事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年07月05日(水) 更新

ハローワーク経由で応募した企業からの合否の連絡方法

合否結果はハローワーク経由

ハローワーク経由の紹介ならば、基本的には、合否結果は本人とハローワークに同時に行くようです。結果はハローワークを通じて教えてもらえる場合があります。

ハローワークから紹介された企業は当然ハローワークにも合否連絡を

当然ではありますが、ハローワークから紹介状をもらって面接に行った会社であれば、合否の結果はハローワーク経由で知らせてくれることもあります。また、万が一、返事が来ないときは、ハローワークに頼めば結果を会社に聞いてくれたりします。基本的には、ハローワークにも合否の結果は行きます。

応募企業から郵送または電話でくる場合もある

合否の連絡は、ハローワークからのみでは無いようです。応募した企業から直接連絡が来る場合もあるようです。その時は郵送か電話ということになります。

書類選考の結果は本人に来るケースも

書類選考の結果は本人に来るケースもあるようです。書類選考に通過していれば面接日を電話連絡してくるはずです。郵便で届いた場合は選考をパス出来なかった可能性は高いと思います。連絡は必ず来るので待ちましょう。

面接時に合否の連絡方法を聞いておく対策も…

少し可笑しなことではありますが、どちらからも合否の連絡が来ないということも、そこまで少ないことではないようです。そのようなことが無いようにするために、やはり自分で、連絡方法を聞いておけば、いつまで待てばいいのか分からずやきもきすることがなくなるでしょう。また、時間のロスも防ぐことができます。

連絡が来ないことはあまり稀ではない

面接のときに、合否の結果はいつごろ、どういうかたちで知らせてくれるのか、説明がなかったときは聞いておくのもポイントです。中には、「○○日までに連絡がなければ不合格」と言ってくる会社もあります。結果連絡の方法は、会社によってまったく違ってきますので、いつ頃どういう方法で結果が分かるのか、面接のときにしっかり聞いておきましょう。
連絡が来ないことはあまり稀ではありませんので、あまりに遅いと思った場合には問い合わせをするということも大事なことだと思います。

ハローワーク経由の企業の合否連絡は聞いておくのがオススメ

本ページでは、ハローワーク経由の企業からの合否連絡の方法について紹介しました。ハローワークから基本合否が来ることが多いですが、応募した企業から直接くる場合もあり、ケースバイケースのようです。また、どちらからも合否の連絡がない場合もあるみたいですので、その時には、自分でしっかり確認してみるということも大事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム