2017年07月05日(水) 更新

職業訓練を辞退する際の連絡方法

そもそも職業訓練は辞退できるのか?

正当な理由での辞退は可能

職業訓練は、正当な理由であれば、辞退可能です。職業訓練の目的は求職者が就職できるようスキルを身につける訓練ですので、就職が決まったなどの正当な理由であれば辞退ができます。
また、大けがをしたり、家族の看護などやむを得ない理由でも問題なく辞退できます。

自己都合での辞退はペナルティ扱い

就職が決まったなどの正当な理由でない場合の職業訓練の辞退は、ペナルティになります。
ほかの職業訓練に気持ちが移った、自己都合での辞退の場合は、次回の職業訓練を受ける際の選考でマイナスです。就活中は不安で、「何かやっておいたほうが良いのかも…」と軽い気持ちで職業訓練を受けず、しっかりと自分の将来を考えて決めましょう。

職業訓練を辞退するには

職業訓練を辞退する際はどういった連絡方法が正しいと言えるのでしょうか。
職業訓練辞を連絡するのは、気が重い内容ですが、誠意のある応対をして、少しでも次の職業訓練でマイナスにならないようにしましょう。

直接会って辞退する旨を伝えるのが最善

これは、職業訓練を辞退する場合だけでなく、仕事や学校を辞める時も同様ですよね。
顔を見て直接話すと一番気持ちが伝わりますし、しっかりと謝罪することができます。きっと、相手も正面からぶつかってきてくれますし、話をしていくうえで、やっぱり続けようと思えるかもしれません。

直接辞退の旨を伝えられない場合は電話

電話は、顔を合わせることなく話せるのがメリットです。直接会って話すことができないという方は、電話で連絡をするとよいでしょう。ここで注意しておきたい部分が1点あります。
電話で辞退を申すということは、相手にはいい印象ではないことを覚えておいてください。後々辞退の関係で一度その方とお会いすること可能性もあるので、先のことをよく考えて連絡方法を決めましょう。

就職先が決まったときの辞退例

辞退例

私、■月■日より、職業訓練でお世話になります、◎◎◎◎と申します。
来週からの職業訓練に関してですが、先日選考が落ちていたはずの企業より、内定の連絡を頂きまして職業訓練の参加を辞退致したく、お電話差し上げました。
大変恐縮ではございますが、辞退をさせていただくことは可能でしょうか?

要注意!職業訓練を辞退するときの連絡先

ハローワークに連絡

ハローワークで申し込んだ場合は、その申し込みをしたハローワークに連絡を入れてください。
もしくは直接ハローワークの窓口まで出向いて、辞退する前に相談してみるのもいいかもしれません。担当者に相談することで、冷静になれますし、協力的になってくれるはずです。
また、他の制度を紹介してくれたり、辞退を防ぐ方法を提案してくれて、職業訓練を見直すきっかけになるかもしれません。

職業訓練校に連絡

都道府県運営の職業訓練校や、民間の学校が運営している職業訓練に直接申し込んだ場合は、その職業訓練校に連絡を入れましょう。顔を合わせづらい気持ちはわかりますが、直接話して自分の気持ちをしっかりと伝えるのがおすすめです。
電話の場合でも、辞退の理由がなんであれ、しっかり謝罪の意を伝え、マナーを守った連絡を入れる必要があります。

職業訓練の辞退連絡を早急にしなければならない理由

ハローワークと職業訓練校が繰り上げ合格者をだすため

職業訓練の中には、人気が高く倍率が高いものがあります。自分が受かったことで、誰かが不合格になっているのです。職業訓辞退の連絡が遅れると、繰り上げ合格者をだせなくなり、定員割れの状態で訓練をそのまま運営しなくてはいけなくなってしまいます。
そうなった場合は、職業訓練で使うはずだったテキストの代金を請求される可能性があります。

早く連絡しないと誰かの人生が大きく変わってしまうかも…

職業訓練を不合格になった人の中には、どうしても受講したいと思っていた受験者もいるでしょう。中には、生活がひっ迫して、その職業訓練をどうしても受講したかった人もいるかもしれません。職業訓練を受けられないとわかり、自分の望まない身の振り方を選ばざるを得なくなってしまう人もいるということを頭の中に入れておきましょう。

職業訓練辞退の連絡方法はメールではなく電話で伝えるのがマナー

本ページでは、職業訓練を辞退する際の連絡方法について見てきました。職業訓練を辞退する際は、直接会って気持ちを伝えることが大切といえます。また、あなたが職業訓練に合格したことで、他の誰かが不合格になっているということを心にとめておきましょう。また、職業訓練を辞退することによって、理由によってはペナルティを受けてしまいます。ペナルティは就職に不利になる可能性があるということを覚悟したうえで辞退をしましょう。そして、本当にこの職業訓練が必要なのか将来を見据えてしっかり考えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム