事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年07月05日(水) 更新

ハローワークの紹介状がある面接を辞退する時の連絡方法とリスク

ハローワークからもらえる紹介状とは?

ハローワークに登録して、求職活動をすると「紹介状」というものがもらえます。これは、受ける企業の選考方法や面接予定日などが書かれた書類となり、求職者とハローワーク職員の方が、”どの企業を受けるのか”を把握しやすくするものです。また企業側にも同じものが送付されるので、企業が求職者の本人確認を正確にするという役割もあります。

気になるハローワークの紹介状のもらい方

ハローワークから紹介状をもらうのはそこまで難しくありません。ハローワークに行くとパソコン端末があるので、それを使って自分の希望に合うする職場を探します。その後、気になる企業が見つかったら求人票を印刷し、それをハローワーク職員の方に渡します。応募先の会社の募集要項に合っているかをハローワーク職員の方が確認し、マッチしていることが確認出来たらめでたく紹介状をもらうことができるのです。

ハローワークから紹介状がある面接を辞退しても大丈夫?

ハローワークから紹介状をもらった企業の面接を辞退・キャンセルする時の方法を紹介する前に、まずはそもそもハローワークから紹介してもらった企業の面接を辞退したいしてもいいのかという問題に関して見ていきましょう。

紹介状があっても面接をキャンセルしていい

この企業に応募したいと思って、ハローワークから紹介状をもらったけれど、考え直して応募をキャンセルしたくなった、というのはよくあることで、辞退するのは問題ないようです。
もちろん、安易にハロワから応募してやっぱりやめた、というのはマナー違反ですが、きちんとした理由があれば紹介状をもらっていても書類選考や面接を辞退しても問題ありません。

紹介状の面接を辞退する事に問題はないですが…

ハローワークからの紹介で面接辞退するのは特に問題はありません。 ただし、「この人はこの企業への紹介を辞退した」という情報はハローワーク側に残ってしまいますので、その点はしっかりと理解しておきましょう。紹介状を何社分ももらっているのにことごとく面接辞退している、といった情報が残ってしまうと、紹介状を発行されにくくなってしまいます。 ただ、ハローワーク紹介状の辞退理由をきちんと伝えれば、普通に別の紹介状を発行してもらえますので、紹介状を受けた会社の選考を辞退したい場合には正直に伝えましょう。

紹介状がある面接を辞退する時はハローワークにかならず連絡

ハローワークからの紹介状がある面接を辞退・キャンセルしても問題ありませんが、ハローワークからの紹介状きっかけの面接を辞退する時は連絡が必要です。
紹介状を発行したハローワークに何の連絡もせず面接をキャンセルしてしまうと、後々ハローワーク側から要注意人物とマークされてしまうかもしれません。ハローワークでもらった紹介状からの面接を辞退したい場合には、必ずハローワークに連絡しておきましょう。

紹介状がある面接を辞退する時は簡単な説明も加える

ハローワークからの紹介状がある面接を辞退するときは、辞退理由を詳しく伝える必要はありません。「勝手な自己都合で申し訳ありません。このたびは書類選考を辞退させて頂きます。」くらいの返答で問題ないようです。 ただし、何度も紹介状をもらったあとに面接を辞退していると、なぜ毎回キャンセルするのかハロワから詳しく理由を聞かれる可能性はあります。

自分で面接辞退の連絡を企業にしなければいけない場合もある

ハローワークの紹介状を辞退する時に気をつけなくてはいけないケースがあります。
それは企業側にハローワークが連絡をしている場合です。
この場合はハローワークだけでなく、自分で応募企業に連絡しなくてはいけませんので、気をつけておきましょう。

ハロワで企業に電話をしてもらった上で紹介状を発行されたら連絡が必要

ハローワーク職員に企業に電話をしてもらった上で紹介状を発行してもらった場合は自分で面セルキャンセルの連絡する必要があります。
その場合、企業に電話はもちろんの事、ハローワークの担当者にも紹介状辞退の電話連絡をしておく必要がりますので、しっかりと連絡をいれておきましょう。

紹介状がある選考の辞退連絡は丁寧な口調で

たとえ仕方のない選考キャンセルや面接辞退であっても、企業やハローワークの担当者は面接の時間調整や紹介状の発行など労力を割いてくれています。紹介状がある面接を辞退する際には丁寧に断りの連絡をいれましょう。例としては、 企業には、 「この度、応募書類を送らさせて頂きました○○です。一身上の都合で誠に申し訳ありませんが、応募選考を辞退させていただきたいと思います。お手間とご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。」 ハローワークには、 「求人表を改めて見直ししたところ、必要な免許・資格と自分のスキルを考えて辞退しました。応募した企業には連絡致しました。」 というように丁寧に伝えましょう。

辞退する際は理由をしっかりと伝えよう

ハローワーク経由か人材紹介会社経由かに関係なく、今後の紹介・あっ旋の精度を高めてもらうための情報提供ととらえましょう。断ることは問題ありませんが、辞退やキャンセルだけ伝えると、その履歴だけが残ります。
ただし、なぜ辞退するのか、なぜキャンセルをするのかをしっかりと伝えることで、その行動に至った理由を仲介者にも納得させられるでしょう。また今後の紹介・あっ旋の際の参考情報となります。失礼な態度さえとらずに、しっかりと情報提供をすることで優位に働かせましょう。

ハローワークからの招待状がある面接を辞退するときは丁寧な電話連絡が必須

本ページでは、ハローワークからの紹介状をもらった面接を辞退する時の方法について紹介しました。
応募した求人の面接を辞退・キャンセルする場合は、まず求人を紹介してくれたハロワへ電話するのが一般的です。 その後応募企業に電話する必要があるかどうかは、ハローワークの担当者が教えてくれるはずです。
ハローワークでもらった紹介状の企業面接を辞退するのは、心苦しいかもしれませんが、きっちりとその旨を伝えれば問題はありません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム