2016年11月29日(火) 更新

接待とは?より良い仕事をするために知っておくべきコト

1)接待とは仕事をする相手との仲を深める潤滑油

接待とは、仕事をより円滑に進めるために欠かせません。それは接待をする事によって、会社も違って普段会わない相手の気持ちに寄り添うことができるからです。単に、仕事の時間だけの間柄だけでもいいのですが、接待をする中で相手の人の心の中により深く入っていく事ができるのです。接待とは会社の垣根を越えて仕事をする相手との仲を深める、大切な潤滑油のような意味があると言えるでしょう。

接待を軽んじると会社の仕事に悪影響が出る

接待とは、その後の仕事に必ず影響を与えるものです。なので接待とは仕事をするうえで欠かせない、かつ軽んじてはならないものなのです。失礼があれば、あなたの会社に迷惑がかかるのです。接待も大事な仕事であると認識して、相手がどのような人柄であるのか等も知り、会社に戻ったあとの仕事に活かすのです。接待とはあくまで会社での仕事をより円滑に行う目的があると心得ましょう。

2)接待とは会社を代表して行うもの

接待とは、他にもさまざまな意味があります。まず接待とは自分一人が相手を接待するのではなく、会社を代表して行うものです。そのため接待をするその人自体が、会社に属している自覚を持つ必要があります。会社の代表として接待していると言う意味を忘れないようにしましょう。

会社と仕事を意識することでより良い接待ができる

会社を背負っていると認識することにより、失礼の無いよう、自然と相手の気持ちを考えながら行動できるようになります。目の前の接待相手だけでなく、会社で共に仕事をする人たちの気持ちを汲むことも重要です。接待とは、自分が仕事をする会社の人達のために行う意味もあるのです。

3)接待とは会社の上司と連携して計画するもの

接待とは、自分一人で行うものではありません。必ず接待の内容等について、その都度上司に報告・相談・連絡を行いましょう。接待とは上司と連携して行うものであり、一人で行うと意味がありません。むしろ危険性が高いでしょう。一人で行動してしまうと、後々失敗を招くことになり、最悪の場合は仕事や会社に悪影響がでてしまう可能性があります。必ず会社の上司と連携して接待するようにしましょう。

上司の意見を参考に軌道修正を重ねる

上司の意見を聞くと、その都度アドバイスをもらうことができ、後悔のない接待を行えるでしょう。些細な出来事でも、上司に報告をしながら計画を進めるというのが重要な意味を持つのです。接待の前日や当日になって慌てないように、計画段階から上司の意見を仰ぎ、ときには軌道修正をするようにしましょう。

接待とは一緒に仕事を進めていく人の仲を深めるために行うもの

接待とは、相手の格に応じて行うものです。例えば、もしも相手が重役であれば、こちらの会社からも重役クラスを揃えることが必要となります。また接待する場所も、相手の人の格によって失礼のないようにセッティングします。

しかし相手の立場や役職だけで判断せず、あくまでも相手の人の好みを重要視しながらセッティングするようにしましょう。接待とは、あくまでも一緒に仕事をする人の仲を深めるために行う意味があります。今回紹介した接待の意味と、仕事を進めていくコツを参考にしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム