2016年11月29日(火) 更新

ビジネスメールで送るのに適切な新年の挨拶【社内外別】

新年の挨拶ビジネスメール:顧客や取引先に送る場合

顧客や取引先など社外の人に送る新年の挨拶用のビジネスメールの文例を紹介します。
宛先には「お取引様各位」と書くこともあります。メールの件名は新年の挨拶であることがわかるようにつけましょう。相手の確認漏れがないように重要な案件を新年の挨拶メールの件名のまま一緒に記載することはやめましょう。

ビジネスの用件と区別できる件名にしよう

【挨拶メール例文】

■件名
○○株式会社 ○○より 新年のご挨拶

■本文
○○株式会社○○様 
新年あけましておめでとうございます。
昨年は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。
平成○○年 元旦

新年の挨拶ビジネスメール:社内に送る場合

同僚やスタッフなど社内に送るビジネスメールの文例を紹介します。
社内に送るビジネスメールでは、新年の挨拶だけでなく、あなたの今年にかける意気込みや指導そして協力のお願いを盛り込んでおきましょう。一緒に仕事をする仲間でもあるので、互いのやる気などを伝えることにより、より良い一年のスタートがきれるでしょう。

去年の感謝や今後の意気込みを一緒に伝えると好印象

【挨拶メール例文】

■件名
営業部営業課 ○○より 新年のご挨拶

■本文
営業部営業課 ○○様 
新年あけましておめでとうございます。
年末年始はゆっくりご静養されたことと存じます。
昨年は鈴木様には大変お世話になりました。
特に、私が担当しました○○プロジェクトにおいては、○○様のご助言、ご協力のおかげで、無事リリースへとつなげることができました。深く感謝しております。
引き続き、プロジェクトの発展のために邁進していきたいと思います。
本年も変わらぬご指導、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

新年の挨拶ビジネスメール:挨拶と仕事用件を送る場合

新年の挨拶と一緒に、ビジネス上の用件もメールに書くときの、ビジネスメールの文例を紹介します。
新年の挨拶とビジネス上の用件を一通のビジネスメールで送るときには、件名で新年の挨拶だけではないことがわかるようにしておきましょう。相手に新年の挨拶だけだと思われれば、読むのを後回しにされることがありますこのビジネスメールでは、新年の挨拶とビジネス上の用件を分けて書きましょう。間に空行を入れるとわかりやすいメールになります。

件名に用件の2点を盛り込むとわかりやすい

【挨拶メール例文】

■件名
○○株式会社 ○○より 新年のご挨拶と資料提出のお願い

■本文
○○株式会社 ○○様 あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。弊社は本日が仕事始めです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

早速ですが、年末に依頼しました資料の提出をお願いします。
年明けでお忙しい中大変恐縮ですが、○月○日までに提出してください。
それではよろしくお願いします。

ビジネスメールで新年の挨拶として適切な文面を送って幸先の良いスタートをきろう

ビジネスメールで送るのに適切な新年の挨拶を、社内外別に紹介しました。
新年の挨拶をメールで送るときの参考にしてください。これらのビジネスメールは特に取引先や顧客に送るときは、送るタイミングが大切です。仕事始めの前日には送るようにしましょう。相手が仕事始めにメールボックスを見たときに、届いているというのがベストです。新年の挨拶は気持ちの良いビジネスメールでスタートをきりましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム