2017年01月16日(月) 更新

400ccのバイクが任意保険に入る必要性について

バイク保険料も自賠責保険の加入は必須

まずバイクの保険料について簡単に説明します。バイクも車と同じく公道を走るものですので、自賠責保険の加入は必須となります。50ccの原付であっても400ccの大型2輪であってもです。自賠責保険は排気量、年齢、加入年数などで変わってきます。400ccのバイクであれば目安としては1年で約1万円が相場となってきます。自賠責保険は国に支払うものですので保険会社によって価格が変わる事はありません。

任意保険は自賠責保険とは違い加入は強制ではない

自賠責保険とは別に加入できるのが任意保険です。こちらも50ccでも400ccでも加入できます。名前の通り"任意"ですので強制ではありません。任意保険については保険会社各社で排気量や車種、年式、加入者の年齢、加入年数などで細かく設定されています。保険会社によっても価格相場は変わってきます。詳細は以降で記述します。

400ccバイクの任意保険費用は年齢や加入期間が増えると安くなる

さて400ccのバイクの任意保険は一体いくらくらいになるか。任意保険については細かく設定されているので一概には表せませんが、一応の目安をご紹介していきます。保険会社によっても変わってくるのであくまで目安です。全体の傾向としては年齢や加入期間が増えると安くなる傾向があります。

年齢と加入期間による任意保険の費用例

21歳 400cc 加入期間1年の場合・・・年間約2万7000円
26歳 400cc 加入期間1年の場合・・・年間約2万2000円
30歳 400cc 加入期間1年の場合・・・年間約1万7000円
30歳 400cc 加入期間3年の場合・・・年間約1万4000円

任意保険は車種や事故歴・保障の範囲などでも保険料が変わる

任意保険は設定が細かいので、同じ400ccのバイクでも費用はまばらになります。バイクが新しい、価格が高額などバイクの車種によっても保険料は変わります。加入者の事故歴、またどこまでの保障を付けるかでも変わってきます。ですので、上に記載した目安額より場合によってはかなり安めに済ませる事もできますし、逆に1.5倍以上の保険料が掛かる事もあります。

事故率が高いので400ccバイクも任意保険の必要性はある

悩むのはそもそも400ccのバイクに任意保険が必要なのかという点です。これは人によって考え方は変わってくるかとは思いますが、注目したいのはバイクの事故率です。バイクはやはり車より事故率が高く、またちょっとした事故でも車体のダメージが大きいので修理などに費用が嵩みます。保険を使用する頻度は車より高くなってくるかと思いますので、そういった意味では加入する必要性はあります。(バイクの運転が不安な方や頻繁に利用する方は特に)

安いバイクや壊れたら買う考えなら任意保険は外すのもあり

ただやはり400ccとは言ってもバイクです。車から比べると修理費自体はそこまで高額にはなりませんし(同じ程度の破損状態の場合)、車両価格も車より安いので、最悪壊れたら買い替えというスタイルも見出せてきます。それでいて保険料が意外と掛かりますので考えものはあります。安いバイクに乗っている方や、「壊れたら買い換えでもいい」と思っている方はあえて任意保険は外してしまうのも一つの手かもしれません。

400ccバイクではリスクを避けるなら任意保険に入り安いものを買う考えなら外すのがお勧め

400ccバイクの任意保険は以外にも費用が嵩みます。リスクを回避する意味では任意保険は入っておいた方がよいかとは思いますが、400ccのバイクにそこまで費用を掛けられないという方は、保険プランを見直すか、敢えて任意保険を外してみるのも良いかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム