2016年11月29日(火) 更新

定年後に仕事をするため再就職で有利な資格

再就職を目指すには年齢制限がネックに・・・

定年後再就職を目指すにあたりどうしてもぶち当たってしまうのは、年齢制限のある仕事です。
年齢的な要因から全くの初心者から再就職されることは難しいかもしれません。ただ何らかの強みになる定年後の仕事有利な資格またはキャリアがあれば、そのような仕事以外の選択肢を考えて再就職するとよいでしょう。

定年後に再就職し働く理由は生活できないため

また、現役時代の生活パターンを質素に変えることがなかなか難しく、年金収入と支出を計算すると間違いなく赤字になる計算という方がほとんどです。不足分を補うためには、在職中に定年後の仕事有利な資格を身につけ、準備しておくことが賢明といえるかもしれません。

定年後の仕事で大切な要素とは何か?

ここでは、定年後に仕事をするため再就職で有利な資格について紹介していきますが、その前に、定年後に大切な要素というものも、大事なポイントになりますので、説明していきますので、おさえておきましょう。

定年後の仕事で大切な要素①:モチベーションの維持

定年後の仕事で有利な資格以外に採取職に大切なものの1つ目はモチベーションの維持。
いくつかの資格を持っていることは、定年後の仕事有利な資格と言えるに違いありません。ただこれらの資格があるだけでは、もしかしたら就業できたとしても、それを続けていくことは難しいでしょう。

再就職の場合は、新たな環境に順応すること、体力的なことや、自分のしたいことを犠牲にすることへのモチベーション維持の問題です。やはり、これらの定年後に有利な資格を活かし、退職後仕事を続けるためには、何らかの目標や意気込みが必要になるでしょう。それをモチベーションにして続けることができるかもしれません。

定年後の仕事で大切な要素②:楽しみを持つ

定年後の仕事で、有利な資格以外に再就職に大切なものの2つ目は楽しみを持つことです。
気晴らしつまり、楽しみを持つことも引き続き大切でしょう。高齢者が、仕事を行うには若い時とは違い、自分の限界をわきまえバランスを取って働くことも忘れてはならないからです。

そして何よりも、家族の協力。今までずっと支えてくれた家族ですが、また、働き続けるためには、家族の支えが大切です。しっかり話し合い、自分の意思と家族の願いをすり合わせておき、お互いが分かりあっておくことも定年後の仕事有利な資格を活かして働いていくことに役立つでしょう。

定年後の仕事で有利な資格①:会計士・行政書士

では、ここから定年後の仕事で有利な資格について紹介していきますが、有利な資格の一つ目に紹介するのが、一般に会社の残る、または再就職に有利な資格と言える、会計士・行政書士です。

最近では、離婚調停が多く行政書士のニーズが高いという報告もあります。法学部系の勉強や職種に就いていたのなら、再就職で資格取得に取り組むにあたり適性があると言えます。

定年後の仕事で有利な資格②:マンション管理士・建築物環境性管理技術者

定年後の仕事で有利な資格として、次に紹介したいのが、マンション管理士、建築物環境衛生管理技術者。
定年後の世代にも求人がかなり多く、それほど体力を使うわけではないのでマンション管理やビル管理の仕事も定年後の仕事で再就職するにおいて有利な資格です。再就職よりもむしろ退職金でマンションを購入する方法も考えられます。

定年後の仕事で有利な資格③:調理師免許

調理師免許は、定年後の仕事で有利な資格の一つです。
定年後外食産業への再就職を目指しているなら、調理師の資格も役立つかもしれません。現役時代に調理師の免許を取得するには夜勤の学校なども都内にはあります。もし調理の仕事に就かないとしても生涯食事の面で役立つに違いないでしょう。

定年後の仕事で再就職にあたり有利な資格は会計士・マンション管理士・調理師免許になる

以上のように、定年後の仕事で再就職にあたり有利な資格をご紹介しました。
定年後の仕事有利な資格がなぜ必要で、実際にどんな資格を取れば有利か前もって考えることができました。備えあれば憂いなしという言葉にあるように、良い計画のもとに自分で考え家族とも話し合っておくなら強い決意と共に定年後の仕事有利な資格を活かした仕事に就くことができるに違いありません。

関連コラム