事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

ハローワーク求人の書類選考の現状と通過する秘訣

ハローワーク求人の一連の流れ

ハローワークとは、公共職業安定所の事。ハローワークには毎日たくさんの求人情報が溢れています。求人情報を探している人は、昼夜ハローワークに足を運んで、新しい求人情報を求めています。求人雑誌やWEBに比べてお金そのものがかからない為、人材を求める企業の多くがハローワークに求人情報を出すのです。その中から求職者は、自分の求める仕事に合った求人情報を探し出し、そこに書類を送るという流れです。

ハローワークの求人における書類選考の現状

基本的にはハローワークで良い求人情報を見つけたら、まずは応募の書類を企業宛てに送って、その書類選考を無事に通過する事ができたら面接という流れになります。しかし一部では、ハローワークの求人は、書類選考がなかなか通らないという意見が聞かれています。これはどういう理由があるのでしょうか?ハローワークの求人における書類選考の現状を考察していきましょう。

ハローワークの求人情報は基本的に3ヶ月掲載

ハローワークに掲載される求人情報の有効期間は原則として受理した日の翌々月の末日までとなります。例えば1月20日に受けつけた求人は、翌々月である3月の末日(3月31日)まで有効。しかし、企業の都合により、掲載期間がそれよりも短くなる場合がありますので、気になった求人を見つけたら、3ヶ月の期間に関わらず、早めに応募することをオススメします。

書類で参加者をふるい落とす

ハローワークには毎日大勢の人が押しかけて求人情報を探しているという現実があります。つまり、企業側の採用の枠が5枠しかないのに対して、応募者が100名も来てしまうという事態もザラにあります。そうした場合は全ての人と面接を行う訳には行きませんから、書類選考で多くの参加者をふるい落とさなければなりません。

書類で条件に合わない人を落とす為

公的機関であるハローワークでは、年齢や性別を限定した求人は掲載してもらえません。そこで書類選考で条件に合わない人を切るという作業が必要になってきます。例えば会社が求めているのが、20代の女性事務員だったとします。しかし求人情報をハローワークに出す時には、年齢や性別で限定する事ができません。40代男性が事務員志望で応募してくる可能性も多いにあるのです。そうした場合は企業にとっては「時間ののムダ」という事になってしまいます。だからこそ、書類選考を行って条件に合わない人を落とす作業が
必要になるのです。

書類選考の通過可否の連絡は企業によりさまざま

ハローワーク経由の求人情報の場合、通過可否の結果が企業から直接連絡がくる場合もあれば、ハローワーク経由で連絡をもらうケースもあるようです。結果の連絡がくる期間は企業によりなんとも言えませんが、早ければ数日で連絡がくることもあるそうです。

もし、書類選考の通過可否の結果がしばらく届かないときは、ハローワークに問い合わせれば、ハローワーク経由で企業に確認をとってもらえます。直接企業に通過可否を問い合わせるのは避けましょう。

ハローワークの求人情報で書類選考を通過する為には

ハローワークに求人情報を出している会社へ応募して、そこの会社から最終的に内定を貰う為には、まずは書類選考を無事に通過しなければなりません。ハローワーク経由の求人の書類選考を通過する為には、どのような工夫が必要になってくるのでしょうか?そのポイントを見ていきましょう。

求人情報を出している企業の意図を組む

ハローワークに求人情報を出している企業は当然ながら、人材が欲しい訳です。当たり前の事かもしれませんが、応募する側はその会社の事や業界の事をきちんと調べてから書類を手配するべきでしょう。その企業ではどんな人達が働いているのか?今回の求人にはどのような背景があるのか?志望動機にはどのような内容を記載すれば良いのか?企業の採用担当者も、応募書類にはきちんと目を通しているはずです。その条件とマッチするような書類を提出する事が大切です。

とにかく多くの書類選考に応募をする

あまりオススメはしませんが、とにかく数撃ちゃ当たるという作戦で手当たり次第に書類を出してみるというのも一つの手段です。ハローワークにはたくさんの求人情報がありますので、できるだけ多くの企業に書類を送ってみてはどうでしょうか?スケジュール管理が多少大変になるかもしれませんが、なかなか書類選考が通らないと感じてる方には良い作戦かもしれません。ぜひ試してみてください。

ハローワーク経由の求人の書類選考を通過するには努力が必要

ハローワーク経由の求人情報における書類選考の現状を考察してみましたが、参考になりましたでしょうか。
応募者が多くて全員と面接できない場合などは、書類選考を行うのは致し方ないと言えます。

書類選考が掲載されている期間は、一般的に長くても3ヵ月。気になる企業には早めに応募しましょう。また、結果連絡は直接企業から届く場合もあれば、ハローワーク経由で届く場合もあるそう。

やはり、ハローワークの求人の書類選考を通過するのは簡単ではないようです。気になるものからどんどん応募する、相手期先企業が求めるものを差し出せるような書類を提出するなど、努力が必要でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム