です。謝り方としては「遅れてすみません!」と謝罪し、遅刻の理由を訊かれたら、正直に話したほうがいいです。遅刻の嘘をついても見抜かれますし、余計に悪い印象を与えて、のちの仕事に悪影響です。

「寝坊しました」など、恥ずかしくても正直に話してしまいましょう。遅刻理由を正直に話せば相手もそれ以上は追求しないでしょう。仕事を遅刻した上に嘘をついたりすれば状況は悪化しますので、それは避けましょう。

謝罪する際は全て自分に非があることを意識

寝坊したのは自分がすべて悪いわけです。寝坊したときの謝り方として、誠意を込めると説明しましたが、形だけでは誠意は伝わりません。つまり、寝坊したときの謝り方として、全て自分に非があると意識しましょう。
遅刻した原因が、少しでも何かのせいにしたら、気持ちは伝わりません。そんな気持ちだと電話口の上司にすべて伝わってしまい、仕事がしづらくなるので避けましょう。

何を言われても受け止める覚悟で

「寝坊するなんて、社会人としての自覚が欠けている!」と上司から電話口で怒鳴られても、受け止めましょう。さきほども、述べましたが、悪いのはすべて自分です。大事な仕事の前に遅刻して、その仕事が無くなっても文句はいえないでしょう。
それだけ遅刻は重大なので、寝坊してしまった際は何を言われても受け止めましょう。謝罪文や始末書を書く場合もあるかもしれませんが、受け止めましょう。

寝坊したときの謝り方の例文

寝坊したときの謝り方の概要は大体おわかりになりましたでしょうか。次に寝坊したときの謝り方の例文をみていきます。会社に遅刻した謝罪が言い訳に聞こえないようにしましょう。
会社への寝坊したときの謝り方の例文は、あくまで参考程度に収めておいてくださいね。謝罪をしたら気持ちを切り替えて仕事に挑みましょう。

寝坊原因を具体的に謝罪した例文

申し訳ございません。目覚ましかけ忘れて、いま起きました。30分以内に家を出ますので、おそらく9時30分には会社につきます。10時30分からのアポには、間に合いますので仕事には影響でないと思います。本当に申し訳ございません。

体調不良が原因で寝坊した場合の謝罪例文

夜中から腹痛に見舞われて、ようやく朝方眠りについたら、寝坊してしまいました。いまは体調がよくなったので、朝10時ぐらいに会社に着くと思います。ほかのかたの仕事に迷惑をかけて申し訳ございません。なるべく早く出社します。

寝坊したときの謝り方の注意点

寝坊原因を具体的に話した例文については、おわかりになりましたでしょうか。
誰しも一度は寝坊をしてしまうものです。遅刻は社会人としてマナー違反です。その社会人として、マナー違反を挽回するのは寝坊したときの謝り方が重要です。では最後に寝坊したときの謝り方の注意点をみていきましょう。どのような点を意識すればいいのでしょうか。

謝罪途中で絶対に開き直らない

寝坊したときの謝り方として、1番やってはいけないことは開き直りです。開き直りは人の神経を逆なでします。すべてにおいて自分が悪いという意思を伝えましょう。実はこの前段階でやっておくと絶大な効果を期待できるやり方があります。それは遅刻をしそうになった段階で連絡をしておく事です。

そして、落ち着いた気持ちで会社についたならきちんと謝罪をし、その後は引きずらない事です。そして汚名返上に勤めましょう。頑張れば再び信頼を取り戻せます。

落ち着いて話す

朝目覚めて、時計に目をやると就業開始5分前。ベッドから慌てて飛び出て、まずは会社に電話。そんな状況できちんと会社に連絡出来て、何分遅刻して、何分ごろにに出社できるか伝えられますか?そのままだと恐らく慌てているため、何を話していいかわからないまま会社に電話してしまうでしょう。

まずは、一端落ち着いて、会社に電話するのをオススメします。

遅刻連絡はメールNG!

寝坊したときの謝り方の注意点として、謝罪連絡は電話です。報告しづらくても電話しなければなりません。ですので、メールでの遅刻連絡は絶対にNGです。社会人としてマナー違反です。寝坊したのにメールしている暇があるのか?と相手は思ってしまいます。メールを打つならまずは電話!それが社会人のマナーであり。常識です。

会社に着いたら遅刻しないための対策を伝える

寝坊で会社を遅刻したら、もう一度上司に謝罪します。そして、同じ過ちを繰り返さない対策を伝えましょう。
例えば、目覚ましをたくさん鳴らすようにするや、毎日同じ時間に起きるようにする、夜遅くまで起きていないなど対策を上司に伝えましょう。社会人はただ謝罪で終わりではありません。次の寝坊防止策まで伝えるのが社会人です。

寝坊で会社に遅刻した際の謝罪は社会人として意識を持つ

今回は寝坊で会社を遅刻した際の社会人としての謝り方についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。遅刻をした際の一番のポイントは、結果として遅刻をしているからこそ、社会人としての謝罪をいかにしっかりと出来るかという事になりそうですね。誠意を持った寝坊したときの謝り方で、信用や仕事の評価を落とす事の無い対応を心がけましょう。始末書や報告書を提出を求められたら書き方を気をつけてください。
皆さんも、万が一寝坊して遅刻してしまった場合は、これらの寝坊したときの謝り方を参考にしてみて下さいね。

関連コラム