2017年01月16日(月) 更新

公務員の飲み会事情や頻度について

公務員の飲み会事情は働く場所によって頻度が違う

公務員事情として基本的に残業がなく、休日もカレンダー通りの出勤日になっています。そのため、巷では飲み会が多いとも言われているようです。公務員事情として、公務員として働いている人の声を集めてみると、

・働く部署によって頻度が違う
・忘年会だけでも5回やった
・飲み会のために家に帰れない

というように、多くは飲み会が頻繁に行われているように見受けられます。

就労時間が平均的に短く飲み会にいく頻度も高い傾向がある

公務員事情として一般企業で働く人よりも就労時間が平均的に短い分、業務終了後に飲み会にいく頻度も高い傾向があるようです。一方で頻度が少ないと言われているところは、勤務地周辺にお酒を飲めるところが少ないといったところで、地方の僻地などに勤務している人は少ないといいます。

一般的な企業の飲み会事情は3回ほどが平均的

一般企業における飲み会の頻度は、新年会、忘年会及び歓送迎会など、会社主催で考えると年に3回ほどが平均的な回数になるでしょう。公務員事情としては、これに加えて暑気払いや五月病対策、などと理由を色々つけた飲み会が開催されるようです。一般企業でも有志による飲み会が開催されることも多いですが、公務員の事情としては強制参加が多いと言われています。

比較的安い費用で参加出来ることもあるようです

ただ、会社の上役の人が費用を多く出してくれるので若手の人は比較的やすい費用で参加出来るようです。しかし飲めなくても参加を強制させられていることも多く、飲み会が苦痛であるという声も少なくありません。

飲みニケーションを重視する人が多い

飲み会は、仕事以外で社員と交流を深める機会であるという風潮がありますが、一般企業だけでなく、公務員の間でもこうした考えを持つ人は少なくないようです。

・飲み会を断るのは協調性がないと言われる
・縦割り社会のため断りづらい空気が漂っている

という具合に、飲み会での交流を重要視する雰囲気が根付いているようです。

理由次第で断れるケースも出てきている様子

公務員の飲み会事情として仕事上でうまくこなしていく方法や、有益な情報を交換できる場であると考える人が重役の人を中心に多くいます。最近の飲み会事情では、部署などにより理由次第で断れるケースも出てきているようです。

公務員の飲み会事情は一般企業で働く人よりも高い頻度で交流を重視する雰囲気がある

公務員の飲み会事情や頻度について見てきました。いかがでしたでしょうか。一般企業で働く人よりも高い頻度で飲み会が開催されているようです。公務員事情として、公務員と一言で言っても、場所や部署によっても様々でしょう。飲み会にどうしても参加したくない場合も、理由次第できちんと断ることもできるようです。また、飲み会での積極参加も、良いコミュニケーションの場になるかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム