事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年04月25日(水) 更新

離職票がハローワークから返却される可能性と代用書類一覧

ハローワークに提出する離職票の目的

ハローワークに提出する離職票は失業給付を受け取るための書類

ハローワークに提出する離職票は、雇用保険の失業給付を受け取るときに必要な書類です。退職後に会社から離職票を渡されますが、退職理由や過去半年間の給料、出社日などが離職票に記載されています。つまり退職をしているという事実を証明する書類が離職票です。
つまり、この離職票がないと、離職して職が無くなったと証明できずに、失業給付を受けることができませんので、離職票が会社から届かない場合は必ず確認を取るべきです。

離職票の情報を基にハローワークが失業給付を決める

離職票をなぜハローワークに渡すかというと、離職票に書かれた退職理由や給料、出社日の情報を基にハローワークが失業給付を決定するからです。そのため、失業給付をもらうためにはハローワークに離職票を提出して、失業給付金の手続きしなければなりません。

離職票はハローワークから返却してもらえるの?

離職票はハローワークから返却してもらえるの?と思う人も多いと思います。
よく失業給付の受給などのために一度ハローワークに提出した離職票を、健康保険や国民年の減税手続きなどのために返却してほしいという場合もあるようですが、そんな時、離職票は返却してもらえるのでしょうか。

ハローワークで離職票は返却してもらうか、コピーを取ってもらえる

ハローワークに提出した離職票ですが、基本的には返却してもらうか、コピーを取ってもらえます。
ただ、地方によって異なる可能性はありますが、提出した離職票はハローワークに保管されているはずなので、「健康保険の手続きで離職票が必要なので、返却してもらえますか?」とお願いすれば返却してくれます。
もしくは、必要な手続きが離職票のコピーで可能なら、ハローワークで「離職票のコピーをください」と伝えれば、離職票のコピーをもらえるはずです。

ハローワークに提出した離職票が返却されなくても他の書類で代用できる可能性あり

ハローワークに提出した離職票が返却されなくても他の書類で代用できる可能性があるのか、ここで紹介もしていきたいと思います。退職後も、健康保険や国民保険の手続きで、ハローワークに提出した離職票が必要になり、ハローワークに離職票の返却を求めたが対応してもらえなかったというケースも、地方によってはあるようです。その場合、離職票でなくても、他の書類で代用できる可能性があります。まずは、提出先の担当者に離職票以外の書類でも手続きしてもらえるか確認しましょう。

ハローワークに提出した離職票が返ってこない場合、離職票の代わりになりそうなもの一覧

ハローワークに提出した離職票を返却してもらいたい理由は人それぞれですが、離職票の代わりとして利用できそうなものには以下が挙げられます。
基本的には退職日が載っている書類であればOKなことが多いです。

・雇用保険受給資格者証
・退職証明書
・源泉徴収票(退職日記載のものに限る)
・退職辞令
・解雇通知

上記が、離職票の代わりになりそうな書類になりますので、しっかりとこの書類に関してはおさえておきましょう。

ハローワークからの離職票返却は可能だが代用できる書類もある

本ページでは、ハローワークに提出した離職票が返却される可能性について見てきました。
ハローワークから離職票を返却してもらえる可能性はありますが、対応してくれないところも全くないとは言えません。もし、何かで離職票が必要と言われたら、どうして必要なのか、他の書類で代わりになるかどうか尋ねてみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム