事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年11月30日(金) 更新

夫が転職したいと言った際に妻がすべき助言・アドバイス

夫が転職したいと言ってきたときに妻としてできることは?

夫(旦那)が転職したいと聞くと、妻はどうしても不安になります。転職先がすぐに見つかるかは未定で、家のローンや生活費の問題に直面するためです。
しかし、家庭の問題として妻は夫をしっかりとサポートしなければいけません。不安な気持ちはあるでしょうが、的確な意見をアドバイスするのが妻の役割です。まずは、なぜ夫が仕事を変えたいと思ったのかを聞き出しましょう。

まずはしっかり転職理由を聞こう

妻としてまずやるべきは、夫の転職を真っ向から否定せずに、その理由をしっかりと聞くことです。夫の転職で不安に感じる理由が給与アップや自分で事業を始めるための準備など、前向きな理由の場合は妻として応援すべきかもしれません。
逆に、仕事が辛かったり、漠然とした将来への不安だったりする場合は、的確なアドバイスをして考え直させる必要があります。

転職したい理由に沿って、納得のできる回答を

ですから、妻が転職をしてほしくないと切に願えば、夫はもう少し踏みとどまってくれるかもしれません。しかし、仕事を変えたいという気持ちが消えたわけではないので、またいつ転職したいと言うか分からないという現実は変わっていないのです。きちんと転職したい理由に対して、本当にそれがしたいのか、新しい仕事に対してどれだけ情熱を傾けているのか、を確認しないと、ただ、頭ごなしに否定するだけではまた同じことになってしまいます。

転職に成功する実力があるか一緒に確かめるのも効果的

夫が転職したいと言ってきても、そもそも成功するかどうか不安でしょう。そのため、自分(夫)の実力にあった企業を目指して、転職活動を進めるほうがリスクは低くなります。そこで、あなたに勧めてもらいたいのが、診断サービスの利用です。

診断サービスの中でもオススメなのが、「doda合格診断」です。あなた(夫)の経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれます。転職を完全に決意していなくても問題ありませんので、腕試しがてら気軽に診断してみるよう勧めてみてください!

夫の転職にはリスクが多い点を理解して支えよう

夫(旦那)が転職したい理由を確認したところで、次に妻としてできるのは、転職のリスクの説明です。一般的に35歳以上の転職は大変厳しいものとされており、スキルや経験がなければより良い条件の企業への転職は難しいのが現状です。
そして、生活費の問題もあります。夫が転職に成功するまでは家計の収入が一気に落ち込んでしまうためです。

年齢制限で転職活動が上手くいかない

夫(旦那)の転職先の条件で、最初にぶつかる壁が求人の年齢制限です。ある程度の年齢を迎えると、企業からは即戦力としての活躍が望まれます。そのため、夫が転職したいと思っても、思い通りにならない可能性が高いです。
35歳以上になると、中々求人が見つかりません。経験の活かせる同業他社への転職なら可能性がありますが、まったくの異業種への転職となると、非常に厳しいです。
年齢を理由に転職活動が上手くいかない場合は、妻として次へのチャレンジを支えていきましょう。

転職活動中に無職になると収入が途絶えてしまう

夫(旦那)の転職で最も不安な点は、生活費の問題です。夫の収入が主な家庭の場合、転職によって一時的に無職になれば、収入が途絶えるか、少なくなってしまいます。そのため、ある程度の貯金をしておくなど、夫が失業保険を受給できるまでの期間の生活費を確保する必要があります。
家のローンの支払いや子供の習い事にかかるお金など、必要な金額をあらかじめ把握しておく必要があります。

夫には働きながら転職活動をしてもらおう

転職したいと思っても、すぐに決まるものではありません。どうしても、年齢も35歳を過ぎると転職が難しくなってきます。上記で説明したように、夫の転職活動におけるリスクを回避するためにも、すぐに仕事を辞めてしまうのはあまり良くありません。妻も仕事を辞めてしまうと、夫の転職による不安はどんどん大きくなっていくのは明確です。ですから、出来ることなら、夫(旦那)の転職活動は仕事を辞めずに行いましょう。精神的にも不安を取り除ければ、転職を成功に導くコツです。

妻からのアドバイス①:夕方や土日に面接してくれる企業を勧める

平日に働きながらの転職活動は面接などの日程が合わず、大変です。そのため、有給休暇を使って面接にいくなどの工夫が必要です。もしくは、平日の定時以降や土日にも面接を行っている企業を探す方法もあります。
夫(旦那)の転職先として魅力的であれば、働いて収入を確保しながら転職活動を成功に導きましょう。

妻からのアドバイス②:会社都合の退職にはメリットとデメリットを天秤にかける

しかし、仕事がどうしても休めないという社会人は多く、なかなか転職活動をしながら仕事をすることが難しい人がほとんどです。
もし、会社側の労働環境の問題や、給与の遅配などが起きている場合は、夫(旦那)にはなるべく会社都合になるように仕事を辞めてもらいましょう。失業手当を退職後すぐに受給できるメリットがあります。
しかし、会社都合の退職は能力不足や社内の規律を乱した場合などにも適用されるため、履歴書や面接の段階であまり良くないイメージを与えてしまう場合があるため、注意が必要です。

妻からのアドバイス③:転職エージェントに相談してもらう

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、転職活動をトータルでサポートしてくれます!企業探しから面接対策など、細かいサポートを手厚くしてくれますので、安心して転職活動を進めていけます
利用も無料でメリットしかありませんので、ぜひ夫に勧めてみてください!

十分な理解の上での転職ならお互いに支え合って成功へ導こう

結婚生活は仕事で収入を得なければ成立しません。仕事をしないで家庭が円満になるということはまずありえないためです。夫(旦那)が転職したいという気持ちが、今よりも収入を得て、家庭を豊かにしたいという想いからだった場合、妻として精一杯支えていく必要があるでしょう。夫の転職による不安を取り除き、成功へと導くのは妻の支えです。

話し合いを十分にしたあと妻は夫の転職成功を信じよう

夫(旦那)が転職したいと言った場合、妻は夫を信じることが大切です。夫が今の仕事にやりがいを持っていないと感じることは、妻にとっても毎日が辛いでしょう。夫の転職が不安なら、妻は夫をしっかりと応援して、サポートしてあげることが大切です。そして、夫が転職で成功する一番の秘訣といえます。妻の応援は夫のやる気を一番引き出させ、成功へ導けると言って過言ではありません。

妻は夫の転職を成功させるためにリスクを考えながらも的確なアドバイスをおくろう

夫(旦那)が転職したいと言ったとき、妻は生活への不安もあって対応に困るものです。しかし、夫側から妻に転職したいという時には、相当に思い込んでいます。妻がそこですべきことは、夫の転職を応援し、成功させることです。夫には収入面のリスクを考えて働きながら行ってもらうなど、成功するまで共に支えていきましょう。

また、利用が無料でメリットしかない、診断サービスやエージェントサービスがオススメですので、ぜひ頼ってみてくださいね!

関連コラム