2016年11月29日(火) 更新

ビジネスメールで使う「こちらこそ」の注意点

ビジネスメールでの「こちらこそ」は感謝の言葉が続くことが多い

ビジネスメールで「こちらこそ」という言葉を使う時には大抵、「ありがとうございます」などの感謝の言葉や「よろしくお願いいたします」という言葉が続きます。ビジネスメールにおける「こちらこそ~」という言い方は、先方が先に感謝や「よろしくお願いします」を伝えてきた為に、「こちらこそ」という言葉を使って、「感謝の気持ちはこちらのほうがずっと強い」という事を表現しています。

自分の気持ちの方がずっと大きい事を表現する言葉が「こちらこそ」

「こちらこそ」という言葉のうち、「こそ」というのは「それを取り立てて、強く支持する意を表す」という用法の係助詞なので、「こちらこそ」という言葉をつける事によって、自分の気持ちの方がずっと大きい事を表現する事ができるのです。

ビジネスメールに「こちらこそ」を使うと「○○していただき」を省略している点が失礼になる

上記のように、ビジネスメールにおける「こちらこそありがとうございます。」という言い方自体は、ごく一般的な言い回しなのですが、人によっては、失礼だと思う方がいます。その理由をここでは説明します。「こちらこそ」が失礼になる理由は二つあります。一つ目の理由は「こちらこそ」という言葉を使う事によって、「○○していただき」という部分を書くのを省略している為です。

ビジネスメールでは失礼にならないように「○○していただき」も書く

「こちらこそありがとうございます。」という言い方をするときは、先に相手が感謝の内容を示したうえで、自分自身は、それにのっかる形をとっているので、感謝の内容を省略して表現している事になるのです。なので、ビジネスメールで「こちらこそ」を使っても失礼にならない為には、「こちらこそ○○していただき、ありがとうございます。」というように、感謝の内容を省略せずに書きます。

ビジネスメールで「こちらこそ」を使うと相手の感謝を当然のように否定しない点が失礼になる

ビジネスメールで「こちらこそ」が失礼になる理由の二つ目は、相手の感謝を否定せず、当然の事として受け取っている為です。「こちらこそありがとうございます。」は、その前に相手から感謝の言葉を受け取った上で、書く言い回しです。この事により、「相手の感謝を当然のこととして受け取った=傲慢、失礼である」という考え方ができるのです。

ビジネスメールでは「とんでもございません」を「こちらこそ」の前に書く

なので、ビジネスメールでこの問題を解決する為には、「こちらこそありがとうございます。」を書く前に、「とんでもございません。」などの言葉を使って、相手の感謝を一旦否定しておくとよいです。つまり、「こちらこそ」をビジネスメールで使う時には、まず相手からの感謝を否定し、その上で感謝の内容を省略せずに書く事がポイントです。

ビジネスメールで「こちらこそ」を使う場合は失礼に当たらないように言葉の省略に注意しよう

以上が、ビジネスメールで「こちらこそ」を使う時の注意点についてです。上記のように、「こちらこそ」という言葉は使い勝手がよい反面、人によっては不快感を覚える可能性のある言葉です。「こちらこそ」という言葉を使う時には、相手に不快感を与える文章になっていないかを、よく確認しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム