2016年11月29日(火) 更新

優秀な部下の扱い方

自分より優秀な部下がいる上司の立場

こちらが何も言わなくても積極的に仕事をこなす、与えられた以上の結果を出す。
上司の立場としては、自分より優秀な部下は頼もしい存在である事でしょう。
そんな部下に対して仕事を振る時は、細心の注意が必要です。
社内では頼れる存在ですから、調和を乱さないように気をつけましょう。優秀な部下は、社内も一目置かれている存在でしょう。
中間管理職の立場としては気を遣うところですが、適切な指示の仕方をすれば戦力になってくれる事は確実です。

有能な人間を潰してしまわないように注意

「優秀な部下が入ってくれたら、戦力になる。優秀な部下が入ってきてくれて、頼もしい」と、余裕があればいいですが、自分よりも有能な人間を、潰してしまったり遠ざけようとしてしまうものですので、気を付けましょう。

扱いにくい有能な部下はコントロールも難しい

何も言わなくても仕事をこなして結果を出してくる優秀な部下に対して、コントロールするのが難しい、扱い方に扱い方に困ると感じている上司もいます。しかし、上手に仕事を振る事ができればチームとしての業績がUPする可能性は上がります。大切なのは、優秀な部下のプライドを傷つけずに仕事を振る事です。

手のかかる存在になる場合もある

優秀な部下は、時には手のかかる存在となってしまうこともあります。そのため、扱い方に困るといった事が起こるのです。また有能な故に、自分達の技術の高さを自覚しており、その自尊心は自らの知識に裏打ちされているからです。
また、管理職の人間は、最も高額な給与を受け取る専門家たちが他のメンバーとうまく連携し、作業が滞りなく進むように、扱い方には注意が必要です。

時には上司が部下をたてることも必要

頭ごなしに上から指示をするだけでは、有能な部下のプライドを傷つけてしまいます。かと言って放置しているだけでは、自分の抱える仕事に追われる羽目になってしまいます。
そうならない為には、彼らの自由なスタンスで任せつつ仕事を振るといった扱い方がいいのです。時には上司が部下をたてる事も必要です。

優秀な部下に仕事を依頼する時の適切な方法とは

有能な部下に仕事を任せる時は、基本的には「自由にやっていい。責任は俺が持つから」というスタンスで仕事を振る事です。
部下にとって、責任を持ってくれるから自由にやっていいというのは、言われて非常に嬉しい言葉の一つです。彼らは当然ながら仕事ができる存在ですから、予想以上の結果を出してくれます。

仕事の手段や方法を指定せず、結果だけを待とう

仕事の手段や方法までこちらが指定してしまうと、部下の持っている才能を引き出してあげる事ができなくなってしまいます。優秀な部下の事を信頼して、結果だけを待ちましょう。
また、誠実な態度で接したり、相手の話をしっかりと聞くことも大切です。
そして、なるべくたくさん接する機会を持ち、相手を大切に思う気持ちを忘れないようにしましょう。

基本的には有能な部下は自由なスタンスでやらせるのが良い

良い部下というものは上司が育成しなくとも、自分でぐんぐん成長してくるものです。逆に上司は、部下を育てるどころか、優秀な部下から自分が育てられることのほうが多くなります。
彼らは仕事ができるだけに、指示される事を嫌う傾向にあります。褒められて伸びるタイプでもなく、叱られて伸びるタイプでもなく、放任主義がもっとも向いているという事を覚えておきましょう。

自分より優秀な部下は、仕事を自由にやらせるなどの扱い方がいい!

いかがでしょうか。自分より仕事のできる優秀な部下の扱い方は難しいものですが、上手に仕事を振る事によって強大な戦力になってくれます。
日頃からのコミュニケーションを大切にし、チームのエースとして自由に動いてもらう事を心がけ、円滑な職場作りを心がけていきましょう。
有能な彼らを縛り付けてしまっては、持っている能力を存分に生かす事はできません。自由なスタンスを持たせつつ仕事を任せるという事を念頭に置いておきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

関連コラム