事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年11月15日(水) 更新

上司に一目を置かれる優秀なデキる部下の特徴3つ

仕事ができる部下になるためには?

どんな上司にも認められる、仕事ができる一目置かれる存在の部下は存在します。部下と上司との相性というわけではなく、その人自身に能力があるから、誰からも一目置かれると思います。願わくは自分も「できる部下」「優秀な部下」と一目置かれる人になりたい!と思うものですが、早速仕事ができる部下人たちの特徴を見てみましょう。

どこの企業にも仕事ができる優秀な社員は2割いる

経営において2・6・2という法則があります。これは、どこの会社でも優秀社員が2割、並みの能力の社員が6割、 ダメ社員が2割と法則です。一目置かれる優秀な資質をもった人材を採用する一流企業でも、 資質の高い社員を採用しにくい中小零細企業でも、この比率はほとんど変わりません。その2割の優秀な部下となって、上司や会社から頼りにされる存在になりたいものです。

まず仕事ができない人の特徴をおさえよう

仕事ができる一目置かれる人の特徴を見る前に「できない人の特徴」もおさえておきたいですよね。以下に「仕事ができない人チェックリスト」をご紹介いたしますので、自分の行動パターンに当てはまっているものはないか、確認してみてください。

仕事ができない人の特徴チェック項目

●仕事は会社がくれるもの、と受け身になっていないか
●「頑張っているつもり」で自分をごまかしていないか
●理解が浅くないか、本質を語れているか
●役割を意識できているか、無責任なところはないか
●曖昧、あるいは無理な目標を設定していないか
●うっかりする、思慮が浅い面がないか
●自分ひとりで抱え込んでいないか
●「辞めたい」「疲れた」「帰りたい」などと日常的に口にしていないか
●話が冗長ではないか、または無用なユーモアを挟んでいないか
●傲慢・自己中・頑固な態度をとっていないか

仕事ができる部下と言われる人の3つの特徴

仕事ができる部下と言われる人の3つの特徴。どの企業にも2割の割合で仕事ができる一目置かれる存在の優秀な社員とできな社員がいると説明しました。また仕事ができる部下になるために、逆説的に仕事のできる部下の特徴をおさえました。ここで、仕事ができる部下の特徴を説明します。

できる部下の特徴①:状況を正確に把握する力を持っている

仕事ができる一目置かれる存在の優秀な部下は、状況把握をし優先順位を付けられる人です。ただ、言われた仕事を順番にこなすだけでは「普通」の社員。現状をきちんと把握し、それに合わせて臨機応変な対応を出来る人はできる社員です。

上司の視点で仕事を把握する

一目置かれる存在の優秀な部下は、上司の視点で物事を見る事ができます。上司に全てを指示されてから動くのではなく、逆に部下の方から先に上司が今考えている仕事に取りかかるのです。上司にとっては、こういった優秀な部下はまさにかゆいところに手が届く存在となり、一目置かれる存在の優秀な部下となるでしょう。

仕事ができる人の特徴②:問題解決能力が高い

仕事ができる一目置かれる存在の部下になるためには、ただ言われた事をやるだけでは「普通の社員」のままです。聞いた仕事をきちんと噛み砕き理解する力、また自ら考え行動する力を発揮できる社員は優秀です。
上司としても、そのような社員がいればとても助かり、仕事ができる優秀な部下となり、一目置かれる存在となります。

仕事の問題解決能力とは考える力

仕事ができる、一目置かれる人たちは、頭の中でいつも仕事の問題を考えているといってもいいでしょう。それが好きなことでもあるようですが、そのくらい時間というエネルギーを使っているからこそ良いアイデアがでてくるのでしょう。良い愛でを持つ部下は上司から一目置かれるなるで優秀な部下となるでしょう。

仕事の問題などの自問自答が考える力に繋がる

人によって考え方や方法論は違いますが、その基となっているのが、自問自答です。頭の中で、どうしようこうしようと悩んでいるのではなく、問題・課題を解決するために的確な質問を自問自答しているわけです。

考えるというのは、的確な質問を自問自答で、良い答えや素晴らしい提案をまとめる力は、どれだけ質の良い質問を行えるのかという質問力で決まります。それが、問題解決能力の高さに繋がってきます。

仕事ができる人の特徴③:コミュニケーション能力がとても高い

会社は人の集合体です。いくら優秀な社員でも、一人だけで仕事を完結することはできません。その為にも、コミュニケーション能力は重要です。周りとの意思疎通、協力が出来てこそ業務を遂行することが出来ます。仕事ができる人の特徴の最後はコミュニケーション能力の高さです。

コミュニケーション能力が高いと仕事が円滑に進む

高いコミュニケーション能力を持っているのが優秀な部下の特徴ではないでしょうか。仕事の邪魔をしないように、上司の仕事の合間をみて報連相を行います。それにより、上司は部下に仕事を邪魔されることなく、現在の仕事状況を把握でき、何か問題が発生した場合でも、比較的早くその問題の存在を知ることができるので、問題が小さい内に解決できます。

仕事ができる人の特徴を押さえて一目置かれる部下を目指そう

仕事ができる「一目置かれる人」と言われる優秀な部下の特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたか?一目置かれるできる部下とは、普通の社員の違って仕事の流れを上から見下ろすように全体的に把握している人、そして上司でも部下でも取引先でも、立場を超えて渡り合えるコミュニケーション能力の高さがある人、というイメージのようです。特に物事を俯瞰してみるという視点の有無が、優秀さを分けるポイントなのかもしれませんね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム