2019年08月07日(水) 更新

退職所得の受給に関する申告書の記入例・提出の注意点

退職所得の受給に関する申告書の記入例はweb上で参考にできる

退職所得の受給に関する申告書の記入例はweb上にあるものを参考に出来ます。もちろん、退職する時にはweb上を閲覧して退職所得の受給に関する申告書の内容を押さえておくと便利です。退職所得の受給に関する申告書の記入例を参考にしながら書くと受給するのがいつなのかなどの知識を深める事が出来るのも良い点です。

退職所得の受給に関する申告書は退職するとき提出を求められる

退職所得の受給に関する申告書を利用した上で転職活動などに提出するとき役立てると共に退職手当や一時恩給などもその一つに入ると踏まえましょう。退職をする時に必ず提出が求められるものとなっています。したがって、退職所得の受給に関する申告書の提出は会社を退職する都度必要であると覚えておくと有効です。記入例を参考にしつつ間違った場合は二重線で取り消し、訂正印をおして書き直すことを念頭に、具体的な内容についてご紹介します。

退職所得の受給に関する申告書の提出は退職金の支払いに必要となる

退職所得の受給に関する申告書の提出は退職金の支払いに必要となる書類となっています。また退職所得の受給に関する申告書の記入例は以下の通りになります。
・会社から退職金がある場合は雇用形態変更日の前日となります。
・会社からの退職金がない人の場合は資格喪失日などを記載します。

退職所得の受給に関する申告書の記入例を無視すると20.48%が課税対象となる

上記を意識していない事や退職所得の受給に関する申告書の記入例を無視して提出すると、退職所得の一時金の20.48%を支払う事になります。そのため、記入例を参考にせずに提出すると課税額が高くなると覚えておきましょう。又、退職を考えている最中に記入例を事前に見ておく事も後に役立つので、提出するときは注意しましょう。

退職所得の受給に関する申告書の印鑑は鮮明にする

退職所得の受給に関する申告書の記入例を見ると、印鑑をしっかりと鮮明に押して提出すべきだとわかります。これは退職所得の受給に関する申告書に対して本人がきちんと提出した証拠にもなるので、不鮮明な場合には余白へ押す事が基本です。又、記入例を参考にすると、退職所得の受給に関する申告書に関して、シャチハタ、欠け印、二重押しは厳禁だと言う事も知っておきたい事です。

退職所得の受給に関する申告書の現住所は住民票登録住所を記載することが大切

退職所得の受給に関する申告書に記載する現住所に関しては住民票登録住所を記載して提出しましょう。記入例にもその様に書かれているので、ここは注意点となっています。加えて、グループ会社などに転籍した場合などに退職金の給付があった場合には、これの記入漏れに注意しておく事が大事となります。

退職所得の受給に関する申告書の記入例を参考にして日付を意識し印鑑や現住所に注意する

以上より、退職所得の受給に関する申告書の記入例・提出の注意点をご紹介します。退職所得の受給に関する申告書の記入例はweb上で閲覧する事が可能です。もちろん、記入例を意識しながら書くと印漏れなどを防げます。又、退職所得の受給に関する申告書は住民票登録住所を書く事が基本であり、印鑑は不鮮明なものは厳禁となっています。そして、前の会社などで退職金を受け取った事がある人は記入漏れに注意をして、提出しましょう。退職する時には注意点を思い出して提出しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム