事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

総務事務に採用されるために知っておきたい志望動機の書き方と例文3つ

志望動機に活かせる総務事務の業務内容・適性・スキルとは?

総務は会社全般の事務を行う職務です。転職を考えるうえで事務や総務という仕事に興味をもつ人も多いと思いますが、転職を考えるにあたって志望動機を作成しなければなりません。転職は新卒よりも志望動機に内容と具体性が重視される傾向にあります。今回は、総務の仕事に就きたい場合の志望動機の書き方と例文について紹介していきますが、まずはこの「総務」という仕事をする上での適性やスキル、それからやりがいや専門性について知っておきましょう。
志望動機を書く上で総務事務の仕事について詳しく知っておくのは重要になってきますし、転職を考えるにあたっても具体的に事務・総務という仕事についての知識は必要です。

未経験なら総務事務の忙しさを知っておこう

年間を通じて雑多な業務を日々行う仕事が多いのが「総務」です。したがって、あちこちの社員や部署から仕事を頼まれそれをこなしていかなければなりません。また、顧客、株主、関連業者との連絡などもあり、コミュニケーション能力、特にホスピタリティ、文書作成、交渉などの能力が確実に総務には必要になるでしょう。いろいろな、書類面を中心に対応しながら複数業務を漏れなく遅延なく進めなくてはいけませんので、業務管理やスケジュール管理のスキルも重要で、とにかく何かと忙しい職種です。

未経験なら総務事務の業務内容を知っておこう

総務が担う業務内容には以下のようなものがあります。

■社内の備品、什器、機器の発注や管理(文房具、机や椅子、PCなど)
■施設建物管理(社屋や店舗、オフィス管理)
■社内環境整備(レイアウト、ネットワーク、電気などの配線)
■防災防犯対策(個人情報保護、防火、地震)
■社内行事(株主総会、会議、社員旅行)
■文書管理(通達、契約書、社内規則)
■労務管理(勤怠管理、給与計算、慶弔、各種手続き)
■対外事項(受付、来客応対、慶弔見舞、年賀&暑中見舞)

会社全体に関わる仕事が多く、全ての部署が総務によって支えられているといっても良いでしょう。

転職の志望動機で役立つ!総務事務の適性とは

では、次は総務という仕事に合っている人間性について触れていきましょう。これは志望動機にも盛り込みたいところですのでしっかり確認しておいてください。総務は他人と接することが得意または好きな方が向いている業務です。
また、派手な仕事ではありませんので、地味でもコツコツと仕事を進めていける人がいいでしょう。その他にも、人の役に立つような仕事をしたいというような、縁の下の力持ち的性格が総務には必要です。

総務事務への適性があるか診断してみるのもアリ

総務事務に向いている人の特徴が分かりましたね。業務内容を理解し、自分に適性があると思ったら転職してみてはいかがででしょうか?しかし、総務事務は人気な職種ですので、簡単に転職が成功するわけではありません。

そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

未経験から転職して総務事務として働きたい!志望動機の書き方とポイント

上記では、未経験の人が志望動機を書くうえで必要な総務の適性やスキルについて、見てきました。次は総務での志望動機の書き方とポイントに関して紹介していきたいと思います。
志望動機を書くにあたっては魅力的に仕上げるコツがあります。転職をするにあたって、誰もが何かしらの志望動機をもっていると思いますが、その志望動機を上手に書かなければ面接官には伝わりません。事務や総務という仕事柄、丁寧な文章構成も求められます。ここで、転職で未経験から総務や事務を考えた際の志望動機の書き方を確認しておきましょう。

まずは企業が総務事務に求める人物像をつかむ

志望動機を書く上で企業には必ず求める人材がいますので、その企業が求める人物像を掴んで、そこにマッチする経験や能力を自分の業務経験から探すことが大事になります。そこで、企業にあった具体的なエピソードを盛り込んでいってください。未経験なら、意欲が評価される部分も大きいので、志望動機をじっくり考えていきましょう。

事務職に強い転職エージェントで転職成功率アップ

事務職への転職成功率を少しでも上げたければ、ぜひ転職エージェントを利用してください。中でもオススメなのが「アデコ」。元々アデコは人材派遣をメインとした会社であるため、事務系の職種との繋がりが強いのです。事務職への転職を希望するなら、まずはアデコに登録しておきましょう。

未経験なら資格や前向きな姿勢を志望動機でしっかりとアピール

総務での志望動機では自分の活かせる資格や仕事に対しての前向きな姿勢をアピールしましょう。取得資格や自己啓発などのアピールにおいて、現在勉強中であるとか資格試験を受験しているというような記載でも、積極的に動いていることが伝わり好感度アップにつながりますので、志望動機で惜しむ事なく披露します。

未経験から転職して総務事務になりたい!今すぐ使える志望動機例文

志望動機の書き方例文:やる気と前向きな気持ちを印象づける

例文

前職では、総務の仕事以外にも社会保険の手続きなど、経理関係の仕事も担当していました。経理のスペシャリストを目指したいと考えたときに、業界のトップを目指している貴社の姿勢に魅力を感じ志望いたしました。
男女問わず実力で評価していただける貴社で、さらに専門的なスキルや知識を身につけながら、積極的に活躍していきたいと考えております。

総務事務の志望動機作成で困ったらエージェントに相談

総務事務の志望動機作成ですが、普通に作ってしまっては、他の応募者と何ら変わりのないものになってしまいます。自分だけのストロングポイントをアピールして差別化をしたいのですが、ここでつまづく人が多いです。そんな時は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントの中でも「リクルートエージェント」がおすすめです!業界No.1の求人数と成功実績があり、総務事務志望者を企業としっかり結び付けています。志望動機作成のアドバイスや添削など、細かいところまでサポートしてくれますよ!

未経験で総務事務に転職する時は実務に役立つ体験をアピールした志望動機を書こう

本ページでは、総務の仕事内容と、総務事務に転職するための志望動機の書き方と例文を見てきました。総務は社員へのきめ細やかなサポートに加え、総括的な事務作業、人事計画、財務判断の能力も求められます。転職だからこそ活かせる能力をアピールして魅力的な志望動機に仕上げてください。今回紹介した志望動機のポイントを確認しつつ、例文を参考にしていただければ幸いです。

また、転職エージェントに相談して、志望動機をブラッシュアップするのも大変効果的です!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム