2017年01月16日(月) 更新

飲み会で30代女性が着たらアウトなNG服装3つ

NGな服装①:丈の短いワンピ―スやスカート

30代女性が会社の飲み会に参加する際には、丈の短い服装は避けるのがマナーです。30代女性ともなるとそれなりに落ち着きを求められるものです。そこで露出度の高い丈の短いスカートやワンピースを着ていくと、30代女性として華がありすぎる恐れがあります。

30代女性はマナーに厳しくないといけない

そもそも会社の飲み会でそういう服装がふさわしくないということもありますが、20代なら飲み会でまだ許されたでしょう。しかし30代女性ともなるとマナーにも厳しくなり、飲み会でも相応しくないとされています。なるべく綺麗目なパンツスタイルで行くようにするのが、30代女性の会社の飲み会での服装としては適切でしょう。

NGな服装②:透け感のある素材

透け感のある素材の服装というのは、30代女性が会社の飲み会で着る服装としては適切ではありません。特に飲み会では、透ける素材というのは男性にとってはすごくセクシーに見えるものです。20代であればそのセクシーさもあまりいやらしくは見えませんが、30代女性ともなると、飲み会でそれが妙に色気が出てしまうものなのです。

飲み会ではあまり肌を露出しない

飲み会で会社の仲間のことをそのようにいやらしい目でみたくはないという方も多いでしょうから、なるべくそうした透け感のある素材は避けるのがマナーとなります。素材感でそうして肌を見せるのすらあまりふさわしくないのですから、タンクトップなどの明らかに露出が激しい服装もNGとなるということもあわせて覚えておくと良いでしょう。

NGな服装③:淡いカラーリングやフリル

30代ともなると、あまり愛くるしい服装が似合わなくなるものです。もちろんみんながみんなそうだというわけではないですが、会社の飲み会には20代の若い女性もたくさんいることでしょうから、どうしてもそういう方たちと比べられてしまいます。30代の女性は飲み会ではそうしたブリブリした若者向けの服装よりも、シンプルで上質な服装の方が似合って見えるものですし、若者向けの服装を着てイタいと思われたらマナー違反となります。

アースカラーやシンプルな服装がおすすめ

そうならないために、淡いカラーリングやフリルやレース等が過剰なものは避け、アースカラーや白や黒等のシンプルなカラーリングの服装を選ぶようにすると良いでしょう。会社の飲み会では、大人っぽく年相応に見せることがマナーだと意識して、30代女性の美しさを引き立てるようなシンプルで上質な服装を選ぶようにしていってください。

30代女性の服装マナーは厳しくなるため飲み会ではシンプルな服装がオススメ

以上、30代女性の会社の飲み会での服装のマナーのご紹介でした。簡単にまとめると年相応のTPOにあった服装で行くとことが大切になりますね。プライベーチで好きな服を着るのは一向に構いません。それには年齢なんて関係ないですし、いつまでも好きな服を自由に着ていた方が生き生きして素敵に見えるでしょう。でも会社の飲み会ではそうはいきません。会社の飲み会は仕事の一部ですから、30代女性らしい品格ある服装で、マナーよく過ごす必要があるのです。仕事なのであれば、我慢するしかないですよね。そう思ってTPOにあった年相応の服装をしていくようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム