2016年11月29日(火) 更新

ビジネスメールに適切な文頭の書き方と挨拶文例

ビジネスメールの文頭は時候の挨拶や前置きは必要ない

ビジネスメールの文頭では、手紙のように時候の挨拶や長い前置きは必要ありません。省略するのが一般的です。ビジネスメールの文頭では、まず宛先を書きます。
宛先は「相手の氏名・会社名・部署名」を書いておきましょう。メールの本文は宛先の下から始めます。

文頭に一言短い挨拶を入れる

時候の挨拶は不要ですが、自分の名前を名乗っていきなり要件に入っては、いかにもビジネスライクなメールになってしまうので、一言、短い挨拶を入れておきましょう。
「いつもお世話になっております。○○株式会社の田中です」というように書くのが基本ですが、挨拶は、メールの用件によって使いわけるのがオススメです。挨拶の後には用件に入る前に、自分の氏名や会社名を名乗るのがビジネスマナーです。

汎用性の高い文頭の挨拶は「いつもお世話になっています」

ビジネスメールの文頭の挨拶の文例を紹介します。メールの用件に関わらず、いつでも使える汎用性の高い挨拶は以下の挨拶です。

・いつもお世話になっています。
・いつもお引き立ていただき誠にありがとうございます。
・平素は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。

ビジネスメールの文頭の挨拶は相手に合わせて使い分ける

次に顧客や利用者に送るビジネスメールの文頭の挨拶を紹介します。

・いつもご利用いただきありがとうございます。
・いつも弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。
・日頃より弊社製品をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
・格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

ビジネスメールでは送る相手に合わせて、適切な文頭の挨拶を使いましょう。

久しぶりの相手には文頭へご無沙汰していますの一言を入れる

メールの用件に合わせたビジネスメールの文頭の挨拶を紹介します。一つ目は、久しぶりにコンタクトをとる相手に送るメールの文頭です。たとえば、しばらく取引のなかった会社や久しぶりに仕事を依頼する相手にメールを送るときには、「ご無沙汰しています。○○株式会社の田中です。」というように文頭を書きます。
仕事の依頼や問い合わせのメールの返信がきたときには、「早速のご連絡ありがとうございます。」あるいは「ご連絡いただきありがとうございます。」とします。

ビジネスメールでは謝罪やお礼は文頭に書くのがマナー

反対にあなたの返信が遅くなってしまったときには、「ご連絡が遅くなり、大変申し訳ございません。」と文頭で謝罪します。ビジネスメールでは、謝罪やお礼は、文頭に書いておくのが礼儀です。なので、お礼があるときには、「先日はありがとうございました。」と文頭に書きます。

ビジネスメールでは挨拶・お礼・謝罪を文頭に書く!相手と状況に合わせて使い分けよう

ビジネスメールに適切な文頭の書き方と、挨拶の文例について説明しました。
ビジネスメールでは、用件を簡潔にわかりやすく書くのが基本ですが、用件だけではいかにも無粋なメールになってしまいます。メールの用件に合わせて、文頭に上記のような短い挨拶を入れておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム