2016年11月29日(火) 更新

会食に持参して喜ばれる手土産とは

地元の名品や高級感のある和菓子・洋菓子は手土産にオススメ

会食などで相手に手土産とし持参するものとしては、高級感のある和菓子や洋菓子、地元の名品などが喜ばれる傾向にあります。手土産を選ぶのに失敗してしまい、逆に相手の心象を悪くしてしまうということもあるので、品物を選ぶ際にはどんなものが好みなのかも事前にチェックしておく必要があるでしょう。

会食時のお店側で提供しているお土産という形もあり

会食に持参という形でなくとも会食時のお店側で提供しているお土産を渡してもらうという形もあり、注文する側にとっても来店時の荷物を減らせて便利です。手土産を選ぶ際には、何かしらのこだわりをもって選び、贈り手の気持ちが伝わるような品物を持参すると良いでしょう。

喜ばれる手土産を選ぶポイントを紹介

会食に手土産を持参する際に選ぶ際に失敗しないようにするためには、相手に喜ばれる品物であることが前提になります。そのポイントとしては、

・かさばらず、持ち帰るのに不都合のないもの
・高級感・高品質のものである
・ご当地で広く支持されている名品である
・前回(あれば)と同じ品物を渡さない

といった点に注意すれば、大きな失敗はないでしょう。

手土産を持参する際は日持ちするものを選ぶ

また、ライバルに当たるような会社のものは避けたほうが良く、お菓子などの場合にはある程度日持ちするものを選ぶようにします(冷蔵しなければならないような品はNG)。相手にとって持ち帰りに不便でないか、好物であるかなど、細かな点にまで配慮ができれば良いです。

会食に招待される側も手土産を用意するように

最近の傾向としては、会食に招待される側も招待者に対して手土産を持参する傾向があるようです。“つまらないものですが…”という決まり文句で渡すものではなく、某老舗の品、評判の良いと言われる品物を用意します。主に仕事がデキる、一流企業の会食の場で良く見られるようで、近場のお店で手に入るようなものではないそうです。

感謝を込めて手土産を持参することで相手の記憶にも残る

値段としては高いものから手頃なものまで様々ありますが、

・季節感が感じられる
・高級感があり、広く支持されている
など、選び手のこだわりが感じられるものが多いといいます。

時代の一歩先を行く一流企業の会食においては、招待される感謝を込めて手土産を持参することで、より記憶にも残るようにしているのです。

会食の内容と同様に喜ばれる手土産を持参し満足してもらうことで相手の記憶に残るおもてなしを心がけよう

会食に持参する手土産は、会食や接待を印象づけるために必要なアイテムで、相手への印象が良くなるだけでなく、よりスムーズに会話を行えるように距離を縮めるためのものでもあります。会食をするにあたって、記憶に残るようなものにすることで、その後の取引に対してもより深い信頼関係が築ける場となるでしょう。相手にとっても貴重な時間を割いてくれているのだから、感謝の気持ちをもって接するのが基本です。手土産だけでなく、お店選びから会食中の気遣いなど、あらゆる場面での気持ちが試されます。デキると言われる人たちは、翌朝7時に必ずお礼のメールを出すところまでを徹底して行っているのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム