2018年05月09日(水) 更新

手取りと額面の意味の違いと受け取れる金額の差【年収】

給与表示の「手取り」と「額面」の違い

みなさんは、労働の代価として給料をいただきます。給料は家計の大切な収入源です。そして給与表示には「手取り給与」と「額面給与」があります。「手取り」と「額面」の違いはご存知でしょうか。
「手取り」と「額面」の違いがわからず、ただもらっていてはもったいないです。この「手取り給与」と「額面給与」の違いについて詳しく見ていきましょう。

額面とは、基本給に残業代や交通費・各種手当などが合計された金額

額面給与とは、基本給に残業代、交通費や各種手当を合計したものです。「額面金額」とも呼ばれています。一般的に「月収」や「年収」という場合には、こちらの金額になるでしょう。よくみかける求人広告で「給与」とのみ表記されている場合は、「額面給与」がほとんどです。

企業によっては、組合費や社内積み立て金なども違いがあるので、天引きされる金額は数万円にもなります。つまり、給料日にもらう給料は求人広告に表示された金額(額面)よりも、金額は低いという事になります。

手取りとは、額面給与から税金・保険料などが引かれたあとの金額

手取り給与とは、額面から税金などを天引きされたあとの金額を指します。天引きされる金額については、扶養家族の有無や社保の度合いなどで変わってくるため、平均などがありません。

違いを知らないと損をした気分になる

手取り額と額面金額の違いを知らないと、「思った以上に給与が少なかった」となってしまうかもしれません。額面金額は税金を天引きされていない状態であり、手取り額は天引きされた後の金額であるということを、理解しておきましょう。

「手取り額」と「額面金額」の差はどれくらい?

年収・月給の目安は、額面給与の8割が手取り額と考えよう

手取り給与の金額は、額面給与の8割が目安だと言われています。例えば、額面給与が30万円であれば、手取り額は24万円前後となるでしょう。
引かれる2割は、税金(所得税や住民税)や社会保険料などです。なお、実際に引かれる額は、扶養家族の有無や社会保険完備の会社か否かなどである程度上下します。

月給モデル:額面で63万円、手取りで45万円

東京都23区内在住で37歳男性、独身、扶養家族なしの場合。勤め先は勤続10年で係長級。 昨年の年収は額面は1000万円強。 月給は額面が62~3万円(繁忙によって違う)、 手取りが45万円ぐらい。

勤務先では、社会保険料の会社負担を軽減する目的で賞与を年4回に不均等に分けて支給しているので、春と秋に「ミニ・ボーナス(額面15万円、手取り12万円程度)」があります。ちなみに年末調整で3万円ほど追徴されます。

額面給与があがるほど手取り額と差が生まれるという現実

額面給与があがるということは税金で引かれる額は大きくなり、手取りと差が生まれます。たとえば額面120万円のボーナスだと、税金はおよそ30万円ほどになるでしょう。そうなれば、手取りは90万円ほどになります。

額面・手取りが上がるか診断してみるのも面白い

DODA合格診断は、人気企業に合格できるかどうか、自分の実力を測ることができます。もしかしたら、自分の額面が増えて手取りが増加する人気企業に合格できるかもしれません

面白い診断ですので、一度試してみてください。

手取りと額面の違いが年収・月給に与える影響

手取りで契約する方が額面の場合より手元に多くお金が残る

額面と手取りとは、意味合いが異なりますね。ここでは同じ金額に対して、手取りで雇用契約を結んだ場合と、額面で雇用契約を結んだ場合のそれぞれの違いを見てみましょう。

ケース①

それでは、仮に会社と雇用契約を結ぶときに「手取り額30万円」で契約したとします。年収計算すると30万円×12か月=年収360万円

ケース②

続いて「額面金額30万円」で契約したとします。年収計算は30万円×12か月×0.8(税金・保険差引分)=288万円

こうやって見てみると、同じ月給30万円に対しても「手取り金額」と「額面金額」の差額は、年収換算で72万円にもなります。

雇用契約では違いを知っておこう!

上の例で示したように、雇用契約を結ぶときに、「手取り金額」「額面金額」どちらで契約するのかをしっかり押さえておかないと、月額ベースで見ても年収で見ても給料として受け取る金額に差ができます。必ず手取りか額面か理解しておきましょう。

▼給料が少ないと感じたらどうすればいい?

平均賃金は手取り?額面?

発表される平均賃金は基本的に額面

その年によって発表されている国内の平均賃金(年収や月給)は、ほとんどの場合に「額面」で公開されています。保険料や税金などを考慮した金額ではないので、多数の人が「平均より少ない」と感じるようです。

手取りとは額面給与から税金・保険料などが引かれたあとの月給や年収を指す!

手取りとは何か、額面とは何か、そして給与の「手取り」と「額面」との違い、実際にどのくらい受け取れる金額に差があるのかについて見てきましたがいかがでしたか?額面給与とは、基本給に残業代・交通費や各種手当を合計したものでしたよね。一方で、手取り額面とは、そこから税金・保険料を引いたものでした。ここは大事なポイントでもあるので、しっかり覚えておいてください。

また手取りと額面の月給の違いが年収にも影響を与えるため、雇用契約を結ぶ際には「手取り」と「額面」どちらで契約するのかなど、しっかりと確認しておきましょう。自分の年収や月給が「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、正しい理解が必要です。

転職で年収UPしたい20代・第二新卒者必見!

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68